fc2ブログ

アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

白衣観音は三十三観音の一つ---高崎白衣大観音を足下から見上げる--- [080301。群馬。3D仏像]

■前項で紹介した高崎市の白衣観音像を足下から見上げたところを下の画像に示します。
■下の写真は前項と違ってパラレル法で立体視をすることができます。
白衣観音(2)
[080301] 群馬県高崎市石原町2710-1(所在地)。
-------------------------------------------------------------
■「白衣観音の白衣は悟りを求める清らかな心を表す。
 息災・除病・安産・育児の本尊として信仰されている」
 と説明されています。その真言は
 オン シベイテイ シベイテイ ハンダラ バシニソワカ。
 白衣観音は「びゃくえかんのん」と読みます。
■観音信仰は日本にもっとも広く深く浸透した文化の一様式と思われます。
 観音は、観世音、観自在菩薩とも呼ばれます。
 サンスクリット語では「アヴァローキテーシュヴァラ」がこれに対応しています。
 般若心経の冒頭に出て来るのが観自在菩薩。
■中国では六観音を信仰するという考え方が生まれ、
 それが日本でも受け入れられました。
 六観音とは、一般には、
 聖観音、千手観音、十一面観音、如意輪観音、馬頭観音、准胝観音(または不空羂索観音)を言います。
 白衣観音はそこには含まれていません。
 観音信仰は大変人気があったので、中国ではどんどん仲間が増えて、
 三十三観音が成立しました。白衣観音はその中に含まれています。
 曼荼羅にも描かれており、中国では広く信仰されて来たと言われ、
 優雅で女性的な姿で知られています。
-------------------------------------------------------------
■白衣観音については以下も参照ください。
08.07/30「白衣観音とは何ですか (1)簡単な説明
 [080730。3D仏像。画像処理]」
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1771.html
-------------------------------------------------------------
■能力開発、眼力開発における3D立体視訓練の意義や方法に関しては、
 SRS研究所のHPにある著者一覧の中にある
 3D写真シリーズを参考にしてください。
 http://www.srs21.com/books/index.htm
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
群馬県の自然旅行体験(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1296-612917ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)