アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランデコの22日目は快晴でアサギマダラの512頭に標識。雌は23頭で4.5% [070825。SRS6895-7406。SRS7400の画像。デコ累積5141頭]

■裏磐梯のグランデコスキー場のゲレンデでは、07年8月25日、
一日で合計512頭のアサギマダラに標識することができた。
SRS6895からSRS7406が、この日にマーキングした個体の番号である。
そのうち雌は23頭で、交尾例はそのうちの0例だった。
(累積559例となった雌のうち交尾例は8例となり、1.43%に該当する)。
グランデコでの標識個体の合計は5141頭となった。
■この日の天候は前日同様、終日快晴であった。
前日は道路上を徘徊する例が多かったが、今日は1例だけそれが見られた。
地面に止まって舐めている個体はそれらしい例を見たが前日のように明確ではなかった。
ネットに寄って来る個体はなかった。
チェイスをしている例もあったが、前日ほど多くはなかった。
■この日は、古い個体は0例だった。この日までの古い個体は23例で、
累積5141例のうちの23例で、0.45%である。
中古の個体も0例だった。その累積は19頭で、
「古+中古」例の合計は42頭で、5141例の中では0.82%となる。
すなわち、古い印象を与える個体は1%以下である。
逆に見れば、99%以上が、新しい個体と言える。
■前日の標識個体のうち同所自己再捕獲したのは8頭。
2日以上前に標識した個体の自己再捕獲も含めると、
自己再捕獲例は512頭のうちの90例となった。
これらの数字を用いると、昨日までのゲレンデの個体数の推定値は、
約26000から33000頭程度となる。
前日同様に見かけの個体数は多いが、3万頭を大きく超えていないことは、
実質の個体数は増えていないことを示唆していると思われた。
■写真はSRS7400。雄個体である。
SRS7400
[070825]福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山 グランデコスキー場(グランデコスノーリゾート)。デコ平。
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
2007年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1161-496e9910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。