アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年4月19日に大分県姫島で最初のアサギマダラの羽化。2例目は4月27日。4月21日に初飛来。[姫島]

■筆者は例年、春と秋に大分県の姫島でアサギマダラの
 渡りの調査をしています。
 今回、姫島の中城さんからいただいた4月中旬~下旬の情報を
 アサギマダラのML(メーリングリスト)に流しましたので、
 それを引用します。
■[asagi:014322] 【姫島情報】09年4月19日、27日に
 姫島でアサギマダラ羽化。4月21日に初飛来(島外からと推測)。
 ●アサギマダラのMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
 ●大分県姫島の中城信三郎さんから、姫島のアサギマダラの現状を
  伺いました。簡単に御報告いたします。
 ●1)4月19日に、一雌が羽化しました。今年の羽化の第一例です。
   4月27日朝にも、一雌が羽化しました。今年の第二例です。
   いずれも中城さんの御自宅の敷地内です。
   敷地内には他に35の蛹がいます。幼虫は見られないそうです。
 ●2)フジバカマ園には、蛹が6つ。幼虫は1。
   4月21日には、フジバカマの若い芽にアサギマダラが一頭飛来。
   翌日も観察されましたが、翌々日以後は見ていないそうです。
   この一頭は、島内で羽化した個体ではなく、
   島外から来たもののようだとのことです(個体の新鮮度などから判断)。
   もしそうならば、過去には4月28日が
   姫島での初飛来のもっとも早期の記録ですので、
   今年が最も早い飛来となったと言えそうです(今後、そう見なすこととします)。
 ●3)明神山の周囲の谷~裾には15の蛹がいます。
 ●4)現在、合計で、60弱(35+6+15=56)の蛹が確認されています。
 ●5)海岸のスナビキソウは開花したものもありましたが、
   昨日、一昨日の西風で潮が当たって、
   見るかげもなくなってしまったそうです。
   若干の背後の事情がありますが、
   また例年のように復活することが期待されます。
 ●6)桜は平年より9-12日ほど早く開花したこと、
   また、今日はそうでもなかったが、
   過去2-3日は平年より温かかったそうです。
 ●以上、皆様のご参考になれば幸いです。
  姫島のアサギマダラを守る会     栗田昌裕
------------------------------------------------------------
■2009年のアサギマダラの標識情報は、
 筆者のHPの「2009年の移動調査記録」
 の頁に表示してあります:
   2009年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
 ここから、2008年の標識情報の頁にもたどりつけます。
    以上 栗田昌裕
------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP[SRS速読法・SRS能力開発法指導]
<参考HP>
2009年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
姫島の自然旅行体験(SRS研究所)
姫島のアサギマダラを守る会の紹介
喜界島の自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/2162-a22bf209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。