アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒガンバナは古くなると花弁の縁が白くなる

  ヒガンバナは朱色の花が美しい秋の花。
   六枚の花弁が放射状に広がるが、
    最初は赤一色で開花するが、次第に花弁の脇が白くなる。
     真っ赤な状態も美しいが、白い線で縁取られたヒガンバナも美しい。
      ヒガンバナは遺伝子的に三倍体なので、種子ができない。
       株分けで広がっていく。中国からの帰化植物。
       ヒガンバナ

[061009]ヒガンバナ科ヒガンバナ属ヒガンバナ(彼岸花。曼珠沙華)。学名Lycoris radiata。
愛知県幡豆町三ヶ根山。
SRS研究所の「3D植物園」のヒガンバナの項も参照:
http://www.srs21.com/3d_plant/pages/210_higanbana.htm
 ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/178-4846fed6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。