fc2ブログ

アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

セイヨウタンポポが花の筵(むしろ)を作っていた(群馬。5月上旬。セイヨウタンポポNo.1)

■セイヨウタンポポは帰化植物の代表的な種の一つ。
日本にもともとあるタンポポとは、
開花したときに、総苞片(萼に見えるところ)が
反り返っていることで区別ができる。
セイヨウタンポポは3倍体で、単為生殖で増える。
しかし、ときにnや2nの花粉を作ることがあり、
これを在来種が受粉すると、種間雑種ができてしまう。
実際に、種間雑種が次第に増えていることが問題になっている。
■写真は広場でタンポポが一斉に咲いている様子を上方から見たもの。
絨毯に黄色い花の花模様が描かれたようだ。
タンポポ
[070509]群馬県吾妻郡高山村。
●キク科タンポポ属セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)。Taraxacum officinale Weber ex F.H.Wigg.。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP 「ここをクリック」
●ランキングのため次をそれぞれ一押ししていただければ幸いです(一日一押し):→
 
スポンサーサイト



ニワトコの花が林縁で咲き始めた(群馬。5月)

■ニワトコは落葉低木。
分布は日本、朝鮮半島。
春に黄白色の小さい花を咲かせ、円錐花序をなす。
秋には赤い実をつける。
■5月上旬に、高山村の路傍で開花し始めたのを見出した。
この小さい花が秋に向かってそれぞれ実となって成熟していく。
ニワトコ
[070509]群馬県吾妻郡高山村。
●スイカズラ科ニワトコ属ニワトコ(接骨木、庭常)。学名Sambucus sieboldiana。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP 「ここをクリック」
●ランキングのため次をそれぞれ一押ししていただければ幸いです(一日一押し):→
 

オドリコソウの淡いピンクの花が咲き始めた(上毛高原。5月上旬)

■オドリコソウは春に咲く多年草。
笠をかぶった踊り子に似ているのでオドリコソウの名前がついた。
北海道から九州まで分布する。
花の色は白色から淡紫紅色の唇形花。
葉の腋に輪状に並んでつく。
■上毛高原では5月に開花を見る。
新幹線駅の近くの土手に、
ひと群れのオドリコソウの群落があったが、
それが連休後に咲き始めたのを見出した。
周囲の緑の葉の海の中で、
数個の花がほんのりとしたピンクに色付いていた。
オドリコソウ
[070509]群馬県月夜野町。
●シソ科 / オドリコソウ属オドリコソウ(踊子草)。学名Lamium album L. var. barbatum。別名:踊花(おどりばな)、虚無僧花(こむそう花)。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP 「ここをクリック」
●ランキングのため次をそれぞれ一押ししていただければ幸いです(一日一押し):→
 

雑木林にやわらかい若葉が萌え始めていた(上毛高原。5月上旬)

■上毛高原の林や森は連休の前後で
すっかり様変わりをしていた。
写真のように雑木林では
たくさんの落葉樹から
デリケートな中間色に彩られた
瑞々しい若葉が萌え出ていた。
山肌が一年でもっとも美しい季節になって来た。
雑木林
[070509]群馬県月夜野町。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP 「ここをクリック」
●ランキングのため次をそれぞれ一押ししていただければ幸いです(一日一押し):→
 

ツバメがせっせと巣造りに励んでいた(上毛高原。5月上旬)

■上毛高原駅は上越新幹線の駅である。
そのガード下にはツバメの巣が多く見られる。
古い巣を再利用しているものが大半だが、
中には新規の巣作りの様子も見られる。
写真は、その一例。素早く飛んでいっては、
しばらくたって後、空を切りながらひらりと戻って来る。
着々と巣が出来ていく。
■この場所で今年最初にツバメを来たときの記事は
以下を参照したください:
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-569.html
ツバメ
[070509]群馬県月夜野町。上毛高原駅。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP 「ここをクリック」
●ランキングのため次をそれぞれ一押ししていただければ幸いです(一日一押し):→
 

リンゴ畑はやわらかな若葉の山々に囲まれて満開状態(上毛高原。5月上旬。リンゴNo.2)

■山里でリンゴ畑が満開になる頃、
周囲の山々は若葉に萌え始める。
写真は上毛高原のリンゴ畑の様子。
収穫がしやすいように、リンゴの木は
高さが調節して育てられている。
多くの木は横に長く枝が出るように工夫してある。
背後の山は柔らかな若葉に覆われ、
どこかの畑から白い煙がのどかに立ち上っている。
リンゴ畑
[070509]群馬県月夜野町。
●バラ科リンゴ属リンゴ(林檎)。学名Malus pumila var. domestica。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP 「ここをクリック」
●ランキングのため次をそれぞれ一押ししていただければ幸いです(一日一押し):→
 

リンゴの花が満開になった(上毛高原。5月上旬。リンゴNo.1)

■群馬県上毛高原では、
例年4月終わりから5月上旬にかけてリンゴの花が開花する。
ちょうどゴールデンウィークの頃が開花のピークになる。
季節の進行が早いときには、
ゴールデンウィークが終わったときにはすでにピークが過ぎているものだが、
今年は5月上旬が終わろうとしているが、ピークは過ぎていない。
全国的には夏日がすでに何日も来ているところも少なくないが、
この地域に関しては少し季節の進行が遅れているように思う。
実際、まだ桜も十分に咲いているのだ。
■写真はリンゴの開花の様子。
日射しを浴びてまぶしいほどに純白に輝いている。
桜
[070509]群馬県月夜野町。
●バラ科リンゴ属リンゴ(林檎)。学名Malus pumila var. domestica。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP 「ここをクリック」
●ランキングのため次をそれぞれ一押ししていただければ幸いです(一日一押し):→