アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日新聞に「福島県グランデコから熊本県玉名市に移動したアサギマダラ」の記事が「「福島→熊本1000キロ 2カ月の旅」として掲載された。[SRS5287 デコ 8/11 → 撮影10/22。福島県。デコ平]

■08年8月11日に、福島県のグランデコスキー場で
 筆者が標識したアサギマダラが、
 熊本県の玉名市で一般のご家庭の庭で撮影された例が、
 毎日新聞で紹介されました。
 その内容は前々項で紹介しました。
 また前項では熊本日日新聞でも紹介されたことを述べました。
■以下は毎日新聞の記事の引用です。
-------------------------------------------------------------
■毎日新聞 2008年11月1日 23面記事
<タイトル>
「福島→熊本1000キロ 2カ月の旅
  アサギマダラ 
  “チョウ”びっくり----
   玉名の女性カメラに」
<本文>
● 熊本県玉名市岱明(たいめい)町三崎の美容室経営、原賀由美さん(41)が、羽に数字やカタカナが書かれたチョウを偶然、カメラに収めた。約2カ月前の8月に福島県でマーキングされた「アサキマダラ」だった。福島~熊本間約1000キロを旅したチョウに原賀さんは「びっくり、感激」。マークした大学教授は「熊本からは初めての報告」と感謝している。
● 10月22日午後1時半、自宅庭の鉢植えの「フジバカマ」に、1匹のチョウが飛んだり止まったりを30分ほど繰り返していた。購入したばかりのデジタルカメラで3コマ撮ったところ、羽に「8/11」「デコ」「5287」と書いてあった。
● 知人らのつてで調べたところ、アサギマダラ研究で有名な群馬パース大の栗田昌裕教授(57)が今夏、デコ平湿原で知られる福島県北塩原村のグランデコスキー場で捕獲したチョウと判明。マーキングの意味は、1カ月で捕った1万3724匹のうち「8月11日」に捕獲した延べ「5287番目」だった。
● 「渡りのチョウ」と呼ばれるアサギマダラは春、南西諸島から本州に北上し、秋は南西諸島に南下する。移動形態を詳しく調べるため、各地の研究者や愛好家が捕獲した日付や場所などを記入して放している。
● 栗田教授は「03年に始め、屋久島や長崎市などから発見の報告があったが、熊本は初めて。素人の方が写真に収めてくれ、感謝です」と話し、「マーク入りのチョウを見かけたり捕獲したら、近くの博物館などに知らせて」と呼び掛けている。
                  【西東靖博】
asagi
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/1959-66530ece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。