アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県グランデコでのアサギマダラのマーキング9日目(8月14日)は天候不良のため61頭標識。雌は10頭(交尾済は0頭)で16%、翅の変形は約1.6%。ゲレンデの個体は推計約1.5~2万頭程度。デコ累計3519頭。[080814。SRS6785-6845。福島県。デコ平]

■08年8月14日(木曜日)は、08年のグランデコスキー場での
 アサギマダラのマーキングの9日目でした。
 この日はSRS6785からSRS6845までの
 61頭にマーキングをしました。
 写真上はその途中で標識したSRS6807の画像です
 [6708とあるのは6807の記入ミス]。
 これは下記に記載したようにリフト駅の天窓(写真下)に
 自然にトラップされた個体です。 
SRS6708
リフト駅
[080814] 福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山 グランデコスキー場。デコ平。
■この日は、朝から雨天でした。
 (日本海に低気圧があり、日本海側には広く前線が出来ていて、
 日本海側は雨天になるだろうとの朝の天気予報がありました)。
 ゲレンデを上がってみると、10時過ぎに30分間ほど
 アサギマダラの活動を見ることができました。
 ただし、いずれの個体も花に止まるか止まらないかの状態で
 ふわふわと飛び回っているだけで、まったく落ち着かない様子でした。
 それから雨が再度降り、昼すぎに少し雨が止んだときに、
 若干の標識を加えることができました。
 あとはずっと雨が降り続きましたので、
 あきらめて、15時半に下山を開始しました。
■雨の降っている間、木陰で観察していると、
 上空20m程度のところを最高で一視野に7頭程度の
 アサギマダラが飛んでいく場面を見ることができました。
 このような場面は毎年見るものですが、今回改めて観察すると、
 これは大変不思議な出来事だと思われました。
 1)目的なく、どこへ飛ぶともなく飛んでいるように見える。
 2)羽ばたき方が非常に不規則である
  (ただし、1秒から1.5秒ごとに数回はばたいて少し上昇する)。
 3)旋回するわけでも、直進するわけでもない。
 4)飛跡は上下に動く波を描くがその形は非常に不規則である。
 5)相互に関心を持つことは全くなくそれぞれ単独で飛んでいる。
 6)森からオープンスペースの上空に飛ぶが、
   花に吸蜜に向かったりはしない。
 7)雨が降っていても飛んでいる。
 8)飛ぶ方向はでたらめである。ただし、少し風があるときは、
   風に逆らうような飛び方をすることが多い。
 9)このような飛び方をするときは、空はどんよりとしており、
   湿度は高く、青空は見えない。気温は20度程度。
 雨で濡れた翅を動かして、乾燥させようとしているのかもしれない、
 と筆者は漠然と考えました。
■8月14日の9日目は、61頭に標識をしました。雌(♀)はそのうち10頭で、
 その割合は約16%でした。過去6日間は、
 15%、15%、23%、16%、24%、24%、8%
 と変動が見られています。
■この日は標高の低いところのみで標識をしました。
■交尾痕のある雌個体は0頭でした。
■前日の8月13日に標識したアサギマダラのうち、
 本日再捕獲できたのは2頭でした。
 前日放蝶した506頭に対して、本日は
 2/61頭の割合で再捕獲されたことになりますから、
 簡易な方法による前日の推定頭数は、
 506×61/2=15433[頭]
 となります。この計算に従えば、
 8月12日には約1万5千頭程度のアサギマダラが
 「ゲレンデ周辺(見えないところも含めた仮想領域)」にいたと推定されます。
■8月の推定頭数は、1万頭程度から始まり、
 1万5千頭前後であると示唆されていました。
 今日は雨天で、標識した範囲も狭く、標識頭数が少なく、
 前日の再捕獲も2頭しかないので、
 データの信頼性は高くはありません。
 しかし、たまたま妥当な数字になっているようです。
 もう一つ推定法での結果を参考にしましょう。
■過去5日間(8月9、10、11、12、13日)と同様に、
 日付を問わないで計算する別な推定法も行ってみましょう。
 8月6日、7日、8日、9日、10日、11日、12日、13日の
 日付がある再捕獲個体の数(=本日再捕獲した個体数)を合計すると、
 6頭でした。
 昨日までの累積標識頭数は
 6784-3326=3458頭でした。これから、
 3458×61/6=35156頭[=約3万頭]
 という推定値が出ます。
 前日の推定値はほぼ2万頭でした。
 上にも述べたように今回の推定値は信頼性が高くないので、
 あくまで参考値とするのが適切です。
 [注:本ブログでは推定値の誤差に関する詳細な議論は省きます]。
■8月13日は「中程度に古い個体」も「古い個体」も0頭でした。
■翅に変形が見られたのは61頭中1頭(雄)で、
 割合は1.6%でした。
■白い部分が多い個体はやはり増えつつあります。
 (SRS6797♂、6811♂など)
■ヘアペンシルを出した個体は0頭でした。
■腹部に疾病のある個体は0頭。
■寄って来た個体は0頭。
■SRS6807、6808は、
 リフトの駅で雨宿りをしているとき、明かり取りのある天窓に
 自然にトラップされているのを見つけて
 標識した個体です(上記写真は、
 上がその個体の写真で、下が天窓部分の写真です)。
 個体数の多い年には同じ場所に10数頭がトラップされました。
 今年はそれに比べるとさほど多くありません。
■グランデコのスタッフが行うアサギマダラ観察会は、
 本日は中止となりました。
■筆者以外の人が標識した個体は8月14日には1例のみ再捕獲。
■8月15日も雨天が予想されています
 (本日の降水確率の予想は北塩原村では50%。明日は20%です)。
■一昨日までの夏の初めの安定した気象は、昨日を境にして、
 完全に不安定な気象に移行した実感があります。
 盛夏に突入すると同時に秋が始まったのです。
 昨日のにわか雨が慈雨となって、昨日から本日までの1日で、
 植物の背丈が驚くほど伸びました(10cm程度という実感)。
 アザミ、タラ、ヨツバヒヨドリ、ハンゴンソウなど、
 ゲレンデの植物は筆者の背丈を超えて一気に成長していきます。
 ユキザサやナルコユリの緑の実も
 ゲレンデで充実の度を増しつつあります。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1820-d4327ac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。