アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分県姫島から石川県志賀町までアサギマダラが約587kmを9日間で移動した。08年の姫島からの北上移動の第2例目。[080523→080601。姫島。石川県]

■08年5月23日に、大分県姫島で筆者が標識(マーキング)を行った
 アサギマダラが、9日後に、宇野弘子さんによって
 587km離れた石川県志賀町大島海岸で
 (能登半島の中央からやや基部に近い西側)で再捕獲されました。
■そのアサギマダラの姫島での放蝶時の写真画像を下に示します。
アサギ姫島から石川県

[080523] 上は大分県東国東郡姫島村みつけ海岸での、SRS717の放蝶時の画像。
■上記のアサギマダラの再捕獲した時の画像を下に示します。
 これは再捕獲された宇野さんによって撮影されたものです。
SRS717 再捕獲

[080601] 上は石川県志賀町大島海岸で再捕獲されたSRS717の画像。
--------------------------------------------
以下は、アサギマダラのメーリングリスト(アサギML)
に報告した内容の概略です。
■[asagi:012702] 【移動情報】姫島 5/23
   → 石川県志賀町 6/1 (SRS717 →うの)♂
 ●松井正人さんより、姫島発の「SRS ヒメ」個体の
 再捕獲情報をいただきましたので
(←[asagi:012701] 【再捕獲情報】 ヒメ SRS 5/23 717)
 その情報をもとに、移動情報を示します。
 ●移動情報
  大分県姫島 5/23 → 石川県志賀町 6/1
 (移動方向 北東。移動距離 約587km。移動期間 9日間)
 ●標識:SRS ヒメ 717 5/23
  性別:♂ 前翅長:51mm
 ●標識地:大分県東国東郡姫島村(姫島)みつけ海岸
  標識日:2008年5月23日
  標識者:栗田昌裕
  備 考:スナビキソウにて吸蜜。画像あり。
       破損なし。鮮度上の下。翅の辺縁白毛6割残存。
       腹部横径 正常よりやや大(私的基準による)。
  ↓
 ●再捕獲地:石川県羽咋郡志賀町大島海岸
  再捕獲日:2008年6月1日10時30分頃
  再捕獲者:宇野弘子
  備考  :鮮度 新鮮から並み。
       晴れ、気温高め、風海側より陸方向へ若干強めの風あり。
       スナビキソウに吸蜜中を捕獲
       右翅に『6/1石川うの』を追記し放蝶
       カーナビによる緯度経度は、N36-58-5 E136-46-19
 ●<コメント>
  1)本例は、2008年に姫島から北上して再捕獲された
    第二例となりました。
  2)過去数年の例を見ると、「姫島→能登半島」という
    方向は、姫島からの移動の基本的な方向になって
    いるように見えます。本年の姫島からの北上第一例も
    鳥取市岩戸で再捕獲されましたが、 
    この方向に乗っています。過去の例と引き比べて見ると、
    単なる偶然でこの方向に飛んでいるようには見えません。
    これはアサギマダラがどのような「衝動」に駆られて
    移動しているかを考える上でかなり重要な側面ではない
    かと思われます。 
  3)本例も、姫島→鳥取市岩手に渡った
   「姫島からの北上第一例」も、いずれも、2008年の第一
    の大きな波に属しています(5/23~26)。
    これは「個体数が多いグループの個体は再捕獲されやすい」
    という(確率的にみれば当然とも言えるかもしれない)一般
    的なルールにのっとっているように見えます。
  4)姫島からの放蝶例は、現在、
    3326例(筆者)+700例以上(中城さん)+
    130例以上(姫島小学校生徒)
    =4156例以上
    となっています。再捕獲をよろしくお願いいたします。
  5)本日(6月2日)は終日雨だったそうですが、中城さんの
    お話によると、海岸では400頭くらいは観察されたそうです。
    また中城さんのご自宅では終日40頭くらいのアサギマダラが
    見られたとのこと(6月1日はもう少し多く、500頭以上、
    観察されました)。5月31日には、筆者の再捕獲に基く推定で
    は海岸のスナビキソウ群落の周辺に約1000頭はいたことが
    推測されました。 
  6)すでに08年の移動の大きなピークは過ぎたのではないか、と
    考えていますが、姫島からはまだまだ多くのアサギマダラが飛
    び立っていくことと思います。
 ●以上、「姫島のアサギマダラを守る会」 栗田昌裕・記
--------------------------------------------
■<08年6月4日の追記> 
 再捕獲の画像は6月4日に宇野弘子さんから松井正人さんを
 経由して送っていただきました。
 そこで改めて、翅の放蝶時と再捕獲時の状態を比較することが
 できました:
 1)再捕獲時には左後翅に小さい破損が二箇所あります。
 2)再捕獲時には、翅の辺縁白毛が摩耗しています。
   これは拡大すると分かりやすいのですが、
   前翅の外側の前方よりの白毛が出発時は
   「翅の辺縁白毛6割残存」だったのが、再捕獲時には
   「4割残存」程度に減っています。
 3)再捕獲時には、翅の裏面全体の鱗粉がうっすらと剥落
   しているのが見てとれます。翅脈部分の鱗粉の剥落は
   出発時から見られたので、「上の下」という判断をした
   ケースですが、再捕獲時の画像を報告後にいただいて
   比較して見ると、翅脈の周辺ではない領域での剥落も
   進みましたので、鮮度は一段階落ちたと言えると思います。
 以上から、このケースは鮮度が1ランク落ちており、
 9日間で「500km移動した」状況にふさわしい
 変化が起きた例であると考えられました。
--------------------------------------------
■姫島から鳥取市に移動した「姫島からの北上第一例」の記事は
 以下に記載してあります。
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1551.html
--------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
--------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年のアサギマダラの動向は直下の頁をごらんください:
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
本例の記録もそこの表にまとめてあります。
姫島の自然旅行体験(SRS研究所)
姫島のアサギマダラを守る会の紹介
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1555-98708c5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。