アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県グランデコでのアサギマダラのマーキング2日目(8月7日)は346頭標識。昨年より多い状況。雌は15%。[070807。SRS3501-3846。福島県。デコ平]

■08年8月6日からグランデコスキー場で
 アサギマダラのマーキングを開始しましたが、
 本日はその2日目。この日はSRS3501から
 SRS3846までの346頭にマーキングをしました。
 写真はその途中で標識したSRS3800の画像です。
second day
[070807]福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山 グランデコスキー場。デコ平。
■08年8月6日の初日、アサギマダラはすでに
 そこそこの個体数がゲレンデにいるように思われましたが、
 2日目にはその数がより具体的に見えて来ました。
■2日目には、346頭の標識をしましたが、雌(♀)はそのうち51頭、
 したがって、雌の割合は約15%であることが分かりました。
■前日標識したアサギマダラのうち、本日再捕獲できたのは2頭のみでした。
 すなわち、前日放蝶した173頭は、
 2/346頭の割合で再捕獲されたことになりますから、
 簡易な方法による前日の推定頭数は、
 173×346/2=29929頭(=ほぼ3万頭)
 となります。
 すなわち、昨日の段階ですでに3万頭程度が
 「ゲレンデ周辺(見えないところも含めた仮想領域)」にいたと推定されます。
■07年の推定頭数は、8月上旬では1万頭前後でしたから、
 それと比べると、より多くの個体がいたことになります。
 ただし、再捕獲の頭数が少ないので、推定の信頼度は十分とは言えません。
 明日以後のデータの推移を見たいと思います。
 過去の体験と本日のゲレンデでの実感とを比べると、
 実際に3万頭程度はいたように感じられました。
■当日放蝶した蝶に、同日再開したのは2頭のみ。
 この数も大変少ないので、このデータも
 本当に多くの個体がいたことを示唆しています。
■前日同様、すべての個体がほぼ新鮮な個体でした
 (中古と判断された個体は1頭のみです)。
■本日は、前線が移動して、ゲレンデは終日晴れ。
 9時頃は24度程度でしたが、
 昼過ぎには温度がかなり上がり、手持ちの温度計では
 32度程度までの上昇が観察されました。
 そのために、アサギマダラの様子は、例年から見ると
 かなり変則的な動きをしているように見えました。
 (多くの個体が集まっている場所や、時間帯が、
 例年の8月上旬には見られないものでした)。
■翅に変形が見られたのは346中3頭。
 その割合は0.9%で、例年より少ない印象です。
■一頭だけ、前翅の先端部分が左右ともかじられたように
 なっている雄個体が見られました。
 この例は何かの鳥にかじられてそうなったのではないかと
 考えています。
■2日目も取材陣と一緒に行動する時間帯がありましたので、
 標識頭数は平素の活動から見るとややセーブされた数字になっています。
 今日は青空に恵まれましたので、取材の方々も、
 風景としては明るい映像が撮影できた可能性があります。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1810-c61e4562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。