アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿閦如来(アシュクニョライ)の座像を立体視する(No.2。パラレル法) 。香川県の仏光山・郷照寺にある十三仏のうちの一体。[080518。四国八十八箇所。3D仏像。画像処理]

■前項では、香川県にある四国の八十八箇所の第七十八番目の札所の
 仏光山・郷照寺(ぶっこうざん・ごうしょうじ)の境内にある
 阿閦如来(アシュクニョライ)の座像をクロス法で立体視しました。
 ここではそれをパラレル法で立体視しましょう。
■写真は画像処理が施されています。
 パラレル法で立体視ができます。
アシュク如来2

[080518] 香川県宇多津町西町。
四国第七十八番札所(霊場)時宗 仏光山・郷照寺。阿閦如来(アシュクニョライ)の坐像。
-------------------------------------------------------------
■阿閦如来の例は以下の写真で示しました:
<奈良県・壺阪寺の例> 
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1467.html
-------------------------------------------------------------
■仏像に関する知識と仏像鑑賞を能力開発に活用する方法は、2008年7月4日に、筆者による講習が開催されました(「仏像法(仏像開発能力開発法」)。講習の内容はDVDで見ることができます。詳細はSRS研究所にお問い合わせください:
SRS研究所の公式HP
-------------------------------------------------------------
■能力開発、眼力開発における3D立体視訓練の意義や方法に関しては、
 SRS研究所のHPにある著書一覧の中にある
 3D写真シリーズを参考にしてください。
 http://www.srs21.com/books/index.htm
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP> 以下では、本ブログの仏像を種類毎に分類して探しやすくしてあります。
3D仏像集(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

感想と質問

全体におだやかでリラックスした印象を受けます。これも触地印なのですね。
ところで真言という言葉がよく出てきてURLのようなものということですが、これ自体はサンスクリット語なら仏像の名前を意味するものなのでしょうか。オン~ソワカといったパターンがあるのでそれともなにかの文章なのでしょうか。記号として考えればいいのでしょうが気になりますので。

  • 2008/07/08(火) 02:26:17 |
  • URL |
  • かえる男 #-
  • [ 編集 ]

本例の右手は触地印を取っているとみなしてよいと思います。真言に関してはURLではなく、「passwaordのようなもの」と言いました。個々の音節を分析するとある程度「音の理解」ができ、「意味」を知ることができますが、真言の「意義」はそのような作業をすることとは別なところにあります。真言は一種の「道具」ですので、理屈をこねないで、そのまま使うことをお勧めします。

  • 2008/07/10(木) 02:39:30 |
  • URL |
  • kogoro #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1684-3c2c7d38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。