fc2ブログ

アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

沖縄の11月中旬はそろそろツワブキが開花していたがアサギマダラはまだヒヨドリバナで吸蜜していた [071116。沖縄。ツワブキ画像]

■ツワブキは山菜としても利用するキク科植物。
開花は秋ですが、アサギマダラが最後に利用する植物でもあります。
沖縄では秋の半ばはヒヨドリバナがアサギマダラの主要な吸蜜植物と思われますが、
ヒヨドリバナの開花がピークを過ぎると、
ツワブキの時期が来ます。
06年には11月16日はすでにヒヨドリバナの開花のピークが過ぎていたので、
ツワブキで吸蜜する姿が観察されました。
しかし、07年には11月16日はヒヨドリバナは
まだ開花のピークの少し前くらいで、
ツワブキはやっと咲いたところでした。
07年の方が、同じ11月16日でも、
冬への近接度が06年より少ないのです。
毎年観察していると、そんな小さな違いも興味深く思えてきます。
■ちなみに、ツワブキは、島ごとに印象が少しずつ違うように思います。
沖縄のツワブキは、花弁がやや小さく、花の色が濃いように思います。
そして、花が空間的に球面をなすように配置される度合いが
強いように思います。
ただし、これは筆者が一部分だけを見てそう判断している可能性があります。
ツワブキ
[071116] 沖縄県本部半島。
■沖縄のツワブキとアサギマダラの画像は以下の記事で見られます:
 ●06.11/26「ツワブキに止まる3頭のアサギマダラ」
 http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-908.html
■キク科ツワブキ属ツワブキ。学名Farfugium japonicum。
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
沖縄の自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
 http://www.srs21.com/3d_insect/watarichou/2006_data.htm
2007年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
SRS植物図鑑
3D植物園(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1240-6a92d3b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)