アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年1月29日の朝、NHK総合(及びデジタル総合)放送にて、「ドキュメント にっぽんの現場『アサギマダラの“心”に迫れ』」の3回目の再放送があった

■08年12月13日に放映されたNHKのアサギマダラに関するドキュメンタリー番組が、3回再放送されたことを知人から教えていただきました。
 3回目を、番組表で検索すると、以下の記載がありましたので、
消えないうちに引用しておきます。
-------------------------------------------------------------
■<NHK番組表>
   ドキュメント にっぽんの現場「アサギマダラの“心”に迫れ」
   チャンネル :総合/デジタル総合
   放送日 :2009年 1月29日(木)
   放送時間 :翌日午前3:40~翌日午前4:10(30分)
   ジャンル :ドキュメンタリー/教養>社会・時事
   ドキュメンタリー/教養>自然・動物・環境
   番組HP: http://www.nhk.or.jp/nippon-genba/
-------------------------------------------------------------
  ▽秋、東北地方から奄美大島まで渡りをするチョウ・アサギマダラ。
   知られざる能力を解明しようとチョウを追跡する栗田昌裕さんに
   密着し、1500キロの旅の秘密に迫る。
-------------------------------------------------------------
   毎年秋、日本列島を北から南へ渡り鳥のように移動する不思議な
   チョウ、アサギマダラ。夏に東北や中部地方の高原で羽化し、
   1000キロ以上も離れた南の島へ過酷な旅を続ける。
   10センチほどの可憐(かれん)な体のどこにそんなパワーが
   あるのか? なぜ行ったこともないはずの島に向かって海を渡る
   のか? マーキングして福島県から奄美諸島までチョウを追跡
   する医師・栗田昌裕さんに密着し、謎に満ちたアサギマダラの 
   旅に迫る。
-------------------------------------------------------------
   【語り】牧瀬 里穂
-------------------------------------------------------------
■栗田コメント
 この番組は、2008年の8月、9月、10月に、
 番組作成スタッフの方々と、福島県、長野県、愛知県、鹿児島県と
 4県にわたって同行取材をしていただいた上で出来たものです。
 90時間にも及ぶ撮影記録となったそうですが、そこから30分番組
 としてわかりやすい内容のみが選択されて編集されました。
 その意味では、私の独自のメッセージの多くは採用されていません。
 しかし、2003年~2008年と6年間続いたアサギマダラの
 標識活動の集約としての記念碑的な記録と言えるでしょう。
 その意味でこの番組を作成していただいた関係者の方々には深く
 感謝しています。
 過去のブログでは、以下に最初の放映時の記載があります:
 【08年12月13日の記載記事】
   ◆「NHK総合テレビで12月13日(土)に
    「ドキュメント・にっぽんの現場
    『アサギマダラの”心”に迫れ~謎の蝶1500キロの旅』」
     を放映。
     アサギマダラの筆者の旅を紹介。
  http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-2049.html
 この番組は、翌週の12月18日の木曜日の朝4時代に
 2回目の再放送が行われました。
 下記は、上記の番組に対する参考ブログ記事です:
 【08年12月29日の記載記事】
   ◆参考記事。NHK総合テレビで12月13日(土)に放映された
    「ドキュメント・にっぽんの現場
     『アサギマダラの”心”に迫れ~謎の蝶1500キロの旅』」
     の番組表」。
  http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-2063.html
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP[SRS速読法・SRS能力開発法指導]
<参考HP>
2008年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/2101-e341e8d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。