アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日新聞の取材を受け「アサギマダラ:飛来ピーク ロマン追い、人も舞う--姫島 /大分」というタイトルの記事が掲載された [080526取材。080528掲載。大分県姫島]

■大分県東国東郡の姫島は、アサギマダラが移動する際の
 中継地として知られています。筆者はSRS研究所の課題として、
 この島に、2005年5月以来、定期的に訪れてアサギマダラの
 移動に関する調査をしています。
■08年5月26日には、姫島にて、毎日新聞の取材を受けました。
 その内容が5月28日に、毎日新聞の地方版に掲載されました。
 以下、その記事の内容をインターネット版から引用します:

■「『アサギマダラ:飛来ピーク ロマン追い、人も舞う--姫島 /大分』
 ●列島を大移動するチョウ「アサギマダラ」の飛来がピークとなっている姫島(姫島村)。この時期に合わせ、住民の環境保護活動や研究者の観察なども活発となり、人も飛び回っている。
 ●26日午前6時過ぎ、霧が立ちこめる姫島北部の海岸で、「アサギマダラを守る会」の中城信三郎会長(72)が、チョウの飛来に目をこらす。この日はスナビキソウの上を、最大で約2000匹が舞った。
 ●05年11月に結成した同会は、アサギマダラが好むスナビキソウやフジバカマの育成・保護に取り組む。中城さんは「雑草取りなどが大変だが、環境を守り、多くの人に見てほしい」と話す。シーズン中は、県内外から来る観光客たちへの説明に忙しい。
 ●生態に謎が多いため、研究者も足を運ぶ。医師で群馬パース大教授の栗田昌裕さん(56)=東京都=は23~26日、羽に捕獲場所や時期などを記す「マーキング」を約1800匹に行った。別の場所で捕獲されれば、移動経路などの解明に役立つ。栗田さんは「地球温暖化が渡りに与える影響などに関心があります」。
 ●中城さんによると、姫島でマーキングされたアサギマダラは、直線距離で約1360キロの沖縄・竹富島や、約640キロの能登半島などで見つかっている。姫島小児童もマーキングに取り組んでおり、中城さんは「どこまで飛ぶか、ロマンのあるチョウです」と話した。【小畑英介】
 以上、毎日新聞 2008年5月28日 地方版」

■「姫島のアサギマダラを守る会」顧問 栗田昌裕・記。
---------------------------------------
■[080526] 大分県東国東郡姫島村。
----------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年のアサギマダラの動向は直下の頁をごらんください:
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
本例の記録もそこの表にまとめてあります。
姫島の自然旅行体験(SRS研究所)
姫島のアサギマダラを守る会の紹介
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1545-7a697fa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。