アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県グランデコでのアサギマダラのマーキング6日目(8月11日)は527頭標識。雌は16%(1頭は交尾済)。翅の変形個体は約0.8%。デコ累計2448頭。[080811。SRS5248-5774。福島県。デコ平]

■08年8月11日(月曜日)は、08年のグランデコスキー場での
 アサギマダラのマーキングの6日目でした。
 この日はSRS5248からSRS5774までの
 527頭にマーキングをしました。
 写真はその途中で標識したSRS5700の画像です。
6月11日デコSRS5700
[080810] 福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山 グランデコスキー場。デコ平。
■6日目は、527頭に標識をしましたが、雌(♀)はそのうち103頭で、
 割合は約20%でした。過去3日は、
 15%、15%、23%、16%でしたので、5%程度の変動が見られます。
 交尾痕のある個体は1頭いました(0.2%)。
 その個体は「やや古い」個体で(=SRS5255)。
 交尾痕だけでなく、腹部に硬結が確認されました。
 産卵の痕跡は認めませんでした。
■前日標識したアサギマダラのうち、本日再捕獲できたのは15頭でした。
 前日放蝶した386頭に対して、本日は
 15/527頭の割合で再捕獲されたことになりますから、
 簡易な方法による前日の推定頭数は、
 386×527/15=13561[頭](=約1万頭余)
 となります。すなわち、8月11日に約1万頭余のアサギマダラが
 「ゲレンデ周辺(見えないところも含めた仮想領域)」にいたと推定されます。
■過去5日間の推定頭数も、1万頭前後でしたから、
 ゲレンデにいるアサギマダラの頭数は
 およそ1万頭前後のままであることが分かります。
■前日、前々日(8月9、10日)と同様に、
 日付を問わないで計算する方法も行ってみましょう。
 8月6日、7日、8日、9日、10日の日付の再捕獲個体を合計すると、
 3+14+17+22+15=71頭です。
 昨日までの累積標識頭数は
 173+346+491+524+386=1920頭でした。これから、
 1920×527/71=14251頭
 という推定値が出ます。1万頭よりやや多い値となります。
 約1万頭という推定値から大きくは外れてはいませんが、
 上記の推定でも13561頭でしたから、
 1万頭よりも3000頭前後増えたことが示唆されているのかもしれません。
 明日以後の推移を参考にして判断したいと思います。
■6日目は「中程度に古い個体」が5頭いました(うち、雌が2頭)。
 また、さらに「古い個体」が3頭いました。
 両方合わせると8例で、1.5%になります。
 今日はやや多めでした。
 他はすべて新鮮と判断されました。
■翅に変形が見られたのは527中4頭で、
 その割合は0.8%で、過去5日間1%前後です。
■この日は、標高の上下で、雌雄の比率が異なるかどうか
 が分かるような記録を取りました。
■白い部分が多く、「シャンデリア」と
 筆者が呼ぶ個体が2例観察されました。
■ヘアペンシルを出した雄が2例ありました。
 SRS5375は左側だけ出しており、
 SRS5774も左側だけ出していました。
■天気予報では終日雲りということでしたが、
 ときどき大きな雲が流れるものの、
 青空は見えて、ゲレンデが一気に明るくなることもしばしばありました。
 ゲレンデのゴンドラ駅の気温は朝9:00前には19.8度と
 前日同様に、やや低めの数字で始まりました。
 途中は、曇りときどき晴れで、昼間の温度も前日同様、
 28度程度までの気温上昇に止まりました(手持ちの温度計)。 
■この日は今夏初めて、マーキングしている筆者の回りを
 旋回する個体が見られました。
 これは手づかみで捕獲できました(SRS3258)。 
 さらに、知らないうちにネットに寄って来て
 止まっていた個体もいました。これも手づかみで捕獲
 (SRS5298、SRS5419、SRS5543)。
 このような現象はグランデコでは
 毎夏起きますが、今年は例年より早期に起きました。
■6日目には、「あだたら HK52 8/2」という個体を
 再捕獲しました(SRS5473)。一昨日にも
 同日発の同記号の個体を再捕獲しましたが、その仲間のようです。 
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1817-11bd3b03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。