FC2ブログ

アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シドニー植物園近くの水泳施設ではヨガの練習をしていた

■外国を旅行していると野外でヨガを練習していたり、
 気功を練習している人に出会うことがある。
■シドニーの植物園の東にはプール施設があるが、
 その建物の中でたまたまポーズを取っている人たちがいた。
 ヨガではない可能性もあるが、それに類似の動作に見えた。
 洋の東西を超えて、心身の改善を求める人たちがいる。
■建物の向こうには船が見えるが、船着き場のある入り江は面白い名前だ。
 Woomlloomooloo Bayと呼ぶ。
 これはミスプリントではなく、oが8個も含まれているのだ。
 ウームルームールー湾とでも読むのだろうか。
 世界には珍しい名前があるものだ。
■それにしてもヨーストラリアの日射しの明るさは格別だ。
プール施設
[061227]Mrs. Mcquaries Point, Sydney, NSW, Australia
(Google Earthでは「南緯33°51'48.07"。東経151°13'17.68"」に見えるプール脇のコンクリートの建物をすぐ東北の土手から映した写真)。
本ブログの「画像による総合目次」がSRS研究所のHPにあります→「総合画像目次」 
SRS研究所のHPは「ここをクリック」
ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→  
スポンサーサイト

ミセスマックォーリーズポイントの近くから見るビル群は美しい

■シドニーには高いビルが多い。
 ミセスマックォーリーポイントの近くからシティセンターを見ると、
 ファームコーブ(Farm Cove)と呼ばれる入り江を隔てて、
 一群のビルが見える。
 その姿は、上には青い空と、白い雲、下には青い海と植物園の緑があり、
 それらに挟まれて、この上なく美しい。
■シドニーのビル群はどこから見ても美しいが、
 ここから見る景観が一番美しいのではないかと思う。
 写真の左下のベンチに座ってほっとくつろぐと、
 極上のひとときが体験できる。
Mrs Macquaries Ptから見た都市の景観
[061227]Mrs. Mcquaries Point, Sydney, NSW, Australia
「南緯33°51'38.98"。東経151°13'13.15"」の地点から西南西方向を見た景観(Google Earth 参照)。
本ブログの「画像による総合目次」がSRS研究所のHPにあります→「総合画像目次」 
SRS研究所のHPは「ここをクリック」
ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→  

ミセスマックォーリーズポイントから眺めるとオペラハウスとシドニーブリッジがよく見える

■シドニーを象徴する2大建造物はオペラハウスとシドニーブリッジ。その二つを同時に眺めようと思ったら、海を隔てたところに行くしかない。その代表がミセスマックォーリーズポイイントと呼ばれる岬だ。
■この岬からは、ファームコーブ(Farm Cove)と呼ばれる入り江を隔てて、両方を同時に見ることができる。
■岬の一角は、かっての総督の妻エリザベス・マックォーリーズのお気に入りの場所で、岩を削って作られたミセスマックォーリーズチェア(Mrs Macquaries Chair)がある。彼女はその場所に座って、シドニーに出入りする船を眺めながら望郷の思いをつのらせていたという。オーストラリアが本国イギリスから遠く遠く離れていた頃の話だ。 
■この岬自体が植物園の延長のような場所で、ユーカリなどの大樹が育つ清々しい場所である。
ミセスマックォーリーズポイント
[061227]Mrs. Mcquaries Point, Sydney, NSW, Australia
本ブログの「画像による総合目次」がSRS研究所のHPにあります→「総合画像目次」 
SRS研究所のHPは「ここをクリック」
ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。