アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月中旬、栗の房状花序が関東の平地で満開になり、山地ではまだ蕾。[080613。群馬。3D立体視]

■6月上旬から中旬にかけて、上越新幹線の窓から見ると、
 関東平地のいたるところで淡い糸を
 たばねて開いたような花が咲いているのを見ます。
 これは栗の房状花序が開花しているのです。
 平素は気づきませんが、このときには、
 栗の木を植えている民家が意外に多いことが分かります。
■山地を訪れると、この頃はまだ写真のように、
 蕾状態でいる木が少なくありません。
■栗の花を見ると、夏も間近いことを感じます。
■下の画像はクロス法で立体視ができます。 
クリ

[080612] 群馬県片場村月。栗の花(蕾状態)。クロス法3D画像。
-------------------------------------------------------------
■クリ(栗)=ブナ科クリ属ニホングリ(日本栗)。学名Castanea crenata。英名Japanese Chestnut 。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
群馬県の自然旅行体験(SRS研究所)
SRS植物図鑑
3D植物園(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1600-66f84ab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。