アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胎蔵界大日如来を立体視する(No.2。パラレル法) 。奈良県の高野山金剛峯寺の胎蔵界大日如来座像。[090504。3D仏像。画像処理]

■高野山真言宗の金剛峯寺にある
 大日如来の座像を示します。
 法界定印を組んでいるので胎蔵界大日如来と分かります。
 奥の院の手前にあるもので、他の仏像とともに
 多くの参拝者が水をかけて祈念するようになっています。
■前項ではクロス法で立体視できましたが、
 ここではパラレル法で立体視ができます。
 独自の画像処理が施してあります。
胎蔵界大日如来 高野山
[090504] 若山県高野町。高野山真言宗総本山金剛峯寺 胎蔵界大日如来座像。
-------------------------------------------------------------
■大日如来の解説は以下にあります。
08.7/19 「大日如来とは何ですか(1)簡単な説明 [080719。3D仏像。画像処理]」
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1733.html
-------------------------------------------------------------
■金剛界大日如来の写真・画像の例は以下の記事で見ることができます:
 クロス法で立体視ができる画像だけ示しました。
 パラレル法の図は、それぞれの次の記事に掲載してあります。
<奈良県の喜光寺の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1387.html
<奈良県の壺阪寺の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1459.html
<香川県の曼荼羅寺の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1531.html
<京都府の宝菩提院の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1483.html
<愛媛県の香園寺の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1547.html
<徳島県の大日寺の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1607.html
<愛媛県の大日寺の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1741.html
■胎蔵界大日如来の例は以下の記事で見られます。
 クロス法で立体視ができる画像を示しました。
 パラレル法の図は、その次の記事に掲載してあります。
<香川県の善通寺の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1495.html
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1496.html
<高知県の金剛福寺の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1495.html
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1496.html
-------------------------------------------------------------
■仏像に関する知識と仏像鑑賞を能力開発に活用する方法は、2008年7月4日に、筆者による講習が開催されました(「仏像法(仏像開発能力開発法」)。講習の内容はDVDで見ることができます。詳細はSRS研究所にお問い合わせください:
SRS研究所の公式HP
-------------------------------------------------------------
■仏像を鑑賞する意義に関しては、以下の記事もご参照ください:
08.05/28●「仏像を鑑賞する意義 [080528。3D仏像。画像処理]」
-------------------------------------------------------------
■能力開発、眼力開発における3D立体視訓練の意義や方法に関しては、
 SRS研究所のHPにある著書一覧の中にある
 3D写真シリーズを参考にしてください。
 http://www.srs21.com/books/index.htm
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP> 以下では、本ブログの仏像を種類毎に分類して探しやすくしてあります。
3D仏像集(SRS研究所)
-------------------------------------------------------------
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→
スポンサーサイト

胎蔵界大日如来を立体視する(No.1。クロス法) 。奈良県の高野山金剛峯寺の胎蔵界大日如来座像。[090504。3D仏像。画像処理]

■高野山真言宗の金剛峯寺にある
 大日如来の座像を示します。
 法界定印を組んでいるので胎蔵界大日如来と分かります。
 奥の院の手前にあるもので、他の仏像とともに
 多くの参拝者が水をかけて祈念するようになっています。
■クロス法で立体視できます。
 独自の画像処理が施してあります。
胎蔵界大日如来
[090504] 若山県高野町。高野山真言宗総本山金剛峯寺 胎蔵界大日如来座像。
-------------------------------------------------------------
■大日如来の解説は以下にあります。
08.7/19 「大日如来とは何ですか(1)簡単な説明 [080719。3D仏像。画像処理]」
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1733.html
-------------------------------------------------------------
■金剛界大日如来の写真・画像の例は以下の記事で見ることができます:
 クロス法で立体視ができる画像だけ示しました。
 パラレル法の図は、それぞれの次の記事に掲載してあります。
<奈良県の喜光寺の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1387.html
<奈良県の壺阪寺の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1459.html
<香川県の曼荼羅寺の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1531.html
<京都府の宝菩提院の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1483.html
<愛媛県の香園寺の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1547.html
<徳島県の大日寺の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1607.html
<愛媛県の大日寺の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1741.html
■胎蔵界大日如来の例は以下の記事で見られます。
 クロス法で立体視ができる画像を示しました。
 パラレル法の図は、その次の記事に掲載してあります。
<香川県の善通寺の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1495.html
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1496.html
<高知県の金剛福寺の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1495.html
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1496.html
-------------------------------------------------------------
■仏像に関する知識と仏像鑑賞を能力開発に活用する方法は、2008年7月4日に、筆者による講習が開催されました(「仏像法(仏像開発能力開発法」)。講習の内容はDVDで見ることができます。詳細はSRS研究所にお問い合わせください:
SRS研究所の公式HP
-------------------------------------------------------------
■仏像を鑑賞する意義に関しては、以下の記事もご参照ください:
08.05/28●「仏像を鑑賞する意義 [080528。3D仏像。画像処理]」
-------------------------------------------------------------
■能力開発、眼力開発における3D立体視訓練の意義や方法に関しては、
 SRS研究所のHPにある著書一覧の中にある
 3D写真シリーズを参考にしてください。
 http://www.srs21.com/books/index.htm
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP> 以下では、本ブログの仏像を種類毎に分類して探しやすくしてあります。
3D仏像集(SRS研究所)
-------------------------------------------------------------
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

四国霊場44番の菅生山大寶寺(すごうざんたいほうじ)の本堂の写真[090404]

■写真は四国霊場八十八箇所のうちの44番、
 菅生山大寶寺(すごうざんたいほうじ)の写真です。
 真言宗豊山派の寺院で、本尊は十一面観世音菩薩。
 愛媛県上浮穴郡久万高原町にあります。
44番
■階段の上に見えているのは本堂です。
 その右に大師殿があります。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP[SRS速読法・SRS能力開発法指導]
■四国八十八霊場関連の写真は以下にまとめてあります:
四国八十八箇所霊場写真集
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

阿弥陀如来を立体視する(No.2。パラレル法) 。高知県南国市の国分寺の阿弥陀如来座像。[090320。3D仏像。画像処理]

■四国八十八箇所霊場の二十九番目の国分寺にある
 阿弥陀如来の画像を示します。
 上品上生の阿弥陀定印をとった座像です。
■前項ではクロス法で3D立体視できましたが、
 今回はパラレル法で立体視できます。
 独自の画像処理が施してあります。
阿弥陀如来パラレル
[080320] 高知県南国市国分。真言宗智山派国分寺。阿弥陀如来座像。
-------------------------------------------------------------
■阿弥陀如来の解説は以下にあります。
08.7/17 「阿弥陀如来とは何ですか(1)簡単な説明 [080717。3D仏像。画像処理]」
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1727.html
-------------------------------------------------------------
■阿弥陀如来の写真・画像の例は以下の記事で見ることができます:
 以下はクロス法で立体視ができる画像のみ示します。
<奈良県・橘寺の例> 坐像。上品上生の阿弥陀定印。
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1358.html
<奈良県・喜光寺の例> 坐像。阿弥陀三尊の一部。上品上生の阿弥陀定印。
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1385.html
<東京都・九品寺の例> 坐像。大仏。上品下生の来迎印。
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1437.html
<奈良県・壺阪寺の例> 坐像。上品上生の阿弥陀定印。
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1463.html
<徳島県・極楽寺の例> 坐像。上品上生の阿弥陀定印。
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1543.html
<京都府・随心院の例> 坐像。上品上生の阿弥陀定印。
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1576.html
-------------------------------------------------------------
■仏像を鑑賞する意義に関しては、以下の記事もご参照ください:
08.05/28●「仏像を鑑賞する意義 [080528。3D仏像。画像処理]」
-------------------------------------------------------------
■能力開発、眼力開発における3D立体視訓練の意義や方法に関しては、
 SRS研究所のHPにある著書一覧の中にある
 3D写真シリーズを参考にしてください。
 http://www.srs21.com/books/index.htm
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP[SRS速読法・SRS能力開発法指導]
<参考HP> 以下は、本ブログの仏像を種類毎に分類して探しやすくしてあります。
3D仏像集(SRS研究所)
また、仏像を活用した能力開発の方法は、以下のDVDに収録されています。
第157回定例会記録DVD「仏像活用能力開発法」
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

阿弥陀如来を立体視する(No.1。クロス法) 。高知県南国市の国分寺の阿弥陀如来座像。[090320。3D仏像。画像処理]

■四国八十八箇所霊場の二十九番目の国分寺にある
 阿弥陀如来の画像を示します。
 上品上生の阿弥陀定印をとった座像です。
■クロス法で3D立体視できます。
 独自の画像処理が施してあります。
阿弥陀如来クロス
[080320] 高知県南国市国分。真言宗智山派国分寺。阿弥陀如来座像。
-------------------------------------------------------------
■阿弥陀如来の解説は以下にあります。
08.7/17 「阿弥陀如来とは何ですか(1)簡単な説明 [080717。3D仏像。画像処理]」
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1727.html
-------------------------------------------------------------
■阿弥陀如来の写真・画像の例は以下の記事で見ることができます:
 以下はクロス法で立体視ができる画像のみ示します。
<奈良県・橘寺の例> 坐像。上品上生の阿弥陀定印。
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1358.html
<奈良県・喜光寺の例> 坐像。阿弥陀三尊の一部。上品上生の阿弥陀定印。
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1385.html
<東京都・九品寺の例> 坐像。大仏。上品下生の来迎印。
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1437.html
<奈良県・壺阪寺の例> 坐像。上品上生の阿弥陀定印。
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1463.html
<徳島県・極楽寺の例> 坐像。上品上生の阿弥陀定印。
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1543.html
<京都府・随心院の例> 坐像。上品上生の阿弥陀定印。
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1576.html
-------------------------------------------------------------
■仏像を鑑賞する意義に関しては、以下の記事もご参照ください:
08.05/28●「仏像を鑑賞する意義 [080528。3D仏像。画像処理]」
-------------------------------------------------------------
■能力開発、眼力開発における3D立体視訓練の意義や方法に関しては、
 SRS研究所のHPにある著書一覧の中にある
 3D写真シリーズを参考にしてください。
 http://www.srs21.com/books/index.htm
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP[SRS速読法・SRS能力開発法指導]
<参考HP> 以下は、本ブログの仏像を種類毎に分類して探しやすくしてあります。
3D仏像集(SRS研究所)
また、仏像を活用した能力開発の方法は、以下のDVDに収録されています。
第157回定例会記録DVD「仏像活用能力開発法」
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

有形民族文化財の銅像地蔵菩薩座像を立体視する(No.2。パラレル法) 。東京都港区の浄土寺の東京都指定文化財。江戸時代中期(1719年)作成。[090308。3D仏像。画像処理]

■東京都港区指定文化財の地蔵菩薩座像を示します。
 クロス法で立体視できます。
 独自の画像処理が施してあります。
■由来書きは下を見てください。
地蔵2
[080308] 東京都港区4丁目3−5。浄土寺。銅像地蔵菩薩坐像。
-------------------------------------------------------------
■上記の像には以下のような解説がついています:
 東京都港区指定文化財
  有形民俗文化財 銅像地蔵菩薩坐像
 左手に宝珠を、右手に錫杖を持ち、趺坐している。
ひとびとはこの世で犯した罪業により、六道を輪廻して
地獄におちると信じられていた。地蔵菩薩は、その地獄
道にあって、衆生を教え導き、救済するといわれ、広く
民間に信仰された。一般には六道に合わせて、「六地蔵」
の名が親しまれたが、六体で一具という限定があるわけ
ではない。
 本像には、像身・台座に数多くの釧路がある。それに
よれば享保四(一七一九)年二月二十三日に、勧進僧地
蔵坊正元・赤坂一木浄土寺の住持観誉らを中心に、九四
五名の信者合力を得て作成され、鋳物師は、太田駿河守
正義である。正元は、同様の形のいわゆる「江戸六地蔵」
を、各所につくっているが本像はその中に含まれていな
い。
 江戸時代中期における地蔵信仰のあり方を伝える資料
として、また、港区における民間信仰の実態を知る資料
として貴重である。
 平成五年九月二十八日
       東京都港区教育委員会
-------------------------------------------------------------
■地蔵菩薩の解説は以下にあります。
08.7/2 「地蔵菩薩とは何ですか(1)簡単な説明 [080702。3D仏像。画像処理]」
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1674.html
-------------------------------------------------------------
■地蔵菩薩の写真の例は以下に示しました:
<徳島県・護国寺の例> 
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1429.html
<東京都・浄名院の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1334.html
<東京都・浄名院の別な像の例> 洗い地蔵
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1335.html
<群馬県・泰寧寺の例> 半跏像(4月))
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1419.html
<群馬県・泰寧寺の例> 半跏像(7月))
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1472.html
-------------------------------------------------------------
■仏像を鑑賞する意義に関しては、以下の記事もご参照ください:
08.05/28●「仏像を鑑賞する意義 [080528。3D仏像。画像処理]」
-------------------------------------------------------------
■能力開発、眼力開発における3D立体視訓練の意義や方法に関しては、
 SRS研究所のHPにある著書一覧の中にある
 3D写真シリーズを参考にしてください。
 http://www.srs21.com/books/index.htm
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP[SRS速読法・SRS能力開発法指導]
<参考HP> 以下は、本ブログの仏像を種類毎に分類して探しやすくしてあります。
3D仏像集(SRS研究所)
また、仏像を活用した能力開発の方法は、以下のDVDに収録されています。
第157回定例会記録DVD「仏像活用能力開発法」
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

有形民族文化財の銅像地蔵菩薩座像を立体視する(No.1。クロス法) 。東京都港区の浄土寺の東京都指定文化財。江戸時代中期(1719年)作成。[090308。3D仏像。画像処理]

■東京都港区指定文化財の地蔵菩薩座像を示します。
 クロス法で立体視できます。
 独自の画像処理が施してあります。
■由来書きは下を見てください。
地蔵1
[080308] 東京都港区4丁目3−5。浄土寺。銅像地蔵菩薩坐像。
-------------------------------------------------------------
■上記の像には以下のような解説がついています:
 東京都港区指定文化財
  有形民俗文化財 銅像地蔵菩薩坐像
 左手に宝珠を、右手に錫杖を持ち、趺坐している。
ひとびとはこの世で犯した罪業により、六道を輪廻して
地獄におちると信じられていた。地蔵菩薩は、その地獄
道にあって、衆生を教え導き、救済するといわれ、広く
民間に信仰された。一般には六道に合わせて、「六地蔵」
の名が親しまれたが、六体で一具という限定があるわけ
ではない。
 本像には、像身・台座に数多くの釧路がある。それに
よれば享保四(一七一九)年二月二十三日に、勧進僧地
蔵坊正元・赤坂一木浄土寺の住持観誉らを中心に、九四
五名の信者合力を得て作成され、鋳物師は、太田駿河守
正義である。正元は、同様の形のいわゆる「江戸六地蔵」
を、各所につくっているが本像はその中に含まれていな
い。
 江戸時代中期における地蔵信仰のあり方を伝える資料
として、また、港区における民間信仰の実態を知る資料
として貴重である。
 平成五年九月二十八日
       東京都港区教育委員会
-------------------------------------------------------------
■地蔵菩薩の解説は以下にあります。
08.7/2 「地蔵菩薩とは何ですか(1)簡単な説明 [080702。3D仏像。画像処理]」
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1674.html
-------------------------------------------------------------
■地蔵菩薩の写真の例は以下に示しました:
<徳島県・護国寺の例> 
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1429.html
<東京都・浄名院の例>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1334.html
<東京都・浄名院の別な像の例> 洗い地蔵
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1335.html
<群馬県・泰寧寺の例> 半跏像(4月))
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1419.html
<群馬県・泰寧寺の例> 半跏像(7月))
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1472.html
-------------------------------------------------------------
■仏像を鑑賞する意義に関しては、以下の記事もご参照ください:
08.05/28●「仏像を鑑賞する意義 [080528。3D仏像。画像処理]」
-------------------------------------------------------------
■能力開発、眼力開発における3D立体視訓練の意義や方法に関しては、
 SRS研究所のHPにある著書一覧の中にある
 3D写真シリーズを参考にしてください。
 http://www.srs21.com/books/index.htm
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP[SRS速読法・SRS能力開発法指導]
<参考HP> 以下は、本ブログの仏像を種類毎に分類して探しやすくしてあります。
3D仏像集(SRS研究所)
また、仏像を活用した能力開発の方法は、以下のDVDに収録されています。
第157回定例会記録DVD「仏像活用能力開発法」
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。