アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分県姫島にて2010年5月16日、鹿児島県喜界島から移動してきたアサギマダラ(1♂)が再捕獲された。喜界島の蝶が姫島で見つかった2例目[キカイ T.H4/24-1 ト。姫島。喜界島]。

■2010年4月24日に鹿児島県喜界島で
 4月24日に放蝶されたアサギマダラが、
 5月16日に大分県姫島で再捕獲されました。
 これは過去に、「喜界島→姫島」と移動した
 アサギマダラとしては第2例目になります。
 以下、アサギマダラのメーリングリストに
 筆者が報告した記事を紹介します。
-------------------------------------------------------------
■[asagi:015783] 【再捕獲情報】喜界島(キカイ T.H 4/24-1 ト)→姫島 5/16

 濱川さん、福島さん、アサギマダラのMLの皆さん、姫島の皆さん、
           東京の栗田です。

 姫島にて再捕獲がありましたので、御報告いたします。

■【再捕獲情報】
標識:キカイ T.H 4/24-1 ト
性別:♂  
再捕獲日時:2009年5月16日14:00
再捕獲地:大分県東国東郡姫島村みつけ海岸
再捕獲者:木野村孝、中城信三郎
備考:スナビキソウに訪花中。
   撮影後放蝶。

<コメント>
 1)濱川孝久さんが放蝶された個体でしょうか?
 2)今年の姫島のアサギマダラの飛来は例年よりやや
   遅れている印象があります(そもそもがやや変則
   的なために、比較が難しいというのが適切かもし
   れません)。
 3)筆者の関わったアサギマダラの移動状況は
   筆者のHPの「2010年の移動調査記録」
   の箇所で(必要に応じて過去にさかのぼることも含めて)
   探し出せます:
 2009年のアサギマダラ移動調査報告
 以上  栗田昌裕
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
●SRS研究所[SRS速読法・能力開発法指導]
 SRS研究所の公式HP[SRS速読法・SRS能力開発法指導]
<参考HP>
2009年のアサギマダラ移動調査報告(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
三ヶ根山のアサギマダラ・自然旅行体験
喜界島の自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→
スポンサーサイト

高知県室戸岬にて2010年5月2日アサギマダラ(1♀)を目撃・撮影した。春の北上の時期に奇跡的にアサギマダラに遭遇した。しかも、これは2度目の不思議な出会い。

■2010年5月2日に、高知県の室戸岬の先端にある最御崎寺にて、
 アサギマダラを目撃して、撮影しました。アサギマダラはこの時期には
 北上の旅をする頃ですが、2010年のこの時点までは、
 四国でアサギマダラが目撃された例は皆無でした。
 したがって、たまたまの旅先で出会うのは稀な出来事ですが、
 実は、2年前にも、6月にこの寺でアサギマダラとの不思議な出会いを
 体験しているので、ますます不思議な印象を持つこととなりました。
 以下、アサギマダラのメーリングリストに筆者が報告した記事を紹介します。
-------------------------------------------------------------
■ [asagi:015774] 【目撃情報】
 高知県室戸岬にて5月2日アサギマダラ(1♀)を目撃・撮影

■アサギマダラのMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
■2010年5月2日に、高知県の室戸岬にある最御崎寺の境内にて、
 アサギマダラ(♀)を目撃しました。
 たまたま家族で旅行をしていて、アサギマダラが飛んで来て、
 家内と子供の周囲を飛び回った後、イタドリの葉に止まった
 ところを子供が撮影をしました。
 破損のない比較的新鮮と思われる♀でした。
 その後、いったん見えなくなって後、私が合流して数分後に、
 再度飛来したので、今度は私が撮影をしました
 (100%の確度ではありませんが、
 時期的に稀なことから同一個体と推定しています)。
 2度目のときには、林の一定範囲を、不規則な仕方で
 飛び回っていたので、近くに食草があるのではないかと
 思ってよく眺めたところ、飛んでいたエリアのほぼ中央の日陰の
 林縁にキジョランが伸びていました。キジョランには特徴的な円形の
 食痕を数多く認めましたが、ざっと眺めたところでは、
 卵や幼虫は確認できませんでした。
 先を急いでいたので、直接的な産卵行動は確認することができ
 ませんでしたが、産卵に来た可能性があると考えました。
 
■2008年6月29日にも、同寺で偶然に出会ったことがあります。
 そのときの記事は、以下のブログに記載してあります:
 http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1659.html
 この出来事を考慮すると、今の時期(5月上旬)に産卵されたものが、
 6月下旬頃に羽化することがあり得ると思いました。

■注。大分県姫島では、5月末の北上移動の個体群が飛来すると
 キジョランに産卵することが確認されています。
 なお、2010年にはまだ姫島でのアサギマダラの飛来は確認
 されていません(島で越冬した蛹はいますが)。 

■今回の個体が、北上個体なのか、同所で越冬羽化した個体なのか
 は不明です。しかし、一見翅が新鮮に見えることから、同所で
 越冬し、羽化した個体ではないかと推測しました。

■室戸岬あたりでの越冬の様子をご存じの方、ご教示いただけると
 幸いです。四国の他の地域ではいかがでしょうか。

■個人的には、過去2回だけ、いずれも春期にこの寺を訪れましたが、
 2回ともアサギマダラに「向こうから訪れるようにして」出会った
 ことは不思議な気がしています。

<コメント>
  筆者の関わったアサギマダラの移動状況は
  筆者のHPの以下の頁から
 (必要に応じて過去にさかのぼることも含めて)探し出せます:
 2009年のアサギマダラ移動調査報告
 以上  栗田昌裕
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
●SRS研究所[SRS速読法・能力開発法指導]
 SRS研究所の公式HP[SRS速読法・SRS能力開発法指導]
<参考HP>
2009年のアサギマダラ移動調査報告(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
三ヶ根山のアサギマダラ・自然旅行体験
喜界島の自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。