アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県グランデコから長野県松本市まで20日間で251km移動したアサギマダラが庭で偶然に撮影された。問い合わせにて分かった例。長野県では筆者のマークした5例のアサギマダラが9月下旬に偶然に撮影された。[SRS16734 デコ 9/4→撮影 9/24。福島県。デコ平。長野県]

■08年9月4日に、福島県のグランデコリゾートで
 筆者が標識した「旅をする蝶」アサギマダラが、
 長野県の松本市の市内のお宅の庭で9月24日に偶然に
 撮影されていました。
 本例はその方への問い合わせによって詳細な情報が
 もたらされました。数々の偶然の出会いが、アサギマダラ
 の旅に関する示唆を与えてくれます。
■以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■[asaginet:4915] 【移動情報】福島県グランデコ 9/4
  → 長野県松本市 9/24   (SRS16734→撮影)
 ●アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
 ●2008年9月4日に、グランデコで標識した
  SRSマークの蝶が、9月24日松本市の松本城近くで
  撮影されていました。
  ブログに掲載されていた画像をたまたま筆者が見出して
  情報を確認したことによって詳細が分かりました。
  移動情報として報告いたします。
 ●移動情報
  福島県グランデコスキー場 9/4 → 長野県松本市 9/24
  (南西方向に約251km移動、移動期間20日)
 ●標識:SRS 16734 デコ 9/4
  性別:♂
 ●標識日:2008年9月4日
  標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
     グランデコスキー場
  標識者:栗田昌裕
  備考:ヨツバヒヨドリに訪花。画像あり。
  ↓
 ●再確認日:2008年9月24日8時12分
  再確認地:長野県松本市 松本城から徒歩で北10分の住宅地。
  再確認者:征矢明子
 備考:撮影によって確認。
 「木陰(シダレモミジ)に休んでいるのを見つけて撮影。
    間もなくフジバカマの花に舞い移り、他のアサギマダラと
    吸蜜したり飛び交ったりして、昼頃去りました」とのこと。
 ●<備考>
  1)本例が掲載されていたブログ記事は以下のページです。
   Liz Blogの9/24の「訪問客遠来のアサギマダラ」:
   http://soyamiha3801.blogspot.com/2008/09/blog-post_24.html
   筆者のコメントに管理人から丁寧なメールをいただきました。
ありがとうございました。
  2)9月22日は、筆者がSRSデコマーク蝶を
   のっぺ山荘で自己再捕獲しました。
   翌9月23日には、のっぺ山荘で、櫻井さんが2頭、
   石浜さんが1頭、小学生が2頭、デコマークの蝶を
   再捕獲しました(うちSRSデコマークは4頭)。
   また、同日、近くの中綱湖畔でも1頭SRSデコ
   マーク蝶が別な方によって偶然に撮影されました(報告済み)。
   さらに同日、のっぺ山荘の近くの簗場スキー場でもSRSデコ
   のマーク蝶が偶然に撮影されました(報告済み)。
   同日、小諸市でもSRSデコ個体が偶然に撮影されました(報告済み)。
   その上で、9月24日に本例のSRSデコ個体が偶然に松本市で
   撮影されました。
   9月25日には上伊那郡の中川村でSRS個体が偶然に撮影されました
   (報告済み)。
   これらのことから9月23日前後には、かなり多くのグランデコ
   発の集団が長野県の中部~北部一帯を移動中だったことが推測されます。
   今年のアサギマダラの動きには中部北陸方面で過去には見られな
   かったことが起きているようです。
   太平洋岸ではどうなるのかが知りたいところです。
  3)グランデコからの移動個体のリストは
    筆者のHPの「2008年の移動調査記録」
    の頁に表示してあります:
    2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者MK。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
長野県の自然旅行体験
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→
スポンサーサイト

福島県グランデコから長野県大町市平の簗場スキー場まで43日間で237km移動したアサギマダラが撮影された。問い合わせにて分かった例。[SRS6164 デコ 8/12→撮影 9/23。福島県。デコ平。長野県]「デコ→大町市」第10例。

■08年8月12日に、福島県のグランデコリゾートで
 筆者が標識した「旅をする蝶」アサギマダラが、
 長野県の大町市の「のっぺ山荘」の近くの簗場スキー場で
 ある方によって9月23日に撮影されていました。
 その方からの問い合わせによって情報がもたらされました。
 これは「デコ→のっぺ」移動の第10例目となりました。
 筆者の標識したSRSデコマークとしては9例目です。
■以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■[asagi:013056] 【移動情報】福島県グランデコ 8/12
   → 長野県大町市平中綱湖畔 9/23 (SRS6164→撮影) 
     「デコ→のっぺ」の10例目(SRSデコとしては9例目)
 ●アサギMLの皆さん、金沢さん、東京の栗田昌裕です。
 ●2008年9月23日に、「のっぺ山荘」の
  近くの簗場スキー場で、グランデコで標識された
  SRSマークの蝶が撮影されていました。
  情報は撮影者御本人の問い合わせから、
  金沢さん経由でもたらされました。
  金沢さんありがとうございました。
  移動情報として報告いたします。
 ●移動情報
  福島県グランデコスキー場 8/12 → 長野県大町市平 9/23
  (南西方向に約237km移動、移動期間42日)
 ●標識:SRS 6164 デコ 8/12
  性別:♂
 ●標識日:2008年8月12日
  標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
     グランデコスキー場
  標識者:栗田昌裕
  備考:ヨツバヒヨドリに訪花。画像あり。
   ↓
 ●再確認日:2008年9月23日9時48分
  再確認地:長野県大町市平 簗場国際スキー場
  再確認者:寺島正治
 備考:フジバカマにて吸蜜。撮影によって確認。画像あり。
 ●<備考>
  1)9月23日は、のっぺ山荘で、櫻井さんが2頭、
    石浜さんが1頭、小学生が2頭、デコマークの蝶を
    再捕獲しました(うちSRSデコマークは4頭)。また、
    近くの中綱湖畔でも1頭SRSデコマークが同日に
    別な人によって再捕獲されています(前項に報告済み)。
    この日、大町市に濃厚なグランデコ発集団が移動して
    来たことが分かります。
  2)グランデコからの移動個体のリストは
    筆者のHPの「2008年の移動調査記録」
    の頁に表示してあります:
    2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者MK。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
長野県の自然旅行体験
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

福島県グランデコから長野県大町市平の中綱湖畔まで28日間で237km移動したアサギマダラが撮影された。あるブログ記事にて発見。[SRS9897 デコ 8/26→撮影 9/23。福島県。デコ平。長野県]「デコ→大町市」第9例。

■08年8月26日に、福島県のグランデコリゾートで
 筆者が標識した「旅をする蝶」アサギマダラが、
 長野県の大町市の「のっぺ山荘」の近くの中綱湖畔で
 ある方によって9月23日に撮影されていました。
 ブログ記事の写真からそのことが確認できました。
 これは「デコ→のっぺ」移動の第8例目となりました。
■以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■[asagi:013042] 【移動情報】福島県グランデコ 8/26
   → 長野県大町市平中綱湖畔 9/23
    (SRS9897→撮影) 「デコ→のっぺ」の9例目
 ●アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
 ●2008年9月23日に、「のっぺ山荘」の
  近くの中綱湖畔で、グランデコで標識された
  SRSマークの蝶が撮影されていました。
  画像はブログ記事となって掲載されていました。
  画像は断片的でしたが、筆者のグランデコでの
  画像と照合して、確定することができました。
  移動情報として報告いたします。
  再捕獲者は御本人の希望でイニシャルで紹介します。 
 ●移動情報
  福島県グランデコスキー場 8/26 → 長野県大町市平 9/23
  (南西方向に約237km移動、移動期間28日)
 ●標識:SRS 9897 デコ 8/26
  性別:♂
 ●標識日:2008年8月26日
  標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
     グランデコスキー場
  標識者:栗田昌裕
  備考:ヨツバヒヨドリに訪花。画像あり。
  ↓
 ●再確認日:2008年9月23日
  再確認地:長野県大町市平 中綱湖畔
  再確認者:MK
 備考:撮影による。    
 ●<備考>
  1)グランデコからの移動個体のリストは
    筆者のHPの「2008年の移動調査記録」
    の頁に表示してあります:
    2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
  2)本例の画像が掲載してあるブログの頁を
    以下に示します:
 http://blog.goo.ne.jp/hesomagarihime7102/e/d9e8b17df21008676644070960c5d5a6
  3)9月23日には、のっぺ山荘で、
 「SRSデコ」が4頭、「HKデコ」が1頭
  再捕獲されました。本例はそれを補うデータです。
  したがって、この頃、グランデコからの個体が
  かなり大町市平に移動していたことが示唆されます。
 ●以上 筆者。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
長野県の自然旅行体験
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

SBC信越放送(テレビ)で、長野県大町市「のっぺ山荘」のフジバカマ園でのアサギマダラの様子と筆者の調査が紹介された。08年9月12日取材。9月15日放映。[長野県。のっぺ山荘]

■08年9月12日(金曜日)に長野県大町市の
 「のっぺ山荘」で「渡り蝶アサギマダラ」に関して、
 SBC信越放送の取材を受けました。
 このことは、以下の9月12日の記録記事にも示しました:
  【ほぼ完全版】長野県白馬山麓「のっぺ山荘」での
  アサギマダラのマーキング1日目(9月12日)は
  快晴下で126頭に標識。雌は4%。フジバカマ園で
  他の多くの蝶とともに吸蜜。タオルへは無反応。夕方
  の活動乏しい。移動は遅れているか。SBC放送の取材
  あり。周囲は美しい景色。「のっぺ」累計126頭。
  [080912。SRS17051-17176。長野県。のっぺ山荘]
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1855.html
 実際にはそのテレビ放映の内容を見る機会はありませ
 んでしたが、その内容の概略が分かりましたので、
 以下に引用しておきます。
-------------------------------------------------------------
■タイトル「渡る蝶アサギマダラが大町市の中綱湖畔で群舞」
■内容概略
 ●「大町市の中綱湖畔で、四国や沖縄などへ飛ぶチョウ
  『アサギマダラ』が観察されています。
 ●花とチョウの里作りに取り組んでいる大町市の
  古川孝雄さんの裏庭などではアサギマダラが好む
  フジバカマが三分咲きとなりおよそ100匹の
  チョウが羽を休め盛んに蜜を吸っています。
 ●県内で有数の飛来地となった中綱湖畔には
  『アサギマダラ』の渡りなどを調査している
  栗田昌裕さんが訪れ、追跡のために蝶を捕獲
  しました。
 ●調査は12日からはじまっていてきのうまでに
  400匹を超える蝶を捕獲、日付や場所をマーク
  して再び放ちました。
 ●この蝶は、今月末頃には南に飛び去り2か月ほど
  かけて四国、沖縄に南下します。
  遠くは台湾などに渡る蝶もいるということです。」
 以上、SBC信越放送(テレビ) 
 2008年9月15日 18時22分放送。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
長野県の自然旅行体験
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

長野県大鹿村鳥倉林道から長野県大町市のっぺ山荘まで秋口に33日間でほぼ北方に114km移動したアサギマダラを再捕獲した。異例の事態。[TOR 三河K・H 8/21→SRS18316 9/23。長野県。のっぺ山荘]

■08年8月に長野県の大鹿村で標識された
 「渡り蝶アサギマダラ」を、長野県大町市で
 再捕獲しました。これは夏から秋口にかけて
 北方に移動していますので、特に興味深い例です。
 以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■[asagi:013057] 【移動情報】長野県大鹿村 8/21
   → 長野県大町市のっぺ山荘 9/23
     (TOR・134 三河・K・H →SRS18316 NP)
 ●星野さん、アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
 ●星野さんの標識情報[asagi:013051] [asaginet:4910] から
  移動情報を作成いたしました。
  標識情報ありがとうございました。
 ●移動情報
  長野県大鹿村 8/21 → 長野県大町市のっぺ山荘 9/23
  (北方に約114km移動。33日間)
 ●標識:TOR・134 三河・K・H 8/21
  性別:♂
 ●標識日:2008年8月21日 14:05 
  標識地:長野県下伊那郡鳥倉林道 標高1800m
       N35330 E1380658
  標識者:星野 京子
  天候:うす曇り、 24℃
  備考:鮮度N。ヨツバヒヨドリに吸蜜中。

 ●再捕獲日:2008年9月23日15時6分
  再捕獲地:長野県大町市平 中綱湖畔「のっぺ山荘」
  再捕獲者:栗田侑未子・栗田昌裕
  備考:フジバカマに訪花。画像あり。
     「SRS18316 9/24」を上書きして放蝶。
 ●<備考>
  1)「8月21日、長野県大鹿村の鳥倉林道、
    登山口の裏の林道で標識した66頭中の1頭です」とのこと。
  2)鳥倉林道での標識体験のある櫻井さんや
   石浜さんがすぐ近くにおられましたから、
  この個体を見ていただきました。
  不思議な偶然の一致を感じた一例です。
  3)9月に100km以上、ほぼ北(若干北北西寄り)に
    移動したケースです。
  のっぺ山荘では過去には例のないケースで、
  興味深い出来事と考えられます。
    今年は、中部地方では、例年と異なった動きをした
    例が若干目立つように思われます。
    中部地方の夏が暑かったと聞いていますが、
  それと関連があるのかもしれません。
  4)のっぺ山荘で筆者が関わっている個体のリストは
    筆者のHPの「2008年の移動調査記録」
    の頁にあります:
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
群馬県の自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

栃木県日光市湯本スキー場から群馬県の赤城自然園まで南西方向に16日間で42km移動したアサギマダラを再捕獲した。[日光 ハセ川 9.8→AP3179 9/24。栃木県。群馬県]

■08年9月に栃木県の日光で標識された
 「渡り蝶アサギマダラ」を、群馬県の赤城自然園で
 再捕獲しました。
 以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■[asagi:013033] 【移動情報】栃木県日光市湯元スキー場9/8
   →群馬県赤城自然園9/24
      (日光 ハセ川→AP3179)
 ●長谷川さん、赤城自然園の皆さん、
アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
 ●筆者による[asagi:013029]の【再捕獲情報】に対して、
  長谷川さんから、[asagi:013032]の標識情報と
 「この個体は長谷川順一が栃木県日光市湯元スキー場で
 9月8日にマーキングした35頭の中の1頭です。
 南下移動の時期のせいか、9月上旬には湯元の
 アサギマダラは急減中でした」とのメッセージを
  いただきましたので、移動情報を示します。
 ●移動情報
  栃木県日光市湯元スキー場9/8→群馬県赤城自然園9/23
 (南西方向に42km移動。移動期間15日)
 ●標識:日光 ハセ川 9.8
  性別:♂
 ●標識日:2008年9月8日
  捕獲地:栃木県日光市湯元スキー場
  捕獲者:長谷川順一
  ↓
 ●再捕獲日:2008年9月24日9時22分
 ●再捕獲地:群馬県渋川市赤城町 赤城自然園
 ●再捕獲者:栗田昌裕
 ●備考:フジバカマに訪花。画像あり。
     「AP3179 9/24」を上書きして放蝶。
 ●<備考> 
  赤城自然園で筆者が関わっている個体のリストは
  筆者のHPの「2008年の移動調査記録」
  の頁にまとめつつあります:
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
群馬県の自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

福島県グランデコスキー場からアサギマダラが群馬県の赤城自然園まで29日間で161km移動し、再遭遇して自己再捕獲できた。[SRS9841 8/26→AP3186 9/24。福島県。デコ平。群馬県。自己再捕獲8例目]

■08年8月の福島県のグランデコスキー場で筆者が
 標識した「渡り蝶アサギマダラ」に、群馬県の赤城自然園で再会し、
 自己再捕獲しました。これは自己再捕獲の8例目です。
 以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■[asagi:013028] 【移動情報】福島県グランデコ 8/26
   → 赤城自然園 9/24 (SRS9841 → AP3186)
    「デコ→赤城」の14例目(自己再捕獲8例目)
 ●アサギMLの皆さん、赤城自然園の皆さん、東京の栗田昌裕です。
 ●グランデコスキー場から群馬県の赤城自然園への移動個体を
  自己再捕獲しましたので報告いたします。
 ●移動情報
  福島県グランデコスキー場 8/26 → 群馬県赤城自然園 9/24
  (南西方向に約161km移動、移動期間29日)
 ●標識:SRS 9841 デコ 8/26
  性別:♂
 ●標識日:2008年8月26日
  標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
     グランデコスキー場
  標識者:栗田昌裕
  備考:ヨツバヒヨドリに訪花。画像あり。
  ↓
 ●再捕獲日:2008年9月24日9時28分
  再捕獲地:群馬県渋川市赤城町 赤城自然園
  再捕獲者:栗田昌裕
  備考:フジバカマに訪花。画像あり。
     「AP3186 9/24」を上書きして放蝶。
 ●<備考>
  1)赤城自然園としては5例目の自己再捕獲を
    したことになります。この日、実質的には
  1時間弱の標識をさせていただきました。
  2)のっぺ山荘での3例を含めると、2008
    年としては8例目の自己再捕獲でした。
  3)グランデコからの移動個体のリストは
    筆者のHPの「2008年の移動調査記録」
    の頁に表示してあります:
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
群馬県の自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

群馬県赤城自然園から長野県大町市「のっぺ山荘」まで12日間で西北西方向に110km移動したアサギマダラが小学3年生に再捕獲された。[AP 078 9/11→9/23。群馬県。デコ平。長野県]

■08年9月30日に、長野県の大町市の「のっぺ山荘」
 でアサギマダラ観察会が開催されました。
 そこで小学校3年生によってAPマークの蝶が
 再捕獲されました。
■以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■[asagi:013027] 【再捕獲情報】「AP 078 9/11」
   → 長野県大町市のっぺ山荘 9/23
 ●2008年9月23日に大代孝浩先生に
  よって、のっぺ山荘でアサギマダラの
  マーキング会が開催されました。
  以下はそこで再捕獲された個体の報告です。
 ●標識:AP 078 9/11
  性別:♂
 ●再捕獲日:2008年9月23日
  再捕獲地:長野県大町市平 中綱湖畔 のっぺ山荘
  再捕獲者:岡村直樹
  備考:フジバカマ園にて再捕獲。天候は晴れ時々曇り。
 ●<備考>
  1)赤城自然園での標識と思われますが、
    標識情報をいただければ幸いです。
(12日間で、西北西方向に110kmの移動
となります。これは典型的なアサギマダラの
「南西方向への旅」ではありません)。
  2)岡村直樹君は小学校3年生です。 
  3)2008年の筆者が関わっている移動個体は
    筆者のHPの「2008年の移動調査記録」
    の頁に表示してあります:
   2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者MK。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
群馬県の自然旅行体験(SRS研究所)
長野県の自然旅行体験
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

福島県グランデコから長野県大町市「のっぺ山荘」まで24日間で237km移動したアサギマダラが再捕獲された。[HK275 デコ 8/30→・ 9/23。福島県。デコ平。長野県]「デコ→大町市」第8例。

■08年8月30日に、福島県のグランデコリゾートで
 標識された「旅をする蝶」アサギマダラが、
 長野県の大町市の「のっぺ山荘」のアサギマダラ観察会
 で小学校3年生によって再捕獲されました。
 これは「デコ→のっぺ」移動の第8例目となりました。
 のっぺ山荘には古川御夫妻が丹精込めて作られた見事な
 フジバカマ園があります。
■以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■[asagi:013026] 【移動情報】福島県グランデコ 8/30
   → 長野県大町市のっぺ山荘 9/23
    (HK275 → ・) 「デコ→のっぺ」の8例目
 ●大代さん、アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
 ●のっぺ山荘では2008年9月23日に
  大代孝浩先生によって、アサギマダラの
  マーキング会が開催されました。参加者
  は大代先生の長野市などでの教え子とその
  ご家族でした。約150頭の標識がなされ、
  グランデコからの移動例が2頭再捕獲され
  ました。ここではその2例目を報告いたします。 
 ●移動情報
  福島県グランデコスキー場 8/30 → 長野県大町市のっぺ山荘 9/23
  (南西方向に約237km移動、移動期間24日)
 ●標識:HK 275 デコ 8/30
  性別:♂
 ●標識日:2008年8月30日
  標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
     グランデコスキー場
  標識者:小柴治紀
  備考:ヨツバヒヨドリに訪花。
  ↓
 ●再捕獲日:2008年9月23日
  再捕獲地:長野県大町市平 中綱湖畔 のっぺ山荘
  再捕獲者:荒井哲也
  備考:天候は晴れ時々曇り。
 ●<備考>
  1)小柴さんは、07年のグランデコでのアサギマダラ
    観察会の参加者でした。08年は、安達太良山、
    グランデコで熱心に標識をされました。
  2)荒井哲也君は小学校3年生です。
    先の報告では荒井琢也君がSRS6167を再捕獲した
    ことを紹介しましたが、この二人は兄弟です。
 3)グランデコで標識した個体のうちのっぺ山荘での
    8頭目を再捕獲していただきました。
  そのうち、7頭が筆者の標識したSRSマークの蝶です。
  4)前報告で述べたように、同じ日ののっぺ山荘では、
    櫻井さんには2頭、石浜さんには1頭の「SRS デコ」
    個体を再捕獲していただきました。
    筆者自身は3例のSRS個体を自己再捕獲しています。
  2008年の「のっぺ山荘」では過去の例数を超える
  グランデコ個体が見出されたことになります。
  これは2008年のアサギマダラの移動に関して、
  何らかの示唆をしているデータかもしれません。
  5)グランデコからの移動個体のリストは
    筆者のHPの「2008年の移動調査記録」の頁に
    表示してあります:
   2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者MK。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
長野県の自然旅行体験
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

福島県グランデコから長野県大町市「のっぺ山荘」まで42日間で237km移動したアサギマダラが再捕獲された。[SRS6167 デコ 8/12→・ 9/23。福島県。デコ平。長野県]「デコ→大町市」第7例。

■08年8月12日に、福島県のグランデコリゾートで
 筆者が標識した「旅をする蝶」アサギマダラが、
 長野県の大町市の「のっぺ山荘」のアサギマダラ観察会
 で小学校3年生によって再捕獲されました。
 これは「デコ→のっぺ」移動の第7例目となりました。
■以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■[asagi:013025] 【移動情報】福島県グランデコ 8/12
   → 長野県大町市のっぺ山荘 9/23 
     (SRS6167 → ・) 「デコ→のっぺ」の7例目
 ●大代さん、アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
 ●のっぺ山荘では2008年9月23日に
  大代孝浩先生によって、アサギマダラの
  マーキング会が開催されました。参加者
  は大代先生の長野市の教え子とその
  ご家族です。
  そこでは約150頭の標識がなされ、
  グランデコからの移動例が2頭再捕獲され
  ました。ここではその一例を、報告いたします。 
 ●移動情報
  福島県グランデコスキー場 8/12
       → 長野県大町市のっぺ山荘 9/23
  (南西方向に約237km移動、移動期間42日)
 ●標識:SRS 6167 デコ 8/12
  性別:♂
 ●標識日:2008年8月12日
  標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
     グランデコスキー場
  標識者:栗田昌裕
  備考:ヨツバヒヨドリに訪花。画像あり。
  ↓
 ●再捕獲日:2008年9月23日
  再捕獲地:長野県大町市平 中綱湖畔 のっぺ山荘
  再捕獲者:荒井琢也
  備考:天候は晴れ時々曇り。     
 ●<備考>
  1)荒井琢也君は小学校5年生です。
  2)グランデコで標識した個体のうちのっぺ山荘での
    7頭目を再捕獲していただきました。
  3)同じ日ののっぺ山荘では、櫻井さんには2頭、
    石浜さんには1頭の「SRS デコ」個体を
    再捕獲していただきました。
  4)グランデコからの移動個体のリストは
    筆者のHPの「2008年の移動調査記録」の頁に
    表示してあります:
   2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者MK。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
長野県の自然旅行体験
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

08年9月23日に長野県大町市の「のっぺ山荘」で大代先生により長野市の小学生によるアサギマダラのマーキング会が開催された。福島県グランデコからの2頭と、赤城自然園からの1頭の再捕獲あり。約450頭のうち4例がSRSマークの蝶。[福島県。デコ平。長野県。のぺ山荘]

■08年9月23日に、長野県大町市の「のっぺ山荘」で
 松代小学校の大代孝浩先生によりアサギマダラの
 マーキング会が開催されました。
 大代先生は以前からこの地域でアサギマダラのマーキング
 を教え子に指導して来られました。
 参加者は主に大代先生の教え子とそのご家族です。
 時間帯は9時から12時頃までで、フジバカマ園に吸蜜に
 来たアサギマダラの約150頭に標識がなされました。
■結果として、福島県グランデコから移動して来た2頭と
 群馬県赤城自然園から移動して来た1頭が再捕獲されました。
 前者は「SRS6167 デコ8/12」(筆者が標識した個体)と、
 「HK275 デコ 8/30」です。後者は
 「AP 078 9/11」でした。これらの詳細は別の項目で示します。
■この日は、愛知県の石浜さんのご家族や、長野県の櫻井さん
 など、以前から熱心にアサギマダラのマーキングをして来られた
 方も参加されました。のっぺ山荘で標識をして来られた西川
 さんも参加されました。
 このときに、筆者が福島県で標識したSRSマーク蝶が、櫻井さん
 により2頭、石浜さんにより1頭再捕獲されました。
 これらに関しては、すでに本ブログで報告済みです。
 すべてを合わせると、この日は、福島県グランデコから移動して
 来たアサギマダラが5例(そのうち、筆者の標識したSRSマーク
 の蝶は4例)が再捕獲されたことになります。
 櫻井さんはこの日162頭、石浜さんはこの日138頭、合計して
 300頭を標識されましたので、子供の例と合わせて、約450頭
 の中に、4例のSRSマーク蝶が含まれていたことになります。
 これはかなり密度の濃い「グランデコ集団」が本日のアサギマダラ
 の群れに混ざり込んだことを示唆しています。
■この日、筆者は長野県の大鹿村の鳥倉林道から移動して来たアサギ
 マダラを再捕獲しました。これに関しては、後の記事で示します。
■なお、この様子は、筆者とアサギマダラを福島県から取材して
 来た撮影班によって記録されました。
 以上 筆者MK。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
長野県の自然旅行体験
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

福島県グランデコから長野県大町市「のっぺ山荘」まで25日間で237km移動したアサギマダラが再捕獲された。[SRS11404 デコ 8/29→NP さと282 9/23。福島県。デコ平。長野県]「デコ→大町市」第6例。

■08年8月29日に、福島県のグランデコリゾートで
 筆者が標識した「旅をする蝶」アサギマダラが、長野県の
 大町市の「のっぺ山荘」で再捕獲されました。
 これは「デコ→のっぺ」移動の第6例目となりました。
■以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■[asagi:013024] 【移動情報】福島県グランデコ 8/29
   → 長野県大町市のっぺ山荘 9/23
      (SRS11404 → NPさと282) 「デコ→のっぺ」の6例目
 ●石浜さん、アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
 ●石浜さんの御報告[asaginet:4878]にしたがって、
  グランデコスキー場から長野県ののっぺ山荘への
  6例目の移動個体の報告をいたします。
 再捕獲および御報告ありがとうございました。
 ●移動情報
  福島県グランデコスキー場 8/29 → 長野県大町市のっぺ山荘 9/23
  (南西方向に約237km移動、移動期間25日)
 ●標識:SRS 11404 デコ 8/29
  性別:♂
  前翅長:44mm
 ●標識日:2008年8月29日
  標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
     グランデコスキー場
  標識者:栗田昌裕
  備考:ヨツバヒヨドリに訪花。画像あり。
 ↓
 ●再捕獲日:2008年9月23日11時49分
  再捕獲地:長野県大町市平 中綱湖畔 のっぺ山荘
  再捕獲者:石浜芳彦
  備考:天気 晴れ時々曇り。
     NP 9.23 さと282 を追記し放蝶。画像有り。
 ●<備考>
  1)グランデコで標識した個体のうちのっぺ山荘での
    6頭目を再捕獲していただきました。
  2)同日に、櫻井さんには2頭、石浜さんには1頭の
    「SRS デコ」個体を
    再捕獲していただいたことになります。
  3)石浜さんの御報告[asaginet:4878]によれば、
   「マーク数138頭の内、♂85頭、♀53頭。
   同日は♂、♀の大きな波がありました。
   試した、タオルに反応するものは♀が殆どで
   愛知県の状況とは違う印象を受けました」
    とのことでした。
    櫻井さんと同様に、9月23日には雌比率が異常に
    高かったことが分かります。他の日には雌比率が
  8%を超えたことはありませんでした。
  4)グランデコからの移動個体のリストは
    筆者のHPの「2008年の移動調査記録」の頁に
    表示してあります:
   2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者MK。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
長野県の自然旅行体験
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

福島県グランデコから長野県大町市「のっぺ山荘」まで20日間で237km移動したアサギマダラが再捕獲された。[SRS5788 デコ 8/12→NP1567 サ9/23。福島県。デコ平。長野県]「デコ→大町市」第5例。

■08年8月12日に、福島県のグランデコリゾートで
 筆者が標識した「旅をする蝶」アサギマダラが、長野県の
 大町市の「のっぺ山荘」で再捕獲されました。
■以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■[asagi:013023] 【移動情報】福島県グランデコ 8/12
  → 長野県大町市のっぺ山荘 9/23
   (SRS5788 → NP1567 サ) 「デコ→のっぺ」の5例目
 ●桜井さん、アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
 ●桜井さんの御報告[asaginet:4876]にしたがって、
  グランデコスキー場から長野県ののっぺ山荘への
  移動個体の報告をいたします。
 ●移動情報
  福島県グランデコスキー場 8/12 → 長野県大町市のっぺ山荘 9/23
  (南西方向に約237km移動、移動期間20日)
 ●標識:SRS 5788 デコ 8/12
  性別:♂
 ●標識日:2008年8月12日
  標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
     グランデコスキー場
  標識者:栗田昌裕
  備考:ヨツバヒヨドリに訪花。画像あり。
  ↓
 ●再捕獲日:2008年9月23日
 ●再捕獲地:長野県大町市平 中綱湖畔 のっぺ山荘
 ●再捕獲者:櫻井正人
 ●備考:天気 晴れ時々曇り。
     NP1567・サ・9.23を追記し放蝶。
 ●<備考>
  1)グランデコで標識した個体のうちのっぺ山荘での
    5頭目を再捕獲していただきました。
  2)9月23日、櫻井さんには2頭「SRSデコ」を
    再捕獲していただいたことになります。
  3)グランデコからの移動個体のリストは
    筆者のHPの「2008年の移動調査記録」の頁に
    表示してあります:
   2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者MK。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
長野県の自然旅行体験
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

福島県グランデコから長野県大町市「のっぺ山荘」まで20日間で237km移動したアサギマダラが再捕獲された。[SRS15432 デコ 9/3→NP1685 サ9/23。福島県。デコ平。長野県]「デコ→大町市」第4例。

■08年9月3日に、福島県のグランデコリゾートで
 筆者が標識した「旅をする蝶」アサギマダラが、長野県の
 大町市の「のっぺ山荘」で再捕獲されました。
■以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■[asagi:013019] 【移動情報】福島県グランデコ 9/3
  → 長野県大町市のっぺ山荘 9/23
   (SRS15432 → NP1685 サ) 「デコ→のっぺ」の4例目
 ●桜井さん、アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
 ●桜井さんの御報告[asaginet:4876]にしたがって、
  グランデコスキー場から長野県ののっぺ山荘への
  移動個体の報告をいたします。
 ●移動情報
  福島県グランデコスキー場 9/3 → 長野県大町市のっぺ山荘 9/23
  (南西方向に約237km移動、移動期間20日)
 ●標識:SRS 15432 デコ 9/3
  性別:♂
 ●標識日:2008年9月3日
  標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
     グランデコスキー場
  標識者:栗田昌裕
  備考:ヨツバヒヨドリに訪花。画像あり。
  ↓
 ●再捕獲日:2008年9月23日14時20分
  再捕獲地:長野県大町市平 中綱湖畔 のっぺ山荘
  再捕獲者:櫻井正人
  備考:天気 晴れ時々曇り。
     NP1685・サ・9.23を追記し放蝶。
 ●<備考>
  1)グランデコで標識した個体のうち4頭目を
    のっぺ山荘で再捕獲していただきました。
  2)9月23日の「のっぺ山荘」は、
    大代先生の教え子さんたちのマーキング会が
    行われ、櫻井さん、石浜さん、西川さんも
  標識されて、実り多い1日となりました。
  本例は、この日に再捕獲されたデコ発の5例の
  うちの1例です(そのうちSRSは4例)。
  3)櫻井さんはこの日、162頭をマークされ、
    そのうち61頭が雌で、雌はすべて未交尾
  でした(御報告[asaginet:4876]による)。
  今年ののっぺ山荘にはときどき雌の多い
  集団が流入しているように見えました。
  4)グランデコからの移動個体のリストは
    筆者のHPの「2008年の移動調査記録」の頁に
    表示してあります:
   2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者MK。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
長野県の自然旅行体験
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

福島県グランデコから長野県小諸市まで29日間で216km移動したアサギマダラが撮影・再確認された。小諸市への移動は初めて。[SRS8928 デコ 8/25→撮影 9/23。福島県。デコ平。長野県]「デコ→小諸市」第1例。

■08年8月25日に、福島県のグランデコリゾートで
 筆者が標識した「旅をする蝶」アサギマダラが、長野県の
 小諸市であるブログの管理人をしておられる方(K.T.氏)に
 撮影されました。移動経路を考える上で意義深い一例です。
 K.T.さん、御連絡ありがとうございました。
■以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■[asagi:013017] 【移動情報】福島県グランデコ 8/25
  → 長野県小諸市 9/23 (SRS8928 → 撮影)
   「デコ→小諸市」の1例目
 ●アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
 ●ブログ「ようこそ軽井沢へ!」の管理人より、グランデコ
  スキー場から長野県小諸市への移動例を教えて
  いただきましたので、移動情報を作成しました。
 ●移動情報
  福島県グランデコスキー場 8/25 → 長野県小諸市 9/23
  (南西方向に約216km移動、移動期間29日)
 ●標識:SRS 8928 デコ 8/25
  性別:♂
 ●標識日:2008年8月25日
  標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
      グランデコスキー場
  標識者:栗田昌裕
  備考:ヨツバヒヨドリに訪花。画像あり。

 ●再確認日:2008年9月23日 16:10
  再確認地:長野県小諸市甲1275番地2  
        小諸市文化センター正面玄関横(乙女湖公園内)
  再確認者:T.K.
  備考:フジバカマで吸蜜しているところを撮影。
 ●<備考>
 1)グランデコで標識した個体が小諸市で再捕獲された
  のは(筆者の知る限りでは)これが初めてです。
 2)グランデコのアサギマダラは、太平洋側、内陸中央、
   日本海側の大きく3通りの経路を通る可能性があり
   ますが、本例は内陸中央を通る経路を示唆している
   可能性があります。
 3)たまたま音楽会にでかけられた戻りにアサギマダラを見つけて
   撮影されたところ、標識を見つけて、筆者のHPに辿りついて
   連絡くださったものです。
   T.K.氏のブログの上記個体の写真画像は以下を
   クリックすると拝見することができます:
 http://blogs.yahoo.co.jp/kougenno_kaze2005/56739153.html
  4)グランデコからの移動個体のリストは
    筆者のHPの「2008年の移動調査記録」の頁に
    表示してあります:
   2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者MK。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
長野県の自然旅行体験
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

福島県グランデコからアサギマダラが能登半島の基部にあたる石川県宝達山まで25日間で311km移動して再捕獲された。[SRS9880 デコ 8/26→・。福島県。デコ平。石川県]「デコ→石川県」第2例。

■08年8月26日に、福島県のグランデコリゾートで
 筆者が標識した「旅をする蝶」アサギマダラの2例目が、
 能登半島の根元西側にあたる石川県の宝達山で
 再捕獲されました。
 このコースは過去には例のない出来事ですから、
 特別の意義があります。
■以下はその概略です。アサギMLへの報告から引用します。
■[asagi:013013] 【移動情報】福島県グランデコ 8/26
  → 石川県宝達山 9/20 (SRS8880 → ・)
   「デコ→石川県」の2例目
 ●松井さん、アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
 ●松井さんから、グランデコスキー場から石川県宝達山への
  移動の2例目をご報告いただきましたので、
  移動情報を作成しました。御報告ありがとうございました。
 ●移動情報
  福島県グランデコスキー場 8/26 → 石川県宝達山 9/20
  (西南西方向に約311km移動、移動期間25日)
 ●標識:SRS 9880 デコ 8/26
  性別:♂
 ●標識日:2008年8月26日
  標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
     グランデコスキー場
  標識者:栗田昌裕
  備考:ヨツバヒヨドリに訪花。画像あり。
  ↓
 ●再捕獲日:2008年9月20日 12:50
  再捕獲地:石川県宝達志水町宝達山頂上付近
  再捕獲者:松井 正人
 ●<備考>
  1)グランデコで標識した個体が宝達山で再捕獲される
   のは(筆者の知る限りでは)今年が初めてです。
   本例はその2例目になります。
  2)宝達山で富士山や群馬県や栃木県からの移動個体 
    が多く再捕獲されている現象は大変興味深いと
    思います。
  3)グランデコからの移動個体のリストは
    筆者のHPの「2008年の移動調査記録」の頁に
    表示してあります:
     2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者MK。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

福島県グランデコから長野県上伊那郡中川村まで25日間で300km移動したアサギマダラが撮影・再確認された。この地域への移動は初めて。[SRS8847 デコ 8/22→8/29→8/31→撮影 9/25。福島県。デコ平。長野県]「デコ→上伊那郡」第1例。

■08年8月22日に、福島県のグランデコリゾートで
 筆者が標識した「旅をする蝶」アサギマダラが、長野県の
 上伊那郡でオオムラサキの保護育成をしておられる方に
 撮影されました。意義深い一例です。
■以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■[asagi:013010] 【移動情報】福島県グランデコ 8/22
   → 長野県上伊那郡中川村 9/25
   (SRS8847 → ・) 「デコ→上伊那郡」の1例目
 ●アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
 ●福島県グランデコで標識したアサギマダラが、
  初めて長野県上伊那郡で再確認されましたので、
  報告いたします。
 ●移動情報
  福島県グランデコスキー場 8/22 →同左8/28→同左8/31
    → 上伊那郡中川村 9/25
  (南西方向に約300km移動、移動期間25日)
 ●標識:SRS 8847 デコ 8/22 XZ
  性別:♂
 ●標識日:2008年8月22日
  標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
    グランデコスキー場
  標識者:栗田昌裕
  備考:ヨツバヒヨドリに訪花。画像あり。
その後、X(=8/28)、Z(=8/30)の両日に
同所再捕獲して、追記・撮影・放蝶した。
 ↓
 ●再確認日:2008年9月25日 14時27分
  再確認地:長野県上伊那郡中川村大草
  再確認者:金子敦
  備考:フジバカマにて吸蜜中に撮影。
 ●<備考>
  1)金子さんは、中川村大草で「国蝶オオムラサキ石神共生地」
    を設けてオオムラサキの保護飼育をおられるとのこと。
    そこの一株のフジバカマに毎年一頭のアサギマダラが訪れる
    ので、フジバカマを増やせばもっと来るかもしれないと思い、
    今年は50株にされたとのことです。
    例年より5日遅い本日、最初の2頭が訪れ、
    そのうちの一頭に標識があることに気づき、
    撮影してくださいました。筆者にはHPを見て
    御連絡いただきました。
  2)グランデコで標識した個体が上伊那郡周辺で確認された
   のは(筆者の覚えている範囲では)初めてのことだと
    思います。
   したがって、大変興味深い御報告と思いました。
  3)グランデコから南下をする途中では、群馬県の
    赤城自然園で多く再捕獲された後、愛知県に到るまでの
    途中の経路は不明なままです。一部は長野県の諏訪湖の
    近くや長野市の近くや志賀高原の近くや大町市で再捕獲
    されますが、個体数は多くはありません。
    今回のような一例報告がまだ不明部分の多い移動の空白
    を埋めることにつながることになるかもしれませんので、
    今回の報告は貴重であり、今後もこのような例があること
    を期待したいところです。 
  4)グランデコからの移動個体のリストは
    筆者のHPの「2008年の移動調査記録」の頁に
    表示してあります:
   2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者MK。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
長野県の自然旅行体験
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

長野県大町市の「のっぺ山荘」から石川県宝達山まで7日間で94km移動したアサギマダラが再捕獲された。[SRS17114 NP 9/12→・。長野県。のっぺ山草。石川県]「大町市→石川県」第1例。

■08年9月12日に、
 白馬山麓にある長野県大町市の「のっぺ山荘」で
 筆者が標識した「旅をする蝶」アサギマダラが、
 石川県の(能登半島の基部にある)宝達山で再捕獲されました。
 このコースに乗った移動は過去には例のない出来事です。
■以下はその概略です。アサギMLへの報告から引用します。
■[asagi:013005] 【移動情報】長野県大町市のっぺ山荘 9/12
→ 石川県宝達山 9/19 (SRS17114 → ・) 
「大町市→石川県」の1例目

 ●アサギMLの皆さん、松井さん、橘さん、東京の栗田昌裕です。
 ●松井さんより、のっぺ山荘から石川県宝達山への移動を
  ご報告いただきましたので、移動情報を作成しました。
 ●移動情報
  長野県大町市のっぺ山荘 9/12 → 石川県宝達山 9/19
  (西北西方向に約94km移動、移動期間8日)
 ●標識:SRS 17114 NP 9/12
  性別:♂
 ●標識日:2008年9月12日
  標識地:長野県大町市平 中綱湖畔「のっぺ山荘」
  標識者:栗田昌裕
  備考: フジバカマに訪花。画像あり。
 ↓
 ●捕獲日:2008年9月19日 午前中
  捕獲地:石川県宝達志水町宝達山頂上付近
  捕獲者:橘 英子
 ●<備考>
  1)大町市で標識された個体が宝達山で再捕獲される
  のは(筆者の知る限りでは)初めてのことです。
  したがって、興味深く報告を拝読しました。
  2)「のっぺ山荘」からの移動個体のリストは
    筆者のHPの「2008年の移動調査記録」
    の頁に表示してあります:
    2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者MK。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
長野県の自然旅行体験
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

福島県グランデコから石川県宝達山まで43日間で311km移動したアサギマダラが再捕獲された。[SRS4132 デコ 8/8→・。福島県。デコ平。石川県]「デコ→石川県」第1例。♀。

■08年8月8日に、福島県のグランデコリゾートで
 筆者が標識した「旅をする蝶」アサギマダラが、
 石川県の宝達山で再捕獲されました。
 このコースは過去には例のない出来事です。
■以下はその概略です。アサギMLへの報告から引用します。
■[asagi:013004] 【移動情報】福島県グランデコ 8/8
  → 石川県宝達山 9/20 (SRS4132 → ・) 「デコ→石川県」の1例目
 ●アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
 ●グランデコスキー場から石川県宝達山への移動を
  ご報告いただきましたので、移動情報を作成しました。
 ●移動情報
  福島県グランデコスキー場 8/8 → 石川県宝達山 9/20
  (西南西方向に約311km移動、移動期間43日)
 ●標識:SRS 4132 デコ 8/8 - - -
  性別:♀
 ●標識日:2008年8月16日
  標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
     グランデコスキー場
 ●標識者:栗田昌裕
  備考:ヨツバヒヨドリに訪花。画像あり。

 ●再捕獲日:2008年9月20日 午前中
  再捕獲地:石川県宝達志水町宝達山頂上付近
  再捕獲者:橘 英子
 ●<備考>
  1)グランデコで標識した個体が宝達山で再捕獲される
  のは(筆者の知る限りでは)初めてのことです。
  したがって、興味深く報告を拝見しました。
  2)グランデコからの移動個体のリストは
    筆者のHPの「2008年の移動調査記録」の頁に
    表示してあります:
     2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者MK。
 ●追記。本例は雌の移動例です。「- - -」とあるのは、
  標識時に未交尾であったことを示しています。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

2008年8月の福島県グランデコスキー場のアサギマダラ観察会では1550頭が標識された。[福島県。デコ平]

■福島県のグランデコリゾートでは、2006年から、8月に
 アサギマダラ観察会を行っています。筆者はその一部を指導
 しています。
■以下では、2008年の結果を、アサギマダラのメーリング
 リストに報告した内容から引用して紹介します。
■【移動情報】福島県グランデコ 8/16
   → 長野県大町市のっぺ山荘 9/22 (SRS9194 → SRS17995)
    「デコ→のっぺ」の3例目(自己再捕獲7例目)
 ●グランデコスキー場では、2006年から夏のアサギマダラ観察会
  が行われています。
  2008年の概略をご報告いたします。
 ●2008年8月には8月9日から26日まで観察会が行われ、
  のべ252人の参加者がありました。
 (ご家族連れが多くおられますので、家族単位で数えるともっと
  数は減ります)。
  観察会では主にホテルのスタッフの方たちがご案内をしています。
  その結果、1550頭が標識されました。
  「観察会」は時間が限られたもので、参加者も数頭の標識で満足
  されることが少なくないので、このような結果となっています。 
 ●上記の中には善養寺先生が引率された千葉県木更津高校の
  生徒さん方による特別開催の観察会の結果(326例)
  も含まれています。
 ●2008年の夏は特に後半に梅雨時のように雨天続きで、
  観察会を目指して来られても、雨で中止になったり、
  霧が深くてほとんどアサギマダラを見ることなく帰られた
  方も数多くおられました。ただ、結果的に頭数だけ見ると、
  2006年は175人で710頭、
  2007年は399人で1251頭
  となっており、今年が最多となっています。
  これは雨で悲惨だった部分を、最後に若干天候に恵まれた
  高校生たちのデータが埋め合わせた形になっている、とも
  解釈できます。
 ●標識は「デコ 個人標識 番号 8/(日付)」が基本
  です。「デコ」マークの再捕獲をよろしくお願いいたします。
  標識者のデータはホテルのスタッフの方が作成したものを
  筆者もいただいています。
 ●以上 筆者
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→






【ほぼ完全版】長野県白馬山麓「のっぺ山荘」近域でのアサギマダラのマーキング5日目(9月22日)は曇天→晴天下で354頭に標識。雌8.5%。交尾率13%。午後移動個体増加。グランデコで標識した個体に再会し自己再捕獲7例目。宮城蔵王、日光、管沼からの再捕獲個体あり。「のっぺ」累計954頭。[080922。SRS17652-18005。長野県。のっぺ山荘]

■08年9月22日(月曜日)は、
 08年の白馬山麓「のっぺ山荘」の近くでの
 アサギマダラのマーキングの5日目でした。
 SRS17652からSRS18005までの
 354頭を標識することができました。
-------------------------------------------------------------
[080922] 長野県大町市平 中綱湖畔 「のっぺ山荘」。
-------------------------------------------------------------
■長野県の「のっぺ山荘」では例年9月中旬から下旬にかけて、
 フジバカマ園にて、多くのアサギマダラが
 しばらく時を過ごして南への旅を続けていきます。
■9月22日は、台風13日が20日に日本から離れて2日後で、
 朝は小雨、その後、曇りになり、午後には晴れの日になりました。
 9時半に「のっぺ山荘」に到着。小雨が降る天候だったので、
 のっぺ山荘のご夫妻とお話をさせていただき時を過ごしました。
■10時半頃から雨が上がったので、標識開始。
 一週間前に比べると、アサギマダラの個体数はやや増えた印象。
 敏捷な飛翔をする日でした。
 フジバカマ園には、少しずつ移動個体が訪れ、ときどき、
 目立つほど多くの個体が訪れる様子が観察されました。
 途中、中綱湖畔と鹿島槍スキー場も訪れましたが、
 前者では20数頭、後者では50頭近くを標識しました。
■この日は再捕獲が増えました。自己再捕獲もありました。
 ●11:35には「日光 ハセ川 8.18」を再捕獲し、
  SRS17713 NP 9/22と追記して放蝶しました。
栃木県日光湯本から飛来した個体です。
 ●12:15には「スゲ ハセ川 9.5」を再捕獲し、
SRS17751 NP 9/22と追記して放蝶しました。
群馬県片品村菅沼から飛来した個体です。
 ●14:25には「MZAO あべ93 MZ93 9/1」を再捕獲し、
SRS17840 NP 9/22と追記して放蝶しました。
宮城県の蔵王山から飛来した個体です。
 ●14:40には「日光 ハセ川 9/3」を再捕獲し、
SRS17841 NP 9/22と追記して放蝶しました。
栃木県日光湯本から飛来した個体です。
 ●16:50には「SRS9194 デコ 8/16」を再捕獲し、
SRS17995 NP 9/22と追記して放蝶しました。
福島県グランデコスキー場で放蝶した個体を、
自己再捕獲したものです。
これは自己再捕獲に関して2008年の7例目となりました。
■この日は午後から、1週間前に続いて、
 撮影隊が来ていました。
■本日はタオルの反応はチェックしませんでした。
■本日標識した354頭のうち雌は30頭で、比率は8.5%。
 雌は例年より多くなっています。
■30例のうち交尾個体は4例で、交尾率は13%。
 少し交尾が始まっていると言えます。
 4例の番号と所見は以下の通り:
 SRS17749(++ + -)、
 SRS17763(-+-)、
 SRS17833(-+-)、
 SRS17948(-+-)。
■ヘアペンシルを出した♂個体は1頭でした。
 SRS17652がその個体で、左側だけ出た状態でした。
■病気の個体はありませんでした。
■「中古」個体は2例ありました。
 SRS17746♂、17710♂です。
 「古」個体は0例でした。
 「中古」「古」を合わせると2例で、これは
 354例のうちの0.6%です。 
■翅に変形のある個体は6頭(1.7%)で、
 SRS17664♂と177231♂、
 17752♂と17754♂、
 17924♂と17966♂です。
■9月12日、13日に放蝶した個体は
 1例も再捕獲されませんでした。
 9月14日、15日に放蝶した個体は、
 それぞれ1例だけ再捕獲されました。
 このように同所再捕獲が少ないのは、
 ほとんどが旅立ったことを意味しています。
■一度放蝶して再度捕獲した個体は5例以上ありました。
■白い部分が多い個体(白い部分の斑紋模様が派手に見える個体)
 は1例のみ記録しました(SRS17955♂)。
■鱗粉のある場所の全体が普通より黒っぽい個体(黒化個体)は
 1例記録しました(SRS17874♂)。
■小さい個体は11頭記録しました(3.1%)。
 SRS17743♂、17748♂、17816♂、17820♂。
 SRS17823♂、17824♂、17827♂、17845♂。
 SRS17943♂、17959♂、17987♂。
 (小さい個体とは、油性ペン「マッキー」の
 キャップの長さよりも前翅長が短い個体のこと)。
■標識中に筆者やネットに寄って来た個体(ストーカーと呼びます)
 はありませんでした。
■この日は、青空はみかけましたが、
 ヒョウモンチョウの仲間は少なく、
 クジャクチョウも見ませんでした。
■周囲の草むらでは本日もキリギリスやクサヒバリなどの秋の虫が 
 鳴き続けていました。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

福島県グランデコから長野県大町市「のっぺ山荘」まで37日間で237km移動したアサギマダラを自己再捕獲した。自己再捕獲7例目。[SRS9194 デコ 8/16→SRS17995 NP 9/22。福島県。デコ平。長野県]

■08年8月16日に、福島県のグランデコリゾートで
 筆者が標識した「旅をする蝶」アサギマダラに、長野県の大町市で
 再遭遇して、自己再捕獲しました。
■以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■【移動情報】福島県グランデコ 8/16
   → 長野県大町市のっぺ山荘 9/22 (SRS9194 → SRS17995)
    「デコ→のっぺ」の3例目(自己再捕獲7例目)
 ●アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
 ●グランデコスキー場から長野県ののっぺ山荘への移動個体を
  自己再捕獲しましたので報告いたします。
 ●移動情報
  福島県グランデコスキー場 8/16 → 長野県大町市のっぺ山荘 9/22
  (南西方向に約237km移動、移動期間37日)
 ●標識:SRS 9194 デコ 8/16
  性別:♂
 ●標識日:2008年8月16日
  標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
     グランデコスキー場
 ●標識者:栗田昌裕
  備考:ヨツバヒヨドリに訪花。画像あり。
 ↓
 ●再捕獲日:2008年9月22日16時50分
  再捕獲地:長野県大町市平 中綱湖畔 のっぺ山荘
  再捕獲者:栗田昌裕
  備考:フジバカマに訪花。画像あり。
     「SRS17995 NP 9/22」を上書きして放蝶。
 ●<備考>
  1)グランデコで標識した個体のうち3頭を
    のっぺ山荘で再捕獲(および自己再捕獲)を
    したことになります。
  2)本例は自己再捕獲としては2008年の第7例です。
  3)9月22日の「のっぺ山荘」およびその近辺では、
    栃木県(日光湯本)、群馬県(片品村)、福島県(グランデコ)、
    宮城県(蔵王)からの個体が一気に再捕獲されました。
    移動の経路および時期に関して、
    若干の考えるヒントを与えてくれます。
  4)グランデコからの移動個体のリストは
    筆者のHPの「2008年の移動調査記録」の頁に表示してあります:
 http://www.srs21.com/3d_insect/watarichou/2007_data.htm
  5) 本例はのっぺ山荘から200mほど離れた中綱湖畔で
     再捕獲しましたが、下記の記録では「のっぺ山荘」
  の項目に表示しておきます。
(注)のっぺ山荘のデータを含む2008年の移動調査記録に関しては、
     2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
     にまとめてあります。
 ●以上 筆者
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
長野県の自然旅行体験
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

群馬県片品村菅沼から長野県大町市中綱湖畔まで17日間で移動したアサギマダラを再捕獲した。[スゲ ハセ川 9.5→SRS17751 NP 9/22。群馬県。長野県]

■08年9月22日に、長野県の大町市で
 群馬県の片品村菅沼から移動した
 「渡り蝶アサギマダラ」を、再捕獲しました。
■以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■【再捕獲情報】「スゲ ハセ川 9.5」
   → 「SRS17751 NP 9/22」(長野県大町市中綱湖畔)
 ●アサギMLの皆さん、長谷川さん、東京の栗田昌裕です。
 ●長野県大町市の「のっぺ山荘」の近くで、
  日光湯本からと思われる再捕獲がありました。
 ●標識:スゲ ハセ川 9.5
  性別:♂
 ●再捕獲日:2008年9月22日 12時15分
  再捕獲地:長野県大町市平 中綱湖畔
  再捕獲者:栗田昌裕
  備考: フジバカマに訪花。画像あり。
     「SRS17751 NP 9/22」と追記して放蝶。
 ●<備考>
  1) 長谷川順一さんが群馬県片品村東小川菅沼湖畔(国道沿い)・
     にてマーキングしたものでよろしいでしょうか。
   標識情報をお寄せいただければ幸いです。
   同じ日に「日光 ハセ川」の8.18と9.3の
     日付のある個体と、「スゲ ハセ川」の個体とが
ほぼ同じエリアに来たことになります。
  2) 本例はのっぺ山荘から200mほど離れた中綱湖畔で
     再捕獲しましたが、下記の記録では「のっぺ山荘」
  の項目に表示しておきます。
(注)のっぺ山荘のデータを含む2008年の移動調査記録に関しては、
     2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
    にまとめてあります。
 ●以上 筆者
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
長野県の自然旅行体験
群馬県の自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

栃木県日光湯本から長野県大町市中綱湖畔まで19日間で移動したアサギマダラを再捕獲した。[日光 ハセ川 9.3→SRS17841 NP 9/22。長野県]

■08年9月22日に、長野県の大町市で
 栃木県の日光湯本スキー場から移動した
 「渡り蝶アサギマダラ」を、再捕獲しました。
 日光湯本からの移動個体は、同じ日に2頭捕獲したことになります。
■以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■【再捕獲情報】「日光 ハセ川 9.3
  」 → 「SRS17841 NP 9/22」(長野県大町市のっぺ山荘)
 ●アサギMLの皆さん、長谷川さん、東京の栗田昌裕です。
 ●長野県大町市の「のっぺ山荘」で、
  日光湯本からと思われる再捕獲がありました。
 ●標識:日光 ハセ川 9.3
  性別:♂
 ●再捕獲日:2008年9月22日 14時40分
  再捕獲地:長野県大町市平 中綱湖畔
  再捕獲者:栗田昌裕
  備考:フジバカマに訪花。画像あり。
     「SRS17841 NP 9/22」と追記して放蝶。
 ●<備考>
  1)日光湯本スキー場からの移動個体と思われますが、
    標識情報をお寄せいただければ幸いです。
   長谷川順一さんの標識でよろしいでしょうか。
    同じ日に「日光 ハセ川」の8.18と9.3の日付のある
    2個体が来ました。前者は中綱湖畔、後者は「のっぺ山荘」
    で再捕獲しました。
  2)のっぺ山荘のデータを含む2008年の移動調査記録に関しては、
    以下にまとめてあります:
    2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
長野県の自然旅行体験
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

栃木県日光湯本から長野県大町市中綱湖畔まで西方に142kmを35日間で移動したアサギマダラを再捕獲した。[日光 ハセ川 8.18→SRS17713 NP 9/22。長野県]

■08年9月22日に、長野県の大町市で
 栃木県の日光湯本スキー場から移動した
 「渡り蝶アサギマダラ」を、再捕獲しました。
■以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■[asagi:013034] 【移動情報】栃木県日光市湯元スキー場8/18
   →長野県大町市平9/22
          (日光 ハセ川→SRS17713 NP)
 ●長谷川さん、アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
 ●[asagi:012985]の【再捕獲情報】に対して、
  長谷川さんから、[asagi:012986]の標識情報と
  「この個体は長谷川順一が栃木県日光市
  湯元スキー場・標高1520m・北緯36度48分18秒、
  東経139度25分0秒で、8月18日に標識した
  258頭の中の1頭です。
  今年はこれまで以上に頑張って2000頭余に標識しました」。
  とのメッセージをいただきましたので、移動情報を示します。
 ●移動情報
  栃木県日光市湯元スキー場8/18→長野県大町市平9/22
 (西方[西南西にやや近い]に142km移動。移動期間35日)
 ●標識:日光 ハセ川 8.18
  性別:♂
 ●標識日:2008年8月18日
  捕獲地:栃木県日光市湯元スキー場
  捕獲者:長谷川順一
   ↓
 ●再捕獲日:2008年9月22日 11時35分
  再捕獲地:長野県大町市平 中綱湖畔
  再捕獲者:栗田昌裕
  備考: フジバカマに訪花。画像あり。
      「SRS17713 NP 9/22」と追記して放蝶。
 ●<備考>
   のっぺ山荘から200mほど離れた中綱湖畔で
   再捕獲しましたが、下記の記録では「のっぺ山荘」
   の項目に表示しておきます。
  (注)のっぺ山荘のデータを含む2008年の移動調査記録に関しては、
    以下にまとめてあります:
  2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
長野県の自然旅行体験
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

宮城県蔵王山から長野県大町市「のっぺ山荘」まで21日間で移動したアサギマダラを再捕獲した。[MZAO あべ93 9/1→SRS17840 NP 9/22。長野県]

■08年9月22日に、長野県の大町市で
 宮城県の蔵王山から移動した「渡り蝶アサギマダラ」を、
 再捕獲しました。
■以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■【再捕獲情報】「MZAO あべ93 MZ93 9/1」
  → 「SRS17840 NP 9/22」(長野県のっぺ山荘)
●アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
 ●長野県大町市の「のっぺ山荘」で、
  蔵王からと思われる再捕獲がありました。
 ●標識:MZAO あべ93 MZ93 9/1
  性別:♂
 ●再捕獲日:2008年9月22日 14時25分
  再捕獲地:長野県大町市平 中綱湖畔「のっぺ山荘」
  再捕獲者:栗田昌裕
  備考: フジバカマに訪花。画像あり。
   「SRS17840 NP 9/22」と追記して放蝶。
 ●<備考>
  1)蔵王からの移動個体と思われますが、
    標識情報をお寄せいただければ幸いです。
   MZAOは宮城県の蔵王という意味でしょうか。
  2)本例は蔵王から「のっぺ山荘」への1例目
    の移動個体です(2008年において)。
  3)アサギマダラの移動個体のリストは
    筆者のHPの「2008年の移動調査記録」
    の頁に表示してあります:
  2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
長野県の自然旅行体験
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

福島県グランデコスキー場から筆者の標識したアサギマダラが群馬県の赤城自然園まで10日間で161km移動した。[SRS14707 9/3→AP298 9/13。福島県。デコ平。群馬県。デコ→赤城移動10例目]

■08年9月3日の福島県のグランデコスキー場で
 筆者が標識した「渡り蝶アサギマダラ」が、
 群馬県の赤城自然園で再捕獲されました。
 以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■[asagi:012967] 【移動情報】福島県グランデコ 9/3
   → 赤城自然園 9/13 (SRS14707→ AP298)
    「デコ→赤城」の10例目
 ●アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
  グランデコスキー場から赤城自然園への移動が分かりましたので、
  報告します。
 ●移動情報
  福島県グランデコスキー場 9/3 → 群馬県赤城自然園 9/13
  (南西方向に約161km移動、移動期間10日)
 ●標識:SRS 14707 デコ 9/3
  性別:♂
 ●標識日:2008年9月3日
  標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
     グランデコスキー場
  標識者:栗田昌裕
  備考:ヨツバヒヨドリに訪花。画像あり。
 ↓
 ●再捕獲日:2008年9月13日
  再捕獲地:群馬県渋川市赤城町赤城自然園
  再捕獲者:赤城自然園スタッフ(青木・永井[え])
  備考:フジバカマに訪花。画像あり。
  「AP298 9/13」を追記して放蝶。
 ●<備考>
  1)赤城自然園のHPから情報を得ました。
   9月11日から筆者の標識したSRSマーク個体の再捕獲が始まり、 
   9月13日にはSRSマークのアサギマダラを4頭
   再捕獲していただきました。  
  2)グランデコからの移動個体のリストは
   筆者のHPの「2008年の移動調査記録」の頁に表示してあります:
  2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
群馬県の自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

福島県グランデコスキー場から筆者の標識したアサギマダラが群馬県の赤城自然園まで37日間で161km移動した。[SRS3634 8/7→AP291 9/13。福島県。デコ平。群馬県。デコ→赤城移動9例目]

■08年8月7日の福島県のグランデコスキー場で
 筆者が標識した「渡り蝶アサギマダラ」が、
 群馬県の赤城自然園で再捕獲されました。
 以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■[asagi:012966] 【移動情報】福島県グランデコ 8/7
   → 赤城自然園 9/13 (SRS3634→ AP291) 
    「デコ→赤城」の9例目
 ●アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
  グランデコスキー場から赤城自然園への移動が分かりましたので、
  報告します。
 ●移動情報
  福島県グランデコスキー場 8/7 → 群馬県赤城自然園 9/13
  (南西方向に約161km移動、移動期間37日)
 ●標識:SRS 3634 デコ 8/7
  性別:♂
 ●標識日:2008年8月7日
  標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
     グランデコスキー場
  標識者:栗田昌裕
  備考:ヨツバヒヨドリに訪花。画像あり。
  ↓
 ●再捕獲日:2008年9月13日
  再捕獲地:群馬県渋川市赤城町赤城自然園
  再捕獲者:赤城自然園スタッフ(青木・永井[え])
  備考:フジバカマに訪花。画像あり。
  「AP291 9/13」を追記して放蝶。
 ●<備考>
  1)赤城自然園のHPから情報を得ました。
   9月11日から筆者の標識したSRSマーク個体の再捕獲が始まり、 
   9月13日にはSRSマークのアサギマダラを4頭
   再捕獲していただきました。  
  2)グランデコからの移動個体のリストは
   筆者のHPの「2008年の移動調査記録」の頁に表示してあります:
  2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
群馬県の自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

福島県グランデコスキー場から筆者の標識したアサギマダラが群馬県の赤城自然園まで12日間で161km移動した。[SRS13470 9/1→AP247 9/13。福島県。デコ平。群馬県。デコ→赤城移動8例目]

■08年9月1日の福島県のグランデコスキー場で
 筆者が標識した「渡り蝶アサギマダラ」が、
 群馬県の赤城自然園で再捕獲されました。
 以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■[asagi:012964] 【移動情報】福島県グランデコ 9/1
   → 赤城自然園 9/13 (SRS13470→ AP247)
     「デコ→赤城」の8例目
 ●アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
  グランデコスキー場から赤城自然園への移動が分かりましたので、
  報告します。
 ●移動情報
  福島県グランデコスキー場 9/1 → 群馬県赤城自然園 9/13
  (南西方向に約161km移動、移動期間12日)
 ●標識:SRS 13470 デコ 9/1
  性別:♂
 ●標識日:2008年9月1日
  標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
     グランデコスキー場
 ●標識者:栗田昌裕
  備考:ヨツバヒヨドリに訪花。画像あり。
 ↓
 ●再捕獲日:2008年9月13日14時20分
  再捕獲地:群馬県渋川市赤城町赤城自然園
  再捕獲者:赤城自然園スタッフ(岡本・内田)
  備考:フジバカマに訪花。画像あり。
   「AP247 9/13」を追記して放蝶。
 ●<備考>
 1)赤城自然園のHPから情報を得ました。
  9月11日から筆者の標識したSRSマーク個体の再捕獲が始まり、 
  9月13日にはSRSマークのアサギマダラを4頭
  再捕獲していただきました。  
 2)グランデコからの移動個体のリストは
  筆者のHPの「2008年の移動調査記録」の頁に表示してあります:
  2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
群馬県の自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

福島県グランデコスキー場から筆者の標識したアサギマダラが群馬県の赤城自然園まで36日間で161km移動した。[SRS8982 8/8→AP224 9/13。福島県。デコ平。群馬県。デコ→赤城移動7例目]

■08年8月8日の福島県のグランデコスキー場で
 筆者が標識した「渡り蝶アサギマダラ」が、
 群馬県の赤城自然園で再捕獲されました。
 以下はその概略です。アサギMLから引用します。
■[asagi:012960] 【移動情報】福島県グランデコ 8/8
  → 赤城自然園 9/13 (SRS8982→ AP224) 
   「デコ→赤城」の7例目
 ●グランデコスキー場から赤城自然園への移動が分かりましたので、
 ●報告します。
 ●移動情報
  福島県グランデコスキー場 8/8 → 群馬県赤城自然園 9/13
  (南西方向に約161km移動、移動期間36日)
 ●標識:SRS 8982 デコ 8/8
  性別:♂
 ●標識日:2008年8月8日
  標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
     グランデコスキー場
  標識者:栗田昌裕
  備考:ヨツバヒヨドリに訪花。画像あり。

 ●再捕獲日:2008年9月13日12時45分
  再捕獲地:群馬県渋川市赤城町赤城自然園
  再捕獲者:赤城自然園スタッフ(岡本・内田)
  備考:フジバカマに訪花。画像あり。
  「AP224 9/13」を追記して放蝶。
 ●<備考>
 1)赤城自然園のHPから情報を得ました。
   9月11日から筆者の標識したSRSマーク個体の再捕獲が始まり、 
   9月13日いnはSRSマークのアサギマダラを4頭
   再捕獲していただきました。  
  2)グランデコからの移動個体のリストは
    筆者のHPの「2008年の移動調査記録」の頁に表示してあります:
  2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ●以上 筆者
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
群馬県の自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。