アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒヨドリバナで吸蜜するアサギマダラ(比較的多い)

 ヒヨドリバナはアサギマダラの好きな植物の一つ。
  ヒヨドリバナ属の植物は旅をするアサギマダラの重要な吸蜜源になっている。
   日本全土にあるというが、実際には分布にむらがある。
    白い筒状花の集まった散房花序をなしている。
     10月9日頃の愛知県は、渡りをするアサギマダラの数が例年増える時期だ。
      2006年も三ヶ根山には多くのアサギマダラが飛来して、
       写真のようにヒヨドリバナに止まって吸蜜していた。
        ただし、三ヶ根山ではこのような場面は稀で、
         実際にはアザミの方がダントツ人気である。
          アサギマダラのグルメ基準は厳しいのだ。
     ヒヨドリバナ+アサギ2頭
[061009]愛知県幡豆町三ヶ根山。
 キク科ヒヨドリバナ属ヒヨドリバナ(鵯花)。学名Eupatorium chinense(他説もあり)。
 マダラチョウ科アサギマダラ(浅葱斑。浅黄斑)。学名Parantica sita niphonica。
 ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/167-3c7374bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。