アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本堂脇の紫陽花の群落の中にたたむず観音菩薩を立体視する[No.1。クロス法]。泰寧寺の種子「さ」の上に立つ聖観音。[080411。群馬。3D仏像。画像処理] 

■写真は群馬県の泰寧寺の本堂脇の茂みの中に立つ観音菩薩の立像です。
 左手には蓮を持ち、右手は自然に下に垂らしています。
 頭に「阿弥陀如来の化仏」がついていますので、これと左手の蓮とから、
 観世音菩薩であることが分かります。
 この像の場合は、足下の石に、聖観音を示す「さ」と読む種字
 (梵字で示す尊格の種類)が記されています。
 観音菩薩の手前には枯れた紫陽花が茂っています。
 おそらく初夏には美しい紫陽花の中にたたずんでいるのでしょう。
 クロス法で立体視をしてみましょう。
■写真は画像処理が施されています。
 クロス法で立体視ができます。
観音菩薩
 [080411] 群馬県利根郡みなかみ町須川98。曹洞宗泰寧寺。
-------------------------------------------------------------
■能力開発、眼力開発における3D立体視訓練の意義や方法に関しては、
 SRS研究所のHPとにある著書一覧の中にある
 3D写真シリーズを参考にしてください。
 http://www.srs21.com/books/index.htm
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
群馬県の自然旅行体験(SRS研究所)
3D仏像集(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1441-9a3d74bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。