アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09年5月22日、大分県姫島にて、長崎県の五島列島から(新上五島町)から移動したアサギマダラを再捕獲した。[MG 246 上五島5/15→SRS444 ヒメ 5/22。長崎県。大分県。姫島]

■毎年、5月下旬頃、大分県の姫島は北上移動をする
 アサギマダラが数多く集まります。
 その中には、五島列島から移動するアサギマダラがいるのでは
 ないかと数年前から考えて来ましたが、本日、新上五島町で
 マーキングされたアサギマダラを姫島で再捕獲できました。
 その個体に関して、アサギマダラのメーリングリストに報告
 した文章を以下に紹介します。
 下には再捕獲した個体の画像も示しました。
■[asagi:014359] 【再捕獲情報】「MG 246 上五島 5/15」
  → 姫島(SRS 444 ヒメ 5/22)。上五島から姫島への初移動例。
  7日間260kmの移動。若干の整理とともに。
 ●野下広人さん、MLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
  姫島での2009年最初の再捕獲をいたしました。
  上五島からの最初の北上移動例として報告をいたします。
 ●再捕獲情報
  標識:MG 246 上五島5/15
  性別:♂
 ●再捕獲日:2009年5月22日 15:50
  再捕獲地:大分県東国頭郡姫島村 深谷
  再捕獲者:中城信三郎・栗田昌裕
  備考:スナビキソウに訪問。画像あり。
     鮮度は中程度。破損なし。
     「SRS444 ヒメ 5/22」と追記して放蝶。
 ●<コメント>
  1)本例は、中城さんがまず上五島と書いてある個体を見出され、
    筆者がそれに標識をしましたので、再捕獲者は2名の連名としました。
    放蝶地が長崎県南松浦郡新上五島町の高熨斗山のあたりで
    あれば、「7日間で、約260kmの東北東への移動」を
    したことになります。
  2)再捕獲した場所は、今年から新たにスナビキソウとフジバカマ
  を植えた場所で、そのうちのスナビキソウに来ていました。
  野下さんのブログによれば、今年の上五島はアサギマダラが
  多いような印象を受けますが、いかがでしょうか。
    姫島のアサギマダラも「例年より多い」と思います。
    現在は、第二のピークを迎えています。
  3)上五島でのアサギマダラの標識調査は、筆者が最初に
    行いましたが、もともとは姫島を通過するアサギマダラの
    大群の一部に、五島列島に関わりを持つ個体群がある
    のではないかと推測して2007年に始めたものです。
  4)実際には、最初の調査は、秋の南下移動に関して、
    中国大陸方面への南下を想定して10月25日から
    10月28日に調査を行いました。
    そこで野下さんに初めてお会いし、その直後に野下さんの
    標識された個体が台湾に南下移動して再捕獲され、
    それが、「上五島→台湾」の第1例目となったのでした。
  5)「上五島→姫島」の例を見出すことは宿題になっていました。
    2007年のアサギネットには
    「Re: 再捕獲情報   栗田昌裕 - 2007/11/26(Mon) 10:46 No.1519」
     において、
     「野下さん、来年は、春の大分県姫島で『MG 上五島』
     個体が見つかることを期待しています
    (これまでのところ、春の姫島での再捕獲は、喜界島からの
     1頭のみです)」と記載しました。
 http://asaginet.online.ac/cgi-asaginet/gbbs-asagi/joyfulyy.cgi?getno=1520;contents=on#getno1520
    この期待は、2008年の春には実現しませんでしたが、
    このたび、1年遅れで2009年の春に実現することとなりました。
  6)上五島関連の移動を整理しておくと、
    07年には、 上五島07年11/1→台湾 11/17-18。
   08年には、 上五島10/20→沖縄本島11/24(栗田)、
         上五島10/13→与那国島11/17、
         上五島10/21→台湾11/22
   07年には、 静岡県菊川市10/15→上五島10/28(栗田)
   08年には、 石川県宝達山9/16 →上五島 9/20(野下さん)
       石川県宝達山9/16→上五島10/18(野下さん)
       岐阜県高山市9/7→上五島10/9(野下さん)
       福井県大野市9/14→上五島10/17(野下さん)
       長崎県長崎市10/10→上五島10/18(野下さん)
  7)姫島の移動例に関しては、秋の姫島での再捕獲例と、
    秋の姫島からの南下移動例とは、かなりの数の例が蓄積されています。
    しかし春に、北上して姫島で再捕獲された例は、3例のみです。
    そのうちの第1例は、2006年の例で、
          喜界島06.3/5(福島さん)→姫島06.4/30(中城さん)。
    第2例は筆者の子供が関わった例で、
          宮崎県日南市(八木真紀子)08.4/16→姫島(栗田麻未)08.5/24。
    第3例が本例です。
  8)筆者が関わったアサギマダラの移動個体のリストおよび、
    それらを日付順に追った時系列的な表は
    筆者のHPの「2009年の移動調査記録」
    の頁に表示してあります:
    ●2009年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
   以上
 姫島のアサギマダラを守る会 栗田昌裕
------------------------------------------------------------
下は、再捕獲したアサギマダラの画像です。090522。姫島にて。
上五島から姫島へのアサギマダラ
------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP[SRS速読法・SRS能力開発法指導]
<参考HP>
2009年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
姫島の自然旅行体験(SRS研究所)
姫島のアサギマダラを守る会の紹介
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/2178-4cc5076d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。