アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シラヤマギクで吸蜜するアサギマダラ(稀)

  アサギマダラはグルメであり、その好みのランキングは明確だ。
   しかしときどき、ランキングの下位の植物でも吸蜜することがある。
    画像はシロヤマギクで吸蜜するアサギマダラだ。
     私の体験の中では、初めて見る場面である。
     ただし、キク科植物は好みの中に入っているので、おかしくはない。
       三ヶ根山には決して多くはないが、
        ところどころにシロヤマギクが見られる。
         北海道から九州まで分布し、8-10月に咲く。
          白い花弁(=舌状花)が類似種よりまばらなことと、
           葉が心形で広いことが特徴だ。
      シラヤマギク
[061009] 愛知県幡豆町三ヶ根山
 キク科シオン属シラヤマギク(白山菊)。学名Aster scaber。
 ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/175-3afc54cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。