アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良の喜光寺の観自在菩薩(聖観音)を立体視する(No.1。クロス法) 。阿弥陀三尊の優しい表情をした脇侍。[080316。奈良。3D仏像。画像処理]

■奈良の喜光寺には阿弥陀如来を中心とする三尊像があります。
 その中央にある阿弥陀如来は以下の2つの記事ですでに紹介しました:
1385番 08.04/04■「奈良の喜光寺の阿弥陀如来を立体視する
(No.1。クロス法) 。[080316。奈良。3D仏像。画像処理]」
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1385.html
1386番 08.04/04■「奈良の喜光寺の阿弥陀如来を立体視する
(No.2。パラレル法) 。[080316。奈良。3D仏像。画像処理]」
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1386.html
■ここでは、阿弥陀如来の向かって左に位置する
 脇侍としての観自在菩薩の像を立体視してみましょう。
 これらは平安時代後期に作られた木製の像で、
 国の重要文化財に指定されています。
 勢至菩薩に比べて、まぶたのあたりの金箔の残り具合がよいので、
 口元と併せて穏やかで優しい表情であることがよく分かります。
■写真は画像処理が施されています。
 クロス法で立体視ができます。
観自在菩薩
 [080316]奈良県奈良市管原町。喜光寺。観自在菩薩。
-------------------------------------------------------------
■喜光寺は、行基が創建した古い寺です。
 創建は715年(霊亀元年)または721年(養老5年)。
■阿弥陀如来は三尊形式を取ることが少なくありません。
 その場合は、向かって左脇に苦しみを取り除く慈悲の働きを表す観音菩薩、
 右脇にはこの世の迷いから離れる智恵を授ける勢至菩薩を配置します。
■観自在菩薩はいろいろな形をとりますが、
 ここにあるのはその基本の形である聖(しょう)観音菩薩と考えられます。
 印相は勢至菩薩と同様で、施無畏印と与願印ですが、
 左右が逆になっています。
 真言は「オンアロリキャソワカ」。
-------------------------------------------------------------
■能力開発、眼力開発における3D立体視訓練の意義や方法に関しては、
 SRS研究所のHPにある著書一覧の中にある
 3D写真シリーズを参考にしてください。
 http://www.srs21.com/books/index.htm
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
3D仏像集(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1415-ec03381e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。