FC2ブログ

アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

碓氷峠の近くで可愛いニホンカモシカに遭遇した!

 碓氷峠の下に「めがね橋」があることは、2つ前のブログに示した。
  (「碓氷第三橋梁(めがね橋)は二百万個の煉瓦で出来た最高傑作」の項)。
  めがね橋の上を歩くと3つのトンネルを経て碓氷湖に到る。
   11月の終わりに、第3トンネルの横で偶然みかけたのが写真の動物だ。
    ふかふかの灰色の毛に包まれ、小さな角を持ち、おだやかでやさしい表情の生き物。
     これがニホンカモシカだ。この個体は雌である。
      ニホンカモシカは本州、九州、四国の低山~亜高山帯に住む。
       しばらくの間、林の中の冬芽を食べたり、
        顔を枝に押しつけるようなしぐさをしていた。
         目の下の眼下腺の分泌液でマーキングをしていたのだろうか。
          やがて、ゆっくりと森の奥に消えて行った。 
     ニホンカモシカ
[061130]群馬県安中市松井田町坂本。
ウシ科カモシカ属ニホンカモシカ(日本羚羊)。学名Capricornis crispus。
ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

スポンサーサイト



晩秋の落葉した白樺林

 白樺(シラカバ)は落葉樹で、温帯から亜寒帯まで分布する。
  日本では静岡県を南限、福井県を西限とする。
   近縁種はヨーロッパ、アジア北部、シベリアなどに広く分布する。
    黄変した葉が散った後には幹と枝だけが残る。
     佐久穂町の八千穂高原には見事な白樺林がある。
      11月の末には一面に白い柱が林立する景観を示していた。  
       やがて雪が降り積もるようになると、
        白と濃げ茶色のまだら模様の白樺の幹が、
         雪景色の中で独特の見事な存在感を見せるようになる。
     白樺

[061129]カバノキ科カバノキ属シラカンバ(別名シラカバ。白樺)。学名Betula platyphylla var. japonica)。長野県南佐久郡佐久穂町八千穂高原(05年3月に合併で誕生)。
ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

ソヨゴは冬場に赤い実を楽しませてくれる

  ソヨゴは雌雄異株の常緑高木。
   5-6月頃に開花し、その実は秋に赤く熟す。
    実の直径は8mmほどだが、果柄が4cmと長いのが特徴で、実は垂れ下がる。
     公園木や庭木として用いられるが、
      冬場に他の木が落葉してやや殺風景な印象を受けるときなど、
       この木にのみ緑の葉と色つやのよい赤い実がついていたりすると、
        気持ちの上でちょっとした救いを感ずる。
   ソヨゴの実
[061130]モチノキ科 モチノキ属ソヨゴ(フクラシバ)。学名Ilex pedunculosa。
長野県北佐久郡軽井沢町大字追分。
ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→