fc2ブログ

アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

半年経って再びアサギマダラが渡る姫島に戻って来た(07年5月24日)

■07年の5月下旬、大分県の国東半島の北東の姫島に向かった。
国東半島の伊美港からフェリーに乗って渡る。
昨年の秋に来て以来、半島ぶりになる。
幸い天候はよく、大分空港に降り立った9時代には、
すばらしく海の凪いだ午前中だった。
■姫島では「アサギマダラを守る会」の方々と出会って、
アサギマダラのマーキングにいそしむ予定である。
06年の春には、NHKの取材陣と一緒にここで数日を過ごした。
アサギマダラの標識活動に精出した結果、
島の外で多くの再捕獲記録が出て、
アサギマダラの移動に関して画期的な成果が見られた。
■姫島は国東半島から見ると、2つの山をつないだ形になっている。
写真の左の台形のような高台が達磨山、右の山らしい形状の山が矢筈山である。
矢筈山の右側にもさらに続く部分がある。
伊美港からは4kmの海上にある。
姫島
[070524]大分県東国東郡姫島村。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP  「ここをクリック http://www.srs21.com/」
姫島の自然・旅行体験 http://www.srs21.com/blog/blog%20Himeshima.htm
SRS植物図鑑  http://www.srs21.com/blog/blog%20Plant.htm
●ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→
スポンサーサイト



大分空港の横で見るホバークラフトは日本で唯一の旅客ホバー航路

■大分空港を出るとすぐ南に、
なぜか図のようなホバークラフトが置いてある。
■これは大分ホーバーフェリー株式会社が
空港アクセスの一つとして
大分空港から別府湾をはさんだ大分市内までを結んでいるもの。
陸路より移動時間を大幅に短縮している。
日本唯一の旅客ホバー航路だという。
ホバークラフト
[070524]大分県大分市大分空港。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP  「ここをクリック http://www.srs21.com/」
姫島の自然・旅行体験 http://www.srs21.com/blog/blog%20Himeshima.htm
SRS植物図鑑  http://www.srs21.com/blog/blog%20Plant.htm
●ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

ビロウに花が咲いた(奄美大島。5月)

■ビロウは、ヤシ科の常緑高木。
■分布は国内では、九州、四国南部、南西諸島。
国外では台湾、中国南部に分布する。
街路樹や庭園樹として用いられる。
■奄美大島にもビロウを見ることができる。
ちょうど5月頃になると、
山に自生する株にも、里で家屋の周囲に植えてある株にも、
黄色い花が咲くのが見える。
■写真は、住用町の三太郎峠に向かう山中の道路脇で見たビロウの樹。
ビロウ
[070503]鹿児島県奄美市住用町。奄美大島。
●ヤシ科ビロウ属ビロウ(蒲葵、枇榔、檳榔)。学名Livistona chinensis。
ヤシ科の常緑高木。漢名は蒲葵、別名ホキ(蒲葵の音)、クバ(沖縄)。
●本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所のHP  「ここをクリック http://www.srs21.com/」
奄美大島の自然体験  http://www.srs21.com/blog/blog%20Tokyo.htm
http://www.srs21.com/blog/blog%20Asagi.htm
SRS植物図鑑  http://www.srs21.com/blog/blog%20Plant.htm
●ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→