アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筆者の「アサギマダラ観察会」ではアサギマダラが元気なことを確認しながら放蝶する [079812。デコ平]

■前項では、グランデコホテル主催で、
07年8月12日に行われた「アサギマダラ観察会」の紹介をしました。
■筆者がアサギマダラ観察会で指導するときには、
マーキングをして放蝶するときに、
そのアサギマダラが「どの程度元気かどうか」を
数量的に評価しながら蝶を放つことを教えます。
■写真の上半分は、参加者が筆者のマーキング(標識)を熱心に眺めている様子。
写真の下半分は、筆者が元気さを評価しながら放蝶した直後の参加者の様子。
下の写真では、左の方で筆者が放ったアサギマダラが、
右端の男性の後方にあるネットの場所にまで飛んでいることに注目してください。
参加者は、私の手元で放されたところは確認できたが、
そこから先に飛んでいるアサギマダラは見えていないようです(目線がずれている)。
ちなみに「元気さ」は放蝶したときに、どの程度落下するかで判断します。
■このような観察を通して、参加者には、
「アサギマダラが元気に飛んでいけるように優しく扱いましょう」と、
強調しています。
放蝶の様子
[070812]福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山 グランデコスキー場(グランデコスノーリゾート)。デコ平。ゴンドラ駅。標高1390m。
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
2007年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1114-fc0f0a3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。