アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十一面観音は頭頂部に上1+前3+左3+右3+裏1=11面の顔がある・・・駒込の大観音の画像例 [080302。東京。3D仏像]

■写真は東京都文京区にある駒込大観音の頭部を撮影したもの。
 駒込大観音の概略は前項で述べました。
■この写真はクロス法で立体視ができます。
駒込大観音2
[080302] 東京都文京区向丘2-38-22。浄土宗光源寺(駒込大観音)。
-------------------------------------------------------------
■十一面観音は、観音菩薩の変化した姿の一つで、
 六観音の一つに含まれます。
 六観音の中では、修羅道で迷う衆生を救うもの
 と見なされています。
 像としては唐の玄奘訳の「十一面神咒心経」を 
 もとにして中国、日本で多く造られたと言われます。
 本体の顔とは別に頭頂に11の顔があるのが特徴です。
 頭頂の中央は正面に向かって仏面、
 その下の正面には3つの菩薩面、
 左側(向かって右)には3つの瞋怒面、
 右側(向かって左)には3つの狗牙上出面、
 裏側に1つの大笑面があり、
 それらを乗せる本体の頭と併せて11の顔を持ちます。
 上記の教典によれば、右手は垂下して数珠を持ち、
 左手には紅蓮を挿した花瓶を持つとされます。
 真言宗豊山派総本山の長谷寺の本尊の十一面観音像は、
 左手は通常通りですが、右手には大錫杖を持っています。
 この方式は「長谷寺式十一面観音」と呼ばれます。
 駒込大観音もこの様式に従っています。
 真言は金剛界では、オン・ロケイジバラ・キリク、
 胎蔵界では、オン・マカキャロニキャ・ソワカ。
-------------------------------------------------------------
■能力開発、眼力開発における3D立体視訓練の意義や方法に関しては、
 SRS研究所のHPにある著書一覧の中にある
 3D写真シリーズを参考にしてください。
 http://www.srs21.com/books/index.htm
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
東京の自然旅行体験(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1313-a744c9de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。