アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辰年・巳年生まれの守護仏である普賢菩薩を立体視する(No.1。クロス法) 。愛媛県の平城山・観自在寺の十二支守護八体仏の普賢菩薩の座像。[080721。四国八十八箇所。3D仏像。画像処理]

■徳島県にある四国の八十八箇所の第四十番目の札所の
 平城山・観自在寺(へいじょうざん、かんじざいじ)には 
 十二支守護八体仏があります。それに関しては、過去の記事
  ●「十二支守本尊八体仏を立体視する(No.1。クロス法) 。
    愛媛県の平城山・観自在寺の十二支の守り本尊の八体の仏像。
    [080721。四国八十八箇所。3D仏像。画像処理]」
  http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1749.html
 で示しました。ここではその中の普賢菩薩の座像を
 クロス法で立体視しましょう。
■この像は、水をかけて祈願するように設定されています。
 像の前には水の流れる水路が設置してあり、
 参拝者は自分の守護仏、あるいは家族などの守護仏の前に行き、
 流れる水を柄杓で汲んで水をかけるようになっています。
 興味深い仕組みと思われました。
■写真は画像処理が施されています。
 クロス法で立体視ができます。
普賢菩薩1
[080721] 愛媛県宇和郡愛南町平城。真言宗大覚寺派。平城山・観自在寺。普賢菩薩の座像。
-------------------------------------------------------------
■普賢菩薩に関する説明は以下の記事を参照してください:
08.07/11「文殊菩薩とは何ですか [080711。3D仏像。画像処理]」
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1702.html
-------------------------------------------------------------
■普賢菩薩の写真・画像の例を以下に見ることができます:
<奈良県・壺阪寺の例> 釈迦三尊の一部。
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1393.html
<高知県・地蔵寺の例> 釈迦三尊の一部。
 ●http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1516.html
-------------------------------------------------------------
■仏像を鑑賞する意義に関しては、以下の記事もご参照ください:
08.05/28●「仏像を鑑賞する意義 [080528。3D仏像。画像処理]」
-------------------------------------------------------------
■能力開発、眼力開発における3D立体視訓練の意義や方法に関しては、
 SRS研究所のHPにある著書一覧の中にある
 3D写真シリーズを参考にしてください。
 http://www.srs21.com/books/index.htm
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP> 以下では、本ブログの仏像を種類毎に分類して探しやすくしてあります。
3D仏像集(SRS研究所)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→
■08年9月13日(土曜日)は、
 08年の白馬山麓「のっぺ山荘」での
 アサギマダラのマーキングの2日目でした。
 SRS17177からSRS17269までの
 93頭を標識することができました。
-------------------------------------------------------------
[080913] 長野県大町市平 中綱湖畔 「のっぺ山荘」。
-------------------------------------------------------------
■長野県の「のっぺ山荘」では例年9月中旬から下旬にかけて、
 フジバカマ園にて、多くのアサギマダラが
 しばらく時を過ごして南への旅を続けていきます。
■9月13日は、朝から雨天でした。
 アサギマダラは森の中で夜を過ごしますが、
 雨が降っているときは出て来ません。
 9時近くになって、雨が小降りになった頃に様子を見に行きました。
 案の定、アサギマダラはいませんでしたが、
 それから徐々に小降りになり、
 ぱらつく程度になったところからアサギマダラが出てきました。
■朝の早目の時間帯のアサギマダラは、
 白いタオルを回すことで寄って来る個体が多く、
 タオルキャッチで捕獲した例が10例以上ありました。
■本日標識した93頭のうち雌は2頭で、比率は2.1%。
 前日は4.0%でしたので、やや少なめですが、
こちらの方が例年に近い値です。
 いずれも未交尾でした(前日の個体もすべて未交尾でした)。
■病気の個体はありませんでした。
■「中古」個体、「古」個体はいずれも0例でした。
■ヘアペンシルを出した♂個体はありませんでした。
■翅に変形のある個体は2頭(2.2%)で、
 SRS17208♂と17227♂です。
 このうち、SRS17208は、前翅の後縁が
 外側に折りたたまれた非常に珍しい例でした。
■上記の93例とは別に、一度放蝶して、
 再度捕獲した個体はのべ16例ありました。
■筆者以外の人が放蝶した個体の再捕獲はありませんでした。
■白い部分が多い個体(白い部分の斑紋模様が派手に見える個体)
 は記録されませんでした。
■鱗粉のある場所の全体が普通より黒っぽい個体(黒化個体)は、
 1例記録されました(SRS17222♂)。
 これと対照的に茶色が目立つ個体がありました
 (SRS17210♂)。
■小さい個体は1頭記録しました(1.1%)。
 SRS17238♂。
 (小さい個体とは、油性ペン「マッキー」の
 キャップの長さよりも前翅長が短い個体のこと)。
■標識中に筆者やネットに寄って来た個体(ストーカーと呼びます)
 はありませんでした。
■前日(9月12日)に標識した126頭の個体の中で、
 本日再捕獲した個体は19頭ありました。
 これから、フジバカマ園の周囲にいるアサギマダラの個体数は
 126×93/19=616頭
 と推測されました。
■午前中には、近くのやなば国際スキー場の 
 フジバカマでもアサギマダラは少ない状態でしたが、
 午後は三十頭ほどいたとのことでした。
■鹿島槍スキー場の裾や、中綱湖畔にもフジバカマの群落が
 ありますが、そこにも若干数のアサギマダラが見られました。
■午後には青空が広がり、群雲が観察されましたが、
 基本的には曇り空が続きました。
 夕方には再度雨が降り始めました。
■この日、のっぺ山荘のフジバカマ園では、
 わずかな数のトンボしかみかけませんでした。
 天候が不良でしたので、ヒョウモンチョウの数も前日より
 少なく、他のチョウはほとんどみかけませんでした。
■雨はぱらついていても周囲の草むらでは数多くの虫が
 鳴き続けていました。
■アサギマダラの移動の第一陣は9月12日前にあったと推測されますが、
 第二陣はまだ来ていない状態です。
 今年の移動は遅れていると考えてよいでしょう。
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1857-7821a99e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。