アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09年5月25日の大分県の姫島小学校のマーキング会に関する西日本新聞の記事の紹介。タイトル「『元気に飛んでいけ』アサギマダラにマーキング 姫島小6年生の24人」【大分県。姫島】

■09年5月25日、大分県の姫島で、姫島小学校の生徒24人を
 対象としてマーキング会が開催されました。
 それを取材した西日本新聞の記事を以下に紹介します。
09年5月28日現在、以下の頁に元の記事が掲載されています。
 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/98242
------------------------------------------------------------
■西日本新聞 2009年05月27日掲載[大分 / 昆虫]
タイトル 「 『元気に飛んでいけ』
 アサギマダラにマーキング 姫島小6年生の24人」

■アサギマダラは春に台湾など南方から東北地方まで北上し、秋に南下する。移動距離は1000-2000キロに及び、同村は大規模な中継地となっている。
 
■この日は2004年から毎年調査に訪れている群馬パース大の栗田昌裕教授(57)が講師を務めた。栗田教授は「時間と場所を選び旅をするチョウを知り、自然を見る目を養って」とあいさつ。児童たちは、地元の「アサギマダラを守る会」会員たちが捕獲したチョウの羽に、日付と姫島を表す「ヒメ」、個体識別のために自分のイニシャルを書き込んだ。昨年、マーキングしたチョウが長野県で見つかったという大海(だいかい)光佑さん(11)は「こんなすごいチョウが来るなんて故郷の自慢です」と笑顔。守る会の中城(ちゆうじよう)信三郎会長(73)は「島の子どもに、チョウのように羽ばたく大きな夢を持ってほしい」と話した。
=2009/05/27付 西日本新聞朝刊=
------------------------------------------------------------
■以下は同記事の写真の説明です。
 2009年05月27日掲載
  [大分 / 昆虫]「元気に飛んでいけ」
 アサギマダラにマーキング 姫島小6年生の24人
 姫島村立姫島小の6年生24人が25日、同村に飛来中の渡りチョウ「アサギマダラ」の羽に標識を記すマーキングを行った。移動ルート解明のためで、児童たちは「元気に飛んでいけ」とマーキング後のチョウを優しく放していた。
------------------------------------------------------------
■筆者が関わったアサギマダラの移動個体のリストおよび、
 それらを日付順に追った時系列的な表は
 筆者のHPの「2009年の移動調査記録」
 の頁に表示してあります:
   ●2009年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP[SRS速読法・SRS能力開発法指導]
<参考HP>
2009年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
姫島の自然旅行体験(SRS研究所)
姫島のアサギマダラを守る会の紹介
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/2181-18915aa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。