アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取市岩戸のスナビキソウ群落がほぼ全滅したとの情報をいただいた。ここは春の北上の旅をするアサギマダラが集まるところで、08年5月31日に姫島から移動した個体が移動した先。[鳥取県。姫島]

■大分県の姫島で筆者らが春にアサギマダラのマーキングをすると、
 日本海側のスナビキソウ群落のあるところで再捕獲されることが
 過去には毎年のように観察されました(これは確率的には 
 極めて稀な出来事です)。
 08年の5月26日に筆者が標識した個体が、
 5月31日に鳥取県鳥取市で杉本博美さんによって
 再捕獲されたのはその一例です:
 「SRS1884 ヒメ5/26」(栗田昌裕、姫島)。
 詳細はブログ記事1551を参照:
http://srs21.blog59.fc2.com/blog-entry-1551.html
 ところが、その杉本さんから、09年4月27日に、
 アサギマダラが誘引されるスナビキソウの群落が
 ほぼ全滅したとの趣旨の御連絡をいただきました。
 以下、メールを引用いたします。
------------------------------------------------------------
■Sent: April 27, 2009 
 Subject:「近況報告」
●昨年の5月31日に鳥取で、栗田さんのマーキングを
 されたアサギの固体を再捕獲した杉本です。昨年は
 そのことが地元紙の「日本海新聞」に掲載されました。
●本日メールしたのは、昨年再捕獲した鳥取市岩戸の
 スナビキソウ群落がほぼ全滅したことの報告です。
 原因は、砂の移動を止めるために竹を組んだ砂防垣が
 スナビキソウ群落の所に広範囲に設置されてしまった
 ためです。どこが(国なのか県なのか市なのか)したのかは
 確かめていませんが、今更どうすることも出来ません。
●したがって、昨年に続いて姫島からの再捕獲は困難と
 なりました。鳥取県の海岸のスナビキソウ群落は乏しく
 鳥取市岩戸が唯一アサギのマーキングが可能な所でした。
 今年は、小さなスナビキソウ群落をまわってマーキングを
 しようと思っています。
 近況報告まで
                       杉本博美
------------------------------------------------------------
■スナビキソウは、海岸に見られる植物ですが、
 年々その繁殖地が消えつつあります。
 鳥取県もその例外ではなさそうで、非常に
 残念に思います。
 姫島では「姫島のアサギマダラを守る会」の方々の尽力で
 大事に守られていますが、一般の海岸ではそのような努力
 をする余地がありませんので、今後も徐々に消えていくこ
 とになるのでしょう。
 春に北上するアサギマダラは、スナビキソウ以外の場所では
 見出すことが非常に困難なので、移動調査の観点から見ると、
 スナビキソウが消えていくことが極めて残念なことです。
 消えていく理由は、環境の変動によると思われますが、
 人為的な措置がその原因となっていることが少なくありません。
 読者の方々で、もしスナビキソウの生えている場所をご存じ
 の方は御連絡いただけると幸いです。
■スナビキソウは筆者のHPの3D植物園に紹介してあります。
「305■スナビキソウはアサギマダラを惹きつける不思議な花
     /ムラサキ科スナビキソウ属/小さい旅/パラレル法」
http://www.srs21.com/3d_plant/pages/305-sunabikisou.htm 
------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP[SRS速読法・SRS能力開発法指導]
<参考HP>
2009年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
姫島の自然旅行体験(SRS研究所)
姫島のアサギマダラを守る会の紹介
喜界島の自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/2167-aa92289a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。