アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野県大町市での1日目はアサギマダラの608頭に標識。雌は9頭で1.5% [070913。SRT1-608。SRT600の画像。のっぺ累積608頭。長野。白馬山麓。のっぺ]

■長野県大町市の中綱湖畔の「のっぺ山荘」では、07年9月13日、
一日で合計608頭のアサギマダラに標識することができた。
すべて植えられたフジバカマに集まって来た個体である。
SRT1からSRT608が、この日にマーキングした個体の番号である。
そのうち雌は9頭で1.5%であった(交尾例はなし)。
■この日は天候に恵まれ、終日快晴だった(天気予報では崩れることも予想されていた)。
気温は25°から28°で、
昼間はアサギマダラにとっては高すぎる温度だったが、
朝や夕方は活動しやすい温度であった。
「のっぺ山荘」の古川さんによれば、
前日にみかけ上1500頭くらいに増えたとのことだった。
■この日は、古い個体は0例、中古の個体は2例を見た。
大半が、新しい個体であった。
■600頭を標識しても、
夕方の段階で未標識個体は明らかにその5倍以上はいたので(比率から推定)、
3000頭はのっぺ山荘の周囲にいると推定された。
明日天気がよければ、よりはっきりした推定ができる。
■本日の様子から見ると、中部山岳地帯でのアサギマダラの頭数は、
「例年より少ない」とは言えない印象であった。
のっぺ山荘は例年9月中旬にアサギマダラ飛来のピークを迎える。
2007年は9月12-13日が、飛来の第一波であると言ってよいであろう。
この日に来ていた個体は、比較的近いエリアから
南下移動のために集まって来た個体と考えられる。
■写真はSRT600。雄個体である。
SRT600
[070913]長野県大町市平 中綱湖畔。のっぺ山荘。
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
2007年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1139-857666ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。