FC2ブログ

アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

ジャスパーのビジターセンター

 ジャスパーのビジターセンターは駅からほど近いところにある。
   ここで種々の情報を得ることができる。
     センターの周囲は散策に向いており、
       ジャスパーの街並みを観察するベースともなる。

ジャスパーのビジターセンター

[020806] カナダ、アルバータ州ジャスパー。
 ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 
スポンサーサイト



ボーベール湖畔でのくつろぎ(ジャスパー)

 ジャスパーパークロッジには、
   ボーベール湖畔に数多くのコテッジが並ぶ。
     昼下がりのひととき、
       日射しを遮る雲を見上げながら、
         湖畔の椅子にくつろいで座っていると、
           この土地の山と空と湖水の美しさを、
             五感すべてで感じることができる。

ジャスパー ボーベール湖

[020806] カナダ、アルバータ州ジャスパー。
 ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

ジャスパーの白樺林

 カナダのジャスパーの周囲は、針葉樹林帯であるが、
  日本の高原で見るのと同様な白樺の林もある。
   写真はダイアモンド湖に至る途中で見かけた白樺の林。
    清々しい大気の中で出会う白い樹皮の樹林は、
     どこで見ても美しい。

ジャスパーの白樺林

[020806]カナダ、アルバータ州ジャスパー。

 ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

ジャスパーパークロッジの風景1

ジャスパーはカナディアンロッキーの入り口の町。
 そこの代表的な宿がジャスパーパークロッジ。
   どこを見ても爽やかな空気の中で色彩が美しい。
     写真はメインの建物の外側の景観。

ジャスパーパークロッジ
[020805]

 ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

雨に濡れるヤマユリの蕾

雨の降る山の中で一株のヤマユリを見た。
  ヤマユリはあでやかな花の典型であるが、
    そのヤマユリのつぼみが雨に濡れ、
      孤独に垂れている姿は、
        心を惹いた。

ヤマユリの蕾

[060719]ユリ科ユリ属ヤマユリ 学名はLilium auratum

ヤマユリは 白き蕾に あでやかな

色香を秘めて 雨に打たるる

 ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

軒先のヤブカンゾウ

ヤブカンゾウの花は雄しべが花びらに変容して、
  複雑な形になっているものが多い。
    雄しべと花弁の中間のようなものも少なくない。
      いわば「訳あり」なのだ。それにしても、
        この花のオレンジは特別な色のように感じられる。

ヤブカンゾウ

[060719]ユリ科ワスレグサ属ヤブカンゾウ
     学名 Hemerocallis fulva var. kwanso

山里の 民家の軒の 彩りは

        訳ありの花 ヤブカンゾウ


 ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

コンニャク畑と霧の山

7月中旬になると、
  上毛高原には美しい緑のコンニャク畑が広がる。
    長野から北陸、山陰にかけて大雨被害が広がった7月19日、
      当地では小雨の中の山すそを、
        沈黙の霧が押し包んで流れていた。
コンニャク畑

[060719]サトイモ科コンニャク属コンニャク。
     学名Amorphophallus rivieri Durieu var. konjac

上毛の コンニャク畑を 流るるは

        山裾巡りし 沈黙の霧


 ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→