アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白衣観音は観音山から高崎市周辺の山々を眺めている [080301。群馬。3D仏像]

■上越新幹線に乗って高崎駅にさしかかると、
 高崎市の西方の山の上に丈の高い観音像を見ることができる。
 これが観音山の高崎白衣観音(または、高崎白衣大観音)である。
■筆者が訪れた日は、晴れ渡っているが風が強く、
 観音の北の空の白雲がどんどんと東方に流れていた。
■周囲は野鳥も多い自然豊かな土地である。
■下の写真はクロス法で立体視をすることができる。
白衣観音
[080301] 群馬県高崎市石原町2710-1。
-------------------------------------------------------------
■百衣観音の建立は昭和11年10月。
 建立者は井上保三郎氏。
 原型彫刻は森村西三氏。
 高さ41。8m。重量5985トン。
 その内部は階段で上ることができる。
 途中に配置してある仏像は、体内佛(仏)と呼ばれる。
 1階には普賢菩薩。大日如来。文殊菩薩。妙見菩薩。
 閻魔大王。虚空像菩薩。地蔵菩薩。
 3階には鬼子母神。阿弥陀如来。
 5階飯綱大権現。摩利支天。6階日蓮上人。
 7階弘法大師、不動明王、愛染明王、三宝荒神。
 8階聖徳太子。9階馬頭観音、釈迦如来、白衣観音。
 9階が、観音像の肩の高さに当たる。
-------------------------------------------------------------
■白衣観音の一般的な知識は以下の記事を参照してください:
08.07/30「白衣観音とは何ですか (1)簡単な説明
 [080730。3D仏像。画像処理]」
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1771.html
-------------------------------------------------------------
■能力開発、眼力開発における3D立体視訓練の意義や方法に関しては、
 SRS研究所のHPにある著者一覧の中にある
 3D写真シリーズを参考にしてください。
 http://www.srs21.com/books/index.htm
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
群馬県の自然旅行体験(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1295-d6f0c190
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。