FC2ブログ

アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

ヒカリゴケはわずかな光を反射して緑色に輝く

 写真で黄色い斑点のように見えるのがヒカリゴケ。暗い洞窟の中をフラッシュで撮影したものだ。
  ヒカリゴケは洞窟や岩の隙間や倒木の影など、涼しくうす暗い湿った環境に生育する。
   環境変化に弱く、大気汚染や乾燥で簡単に消失するという。
    学術上貴重で日本を代表する自然を記念するものとして天然記念物に指定されている。
      鬼押し出し園では、5月中旬~10月下旬ごろまで見られるという。
       06年には12月中旬でもしっかりと観察できた。
        この光は苔が発光するのではなく、わずかな光をレンズ状の細胞の
         原糸体(げんしたい)という部分で反射して、黄緑色に輝くという。
   ヒカリゴケ
[061215]群馬県吾妻郡嬬恋村鬼押し出し。ヒカリゴケ科ヒカリゴケ属ヒカリゴケ。学名Schistostega pennata。一科一属一種の小さく原始的なコケ植物(蘚苔植物)。分布は、北海道・本州(中部地方以北)。外国では、極東ロシア、ヨーロッパ、北アメリカ。
日本で初めてのヒカリゴケの発見は長野県の岩村田(いわむらだ)でのこと。1910年(明治43年)、当時の長野県の中学生が光る土ということで学校に届けたことが契機という。
本ブログの「画像による総合目次」がSRS研究所のHPにあります→「総合画像目次」
ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 
スポンサーサイト



ツノナスはブラジル原産で「フォックスフェイス」の実がなる

 ツノナスはブラジル原産の植物。
  明るい黄橙色の実がつくが、角が出ているのが特徴。
   角はいろいろな出方をするが、出る本数や角度によって、
    狐の顔のようにも見えるので、フォックス・フェイスとも呼ぶ。
     花材として秋から冬にかけていろいろな場所でお目にかかる。
      色彩と形の面白さから世界中で価値が認められたものだ。
       写真は、SRS研究所の教室で撮影した。
        左に少し見えているのはスノウマンの人形。
         毎年冬が近づくとこの植物が教室を飾る。
フォックスフェイス
[061128]ナス科ナス属ツノナス(角茄子)。学名Solanum mammosum。別名フォックスフェイス、キツネナス(狐茄子)、カナリアナス。英語nipplefruit、Apple of Sodom
本ブログの「画像による総合目次」がSRS研究所のHPにあります→「総合画像目次」
ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

鬼押し出しの溶岩台地を寒風が吹き抜ける

 約230年前の浅間山大噴火(1783年、天明3年)で出来た溶岩台地。
  かっては灼熱に焼けた溶岩の塊も、
   雪が積もって、不思議なマダラ模様を作り出し、
    その間を寒風が吹き抜けて行った。
   鬼押し出し
[061215]群馬県吾妻郡嬬恋村鬼押し出し。1783年(天明3年)の浅間山大噴火でできた。
本ブログの「画像による総合目次」がSRS研究所のHPにあります→「総合画像目次」
ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

浅間山観音堂は雪に覆われて輝いていた

 浅間山観音堂は浅間山の北側の裾に広がる「鬼押し出し」のほぼ中央部にある。
  天明3年の大噴火の犠牲者を供養するために、昭和33年(1958年)に建立された。
   2006年12月、冬場としては初めて訪れてみた。
    以前は溶岩の隙間に育った植物に関心を持って散策をした道からは、
     黒々とした岩に真っ白な雪が覆い被さっている様子が、
      あたかも心を洗う景観のように見えた。    
   浅間山観音堂

[061215]群馬県吾妻郡嬬恋村鬼押し出し。1783年(天明3年)の浅間山の大噴火でできた溶岩台地。
本ブログの「画像による総合目次」がSRS研究所のHPにあります→「総合画像目次」
ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→