アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥勒菩薩を立体視する(No.2。パラレル法) 。徳島県の温泉山・安楽寺にある弥勒菩薩の半跏像。[080503。四国八十八箇所。3D仏像。画像処理]

■前項では、徳島県にある四国の八十八箇所の第六番目の札所の
 温泉山・安楽寺の弥勒菩薩の像を
 クロス法で立体視しました。
 ここではそれをパラレル法で立体視しましょう。
■写真は画像処理が施されています。
 パラレル法で立体視ができます。
弥勒菩薩2

[080503] 徳島県板野郡上板町引野。真言宗高野派。温泉山・安楽寺。弥勒菩薩像。
------------------------------------------------------------
■本ブログの中で、過去に弥勒菩薩の像を掲載した頁を以下に示します:
<群馬県の慈眼寺の弥勒菩薩像>
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1373.html
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1374.html
------------------------------------------------------------
■弥勒菩薩は釈迦の入滅後56億7千万年後に姿を現して、
 人々を救うとされます。
 過去には多くの人々がこの説にその時代の夢を託した歴史があります。
 この年数には諸説がありますが、未来の仏になるとされることから、
 弥勒菩薩ではなく、弥勒如来、弥勒仏と呼ぶこともあります。
 京都の広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像(国宝)が有名なので、
 弥勒菩薩というと半跏の像が思い浮かびやすいかもしれませんが、
 平安時代、鎌倉時代には立像も座像も作られました。
■弥勒菩薩の真言は
「オンマイタレイヤソワカ(オンマイトレーヤソワカ)」。
-------------------------------------------------------------
■仏像を鑑賞する意義に関しては、以下の記事もご参照ください:
08.05/28●「仏像を鑑賞する意義 [080528。3D仏像。画像処理]」
-------------------------------------------------------------
■能力開発、眼力開発における3D立体視訓練の意義や方法に関しては、
 SRS研究所のHPにある著書一覧の中にある
 3D写真シリーズを参考にしてください。
 http://www.srs21.com/books/index.htm
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP> 以下では、本ブログの仏像を種類毎に分類して探しやすくしてあります。
3D仏像集(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1599-e6003eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。