アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08年8月11日に、福島県伊達市の標高の低い山でアサギマダラが撮影され、筆者にその意義が取材され、「福島民報」新聞に8月12日「標高低い茶臼山(伊達)に飛来 アサギマダラを撮影」という記事として掲載された。[福島県。デコ平]

■2008年の8月11日に、福島県伊達市の標高225
 メートルの比較的低い山でアサギマダラが撮影されまし
 た。
 福島民報の記者から、標高1400m前後のグランデコ
 スキー場のデコ平でアサギマダラの調査をしている筆者
 のもとに、その出来事の意義に関して問い合わせ取材が
 ありました。
 その内容は、翌日、以下のような記事として「福島民報」
 の3面に掲載されました。
 この個体は、写真から見ると、ヒヨドリバナ属の植物に
 吸蜜しているように見えます。より標高の高いところに
 移動する途中の個体であった可能性もあります。
■以下にはその出来事を紹介した「福島民報」新聞の記事を 
 引用しました。
-------------------------------------------------------------
福島民報 2008年8月12日 3面
<タイトル>
「標高低い茶臼山(伊達)に飛来 
 アサギマダラを撮影」
<本文>
● "旅をするチョウ"として知られるアサギマダラが十一日まで、
 に、伊達市霊山町の茶臼山で発見され、地元の写真店経営
 菅野甚作さん(六八)が撮影に成功した。
● アサギマダラは夏前から北上し、秋は南下する習性を持つが、 
 生態については謎が多い。ヨツバヒヨドリの花を好み、主に
 標高の高い部分で見られることから、標高約二二五メートルの
 茶臼山で見られることは珍しいという。
● 菅野さんは四十年以上前から毎日、茶臼山に登り、動植物を
 写真に収めている。十日午後一時ごろ、黒、青、茶の美しい
 羽をみつけ、夢中でシャッターを切ったという。「駒ケ岳で
 アサギマダラを見たことはあったが、まさか地元で見られる
 とは」と驚いていた。
<写真> 伊達市の茶申山で発見されたアサギマダラ
     =菅野甚作さん撮影(省略)。
-------------------------------------------------------------
福島民報2
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP[SRS速読法・SRS能力開発法指導]
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/2080-ef109c73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。