アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫島の模様が08年5月28日のYahoo Japan! ニュースでも配信された---同日の毎日新聞から配信された記事 [080528]

■08年5月26日、大分県姫島で、毎日新聞の取材を受けました。
 その内容はすでに紹介した以下の記事で5月28日に掲載されました。
●「毎日新聞の取材を受け「アサギマダラ:飛来ピーク 
 ロマン追い、人も舞う--姫島 /大分」
 というタイトルの記事が掲載された
 [080526取材。080528掲載。大分県姫島]
 http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1545.html
●そのときの記者による類似の記事がYahoo Japanan!
 のニュースでも紹介されました。以下それを引用します:
■<アサギマダラ>憩う島 大分・姫島で飛来最盛期 蜜求め乱れ飛ぶ
 ---5月28日14時58分配信 毎日新聞---
 ●スナビキソウの上を飛び交うアサギマダラ
 ●1000キロを超えて大移動する渡りのチョウ
  「アサギマダラ」の飛来が、大分県国東半島沖の
   姫島(姫島村)で最盛期を迎えた。
 ●アサギマダラは年2回渡りをする習性があり、
  日本列島を春に北上、秋に南下する。
 ●数千匹が集まる姫島は国内有数の大規模中継地だ。
  島北部の、みつけ海岸にあるスナビキソウの群生地では、
  早朝から蜜(みつ)を求めて乱れ飛んでいる。
 ●姫島村によると、飛来は今月初旬に始まり、
  多い時は2000匹を超える。来月初旬まで徐々に
  北上していくという。【小畑英介、写真も】
asagi

画像は、小畑英介記者により5月26日に撮影されたもの。
筆者もこの場所にいて、マーキングを行っていました。
--------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
--------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年のアサギマダラの動向は直下の頁をごらんください:
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
本例の記録もそこの表にまとめてあります。
姫島の自然旅行体験(SRS研究所)
姫島のアサギマダラを守る会の紹介
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1556-ffae331c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。