fc2ブログ

アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

東大寺の大仏の西方を守護するのは広目天(廣目天)。広目天は帝釈天の家来である四天王のひとつで特殊な目を持つ [080315。奈良。3D仏像]

■写真は奈良の東大寺の大仏の西側に立っている広目天(廣目天)の像です。
 大変な威厳と迫力とを感じさせる像です。
■この写真はクロス法で立体視ができます。
広目天
[080315] 奈良市雑司町。東大寺。
-------------------------------------------------------------
■仏像の一部をなす天部像は、
 もともとはインドで古くから信仰されてきた神々です。
 仏教の守護神としての役割を持つとともに、
 限りない福を授けるとみなされています。
■広目天は四天王のひとつ。
 四天王は神々の帝王である帝釈天(たいしゃくてん)の家来です。
 若き聖徳太子は蘇我馬子と物部守屋との戦いに参加し、
 四天王に戦勝祈願して勝利したと言われています。
 広目天は仏教では、須弥山(しゅみせん)の西側にあたる
 西牛貨洲(さいごけしゅう)を守護し、
 龍神、毘舎闍(びしゃじゃ)を眷属とします。
 そこで、仏教世界の縮図としての須弥壇(しゅみだん)においても、
 西に配置されます。
■広目天は梵名はヴィルパークシャ。
 「種々の眼をした者」あるいは「不格好な眼をした者」という意味が、
 「尋常でない眼、特殊な力を持った眼」、千里眼と拡大解釈されて
 広目と訳されたといいます。
 天平時代の表現では、筆を持ち、
 巻物に何かを書き留めている姿で表現されたとのこと。
 東大寺の広目天の場合は、
 右手に筆を持ち、左手に巻物を持っています(上記画像参照)。
-------------------------------------------------------------
■能力開発、眼力開発における3D立体視訓練の意義や方法に関しては、
 SRS研究所のHPにある著書一覧の中にある
 3D写真シリーズを参考にしてください。
 http://www.srs21.com/books/index.htm
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
東京の自然旅行体験(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→
スポンサーサイト



奈良の大仏の脇侍として座している虚空蔵菩薩を正面から鑑賞する [080315。奈良。3D仏像]

■写真は奈良の東大寺の大仏の脇侍として祀られている虚空像菩薩です。
 1752年に完成した木造の坐像です。
■この写真はパラレル法で立体視ができます。
虚空蔵菩薩2
[080315] 奈良市雑司町。東大寺。
-------------------------------------------------------------
■能力開発、眼力開発における3D立体視訓練の意義や方法に関しては、
 SRS研究所のHPにある著書一覧の中にある
 3D写真シリーズを参考にしてください。
 http://www.srs21.com/books/index.htm
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
東京の自然旅行体験(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

奈良の大仏の向かって左側の脇侍は無限の知恵と慈悲を表す虚空蔵菩薩 [080315。奈良。3D仏像]

■奈良の東大寺の大仏の両脇には二体の菩薩が祀られています、
 向かって左が虚空像菩薩坐像で、右は如意輪観音坐像(いずれも重要文化財)です。
 これらは大仏の脇侍としての役割を果たしています。
 大仏は銅造ですが、脇侍は木造です。
 江戸時代に、京都の仏師山本順慶一門と、大坂の仏師椿井賢慶一門らによって、
 30数年をかけて制作されたものとのことです。
 虚空蔵菩薩像が完成されたのは宝暦2年(1752年)。
 間近で見ると、見ている者も荘厳な雰囲気に浸されてくるような心地になります。
■この写真はクロス法で立体視ができます。
虚空増菩薩
[080315] 奈良市雑司町。東大寺。
-------------------------------------------------------------
■虚空蔵菩薩は、
 大地に生きるすべての物を育てる日光や雨をもたらす限りなく広い空間、
 すなわち、天・宇宙の恵みを仏格化した存在を示します。
 広大な宇宙のような無限の知恵や慈悲も示します。
 頭上には五仏の宝冠を戴き、
 右手には煩悩の執着を断ち切る剣、
 左手には望むものをすべて与えるという宝珠を持つのが一般の像容です。
 限りない福徳と知恵が授けられ、特に記憶力が得られると言われます。
 弘法大師空海は、「虚空蔵求聞持法」を修して、記憶力を高めたと言います。
■虚空蔵菩薩は梵語ではアーカーシャ・ガルバ(別名ガガナ・ガンシャ)。
 真言は「 オン バザラ アラタンノウ オンタラク ソワカ」あるいは、
 「ノウボウ アキャシャ ギャラバヤ オン アリキャマリ ボリソワカ」。
 東大寺の虚空像菩薩は、上記の像容と異なり、
 右手は掌を見せて下げる与願印[よがんいん]を示し、
 左手は尿意宝珠を持っています(上の写真をよく見ると、
 何も持たずに掌を上げている施無畏印[せむいいん]ではないことが分かります。
 この像は求聞持法の本尊としての役割を持っています。
-------------------------------------------------------------
■能力開発、眼力開発における3D立体視訓練の意義や方法に関しては、
 SRS研究所のHPにある著書一覧の中にある
 3D写真シリーズを参考にしてください。
 http://www.srs21.com/books/index.htm
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
東京の自然旅行体験(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

シキミの淡黄色の花は東京では3月から開花する [080317。東京]

■シキミはシキミ科の常緑高木。
 有毒であるが、仏事に使われるので、
 寺院で見ることが少なくない。
 写真のように淡黄色の花弁を持ち、
 花弁は軽いねじれがあるのが特徴。
 一般には花期は3-4月、実は9-10月に見られる。
■花も実もその他の部分もすべて有毒で、
 種子が特に毒の成分が多い。
 毒性分としてはアニサチンが知られている。 
シキミ

[080317]東京都台東区。浄明院にて。
■シキミ科シキミ属シキミ(樒、梻)。学名Illicium anisatum L.。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
東京の自然体験(SRS研究所)
SRS植物図鑑
3D植物園(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

オカメザクラがピンクの下向きの可愛い花をやや早めの時期に咲かせている [080318。東京]

■ソメイヨシノの正式な開花は3月26日頃と予想されているが、
 品種の異なる桜ではすでに開花を迎えているものが少なくない。
 写真は3月18日にはほぼ満開となったオカメザクラである。
 ヒカンザクラとマメザクラの交配種でやや小型の花になる。
 色彩も赤みが強いヒカンザクラとマメザクラの中間になる。
 夕方に撮影したので、明るい印象を示せなかったが、
 たた濃いピンク色が美しい上にかわいらしさもある品種である。
 ヒカンザクラ同様に、下向きに開花をする。
オカメザクラ
[080318]東京都台東区。天王寺にて。
■サクラ科サクラ属オカメザクラ。学名Prunus incamp cv. Okame。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
東京の自然体験(SRS研究所)
SRS植物図鑑
3D植物園(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

アオキ(青木)のつぼみが目立たない状態でふくらみ始めた [080318。東京]

■陰樹であるアオキは、開花も目立たないが、つぼみも目立たない。
(下記には、アオキの花を掲載した本ブログ記事を紹介した)。
 東京の文京区では4月中旬~下旬頃にアオキは一斉開花するが、
 そのつぼみは3月頃からふくらみ始める。
 写真はそのような状態を撮影したもの。
 葉の緑よりも淡い緑色をしているので、
 その気になって見ると、よく目につくし、鑑賞にも耐えられるように思う。
アオキ
[080318]東京都台東区。浄明院にて。
■ミズキ科アオキ属アオキ。別名アオキバ。ダルマ。学名Aucuba japonica Thunb. var. borealis Miyabe et Kudo。
■本ブログの過去のアオキに関する記事は以下の通り:
●07.4/27「アオキの花が密かに咲いた(上野にて。07年4月下旬)」(4/23撮影)
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-666.html
●07.3/5「アオキの実がきれいな赤色になった」(3/3撮影)
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-402.html
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
東京の自然体験(SRS研究所)
SRS植物図鑑
3D植物園(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

さまざまなツバキ(椿)が美しい季節。大輪の椿の画像例 [080318。東京]

■3月ともなると、文京区から台東区にかけて散歩をすると、
 いたるところで開花したさまざまなツバキに出会う。
 写真はなかでもとりわけあでやかではなぶりも大きいつばきの例。
このツバキの場合、
 花心をくるんだ花弁の姿が美しい(中央列の下から2番目の花)。
ツバキ
[080318]東京都台東区谷中。よみせ通り近く。
■ツバキ科ツバキ属ツバキ。学名Camellia spp.
 ツバキはツバキ科ツバキ属の植物の総称。日本では照葉樹林の代表種になっている。
 数多くの園芸種がある。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
東京の自然体験(SRS研究所)
SRS植物図鑑
3D植物園(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

早咲きの桜が東京で満開になっている [080318。東京]

■08年3月18日、東京都台東区の三崎坂では桜の開花が楽しめる頃になった。
 写真は毎年ソメイヨシノより2週間ほど早く開花を迎える桜。
 ヒカンザクラかその近縁の種ではないかと思われる。
 上野公園では、1週間前以上から、
 入り口の交番の横の桜の開花が見られている。
桜
[080318]東京都台東区谷中。三崎坂。
■バラ科サクラ属サクラ(桜)。学名Prunus spp.
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
東京の自然体験(SRS研究所)
SRS植物図鑑
3D植物園(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

アンズ(杏)のピンクの蕾がふくらみ始めた [080318。東京]

■08年3月18日、東京の台東区のとあるお寺の境内でアンズの蕾がふくらみ始めた。
 蕾だけ見ると、桃に似ている。一部の梅にも似ている。
 近くでは、ヒカンザクラの開花が進んでいる。
 都内でもアンズの花を見ることができるのはちょっとうれしい。
アンズ
[080318]東京都台東区谷中。福相寺。
■バラ科サクラ属アンズ(杏)。学名Prunus armeniaca。英名アプリコット。
バラ科サクラ属の植物の落葉小高木。中国北部原産。
アーモンドやウメの近縁種。杏仁豆腐はアンズの種子の香りを用いている。
未成熟な種子には青酸配糖体のアミグダリンを含む。
種子は杏仁(きょうにん)とも呼ばれ、咳止めの生薬(しょうやく)として用いられる。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
東京の自然体験(SRS研究所)
SRS植物図鑑
3D植物園(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→