アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサギマダラによく遭遇する住用川の流域を神屋から眺める(奄美大島。07年5月3日)

■住用川は奄美大島の代表的な川の一つ。
写真はその下流の様子を示すもの。
神屋の発電所の近くから東の方向を眺めたもの。
山裾を越えて広がる大空を映し出すとうとうとした流れを見ていると、
心も伸び伸びと広がっていくようだ。
■このあたりの林縁にはなぜかアサギマダラが多い。
左前方には三太郎峠がある。
アサギマダラが多い理由は、食草であるサクラランや、
誘引植物であるヤマヒヨドリバナ、ムラサキカッコウアザミ、ツワブキなどが
整っているからであろう。しかし、それとは別に、
アサギマダラが好む特殊な地形条件や気象条件が備わっているように感じられる。
住用川
[070503]鹿児島県奄美市住用町神屋。奄美大島。
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
奄美大島の自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1047-e623bbde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。