アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本海新聞に「鳥取も北上ルートか 海を渡るチョウ アサギマダラ」という記事が掲載された。筆者への取材記事の引用。[080605。姫島]

■08年6月4日、
 大分県姫島で筆者が5月26日に標識・放蝶し、
 鳥取市岩戸にて杉浦氏によって5月31日に
 再捕獲され、約314km移動したアサギマダラに関して、
 日本海新聞のN記者から、電話取材があったことを以下の記事で述べました:
   「日本海新聞から『姫島 5/26→鳥取市 5/31』と
    5日間で約314km移動したアサギマダラの例に関して、
    取材を受ける [080604。姫島]」
   http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1561.html
■その元になったのは以下の記事です:
   「大分県姫島から鳥取市までアサギマダラが
    314kmを5日間で移動した。
    移動前後の画像比較ができる例。
    300kmを飛んでも鮮度はあまり変わっていない
    貴重な例。[080526→080531。姫島。鳥取県]」
   http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1551.html
■その記事は翌日の08年6月5日に掲載されました。
 以下、インターネット版の記事から、引用掲載します。
 画像は、筆者の上の記事に示したものと同一ですが、再掲しておきます。

----以下は引用記事------------------------------------
■「鳥取も北上ルートか 海を渡るチョウ アサギマダラ」
 ●アサギマダラ マダラチョウ科に属し、渡りをする習性がある。春に沖縄近辺から九州を経て本州を北上し、世代交代をして、秋には南下して沖縄で越冬する。あさぎ色のまだら模様が特徴。長距離移動をする生態は未解明の部分が多い。オスはスナビキソウの花にのみ群がり、大分県国東半島沖の姫島は春移動の中継地として知られている。鳥取県内は大山で秋に見ることができる。 海を渡るチョウとして知られるアサギマダラが、春移動で日本列島を北上している。鳥取市内で五月三十一日、大分県から飛来したアサギマダラが初めて確認された。アサギマダラの研究家は、謎に包まれている北上ルートを解明する貴重な手掛かりとして関心を寄せている。
 ●アサギマダラの再捕獲に成功したのは鳥取昆虫同好会に所属する杉本博美さん(66)=倉吉市駄経寺町二丁目=。杉本さんは二年前、鳥取市福部町岩戸の海岸でアサギマダラの群れを発見した。以来、五月下旬から六月上旬かけて、チョウの羽に油性ペンで情報記載するマーキングをして、移動経路の追跡調査をしている。
 ●今年も渡りの時期になった五月三十一日、スナビキソウに訪花していたアサギマダラを捕獲したら、既に「ヒメ」などのマーキングがあった。記載内容から、中継地の姫島(大分県)でアサギマダラのマーキングをしている群馬パース大学の栗田昌裕教授が、二千八百五十匹放した中の一匹。同二十六日に姫島から放チョウされ、五日間で北東方向に約三百十四キロを移動したことが判明した。
 ●アサギマダラは春に北上、秋に南下するが、春はデータが乏しくルートも解明されていない。栗田教授は「今年は石川県でも再捕獲されており、鳥取と結べばアサギマダラが北東方向を基本に飛んでいることが分かる。また、一日六十キロ以上と飛ぶスピードが速く、羽の破損がほとんどなかったことも注目される。大変示唆に富むデータが得られた」と杉本さんの発見を高く評価。杉本さんは「初めてマーキングのアサギマダラを見つけて興奮した。私のマーキングもどこかで発見されることを期待したい」と話している。
■以下は、新聞に掲載された写真:
アサギSRS818

 ↑姫島でマーキングされ、春移動中のアサギマダラ=5月31日、鳥取市福部町
-----以上は引用記事-----------------------------------------

■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
----------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年のアサギマダラの動向は直下の頁をごらんください:
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
本例の記録もそこの表にまとめてあります。
姫島の自然旅行体験(SRS研究所)
姫島のアサギマダラを守る会の紹介
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1570-b57aaed1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。