アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「姫島海岸でアサギマダラの雄(♂)しか見られないのはなぜですか」という問いに対する筆者のコメント【大分県。姫島】

■09年5月20日に、大分県の姫島海岸を訪れてマーキングを
 55頭されたKKさんから、
「姫島での不思議な出来事ですが、マーキングした蝶や乱舞している蝶を
見ても全て♂しか見当たりませんでした?私の見間違いでしょうか。
何か情報があればお知らせ願います」。
 との疑問が、メーリングリスト上で出されました。
 それに対して、KKさんの標識個体を実際に何頭か
 現地で拝見した筆者の応答を下記に示します。
 参考になれば幸いです。
------------------------------------------------------------
■[asaginet:5859] 姫島の海岸の♂の多さに関して
  Re【asaginet5857】ReRe【asaginet5851】 姫島のアサギマダラ
 ●○○○○様、MLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
 「 マーキングした蝶や乱舞している蝶を
  見ても全て♂しか見当たりませんでした」
  とのこと。これに関しては、以下のような事実があります。

 ●1)姫島のみつけ海岸のスナビキソウ群落で観察すると、
    アサギマダラの♀は150頭に一頭くらいです(09年5月の場合)。
 ●2)若い株が生えているフジバカマ園で観察をすると、
    ♀の比率はもう少し上がります。
    これは、フジバカマ園の周囲に産卵できるキジョラン 
    が生えていることと無関係ではないと思われます。
    実際、すでに卵や幼虫が観察されており、産卵の
    場面も観察されています。
 ●3)5月25日以後は、中城家を含む地域のウツギの
    仲間(ウツギ、サラサウツギ、ベニバナダイリンウツギ)
    でも多くのアサギマダラが観察され始めました。
    5月25日の例では、40頭のうち、10頭が♀でした。
    すなわち、そこでは、♀は25%の割合です。
 ●4)以上から、スナビキソウ群落のようにPA物質が強力に存在する
    ところでは♂の割合が極めて多く、産卵植物であるキジョラン 
    があるところや、ウツギのようにPA物質がスナビキソウほど
    多くないと考えられる植物の場所では♀の割合が相対的に高く
    なると考えられます。
    他の地域ではいかがでしょうか。 
 ●5)今年だけの特殊な事情としては、多くのスナビキソウが4月25日
    と26日の高潮による潮の害(塩害)で枯れてしまい、その枯れた
    株に例年以上の多くの♂が集まって、花のない部分を「なめてい
    る(かじっている?)」ことが上げられます。
    そのために、例年よりも♀の割合が相対的により低率になって
    いると想像しています(例年は、海岸のスナビキソウ群落では
    ♀の割合は今年よりやや高めで、1%程度です)。
 ●以上、現象を理解していただくヒントになれば幸いです。
  姫島のアサギマダラを守る会  栗田昌裕
------------------------------------------------------------
■筆者(栗田)が関わったアサギマダラの移動個体のリストおよび、
 それらを日付順に追った時系列的な表は
 筆者のHPの「2009年の移動調査記録」
 の頁に表示してあります:
   ●2009年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP[SRS速読法・SRS能力開発法指導]
<参考HP>
2009年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
姫島の自然旅行体験(SRS研究所)
姫島のアサギマダラを守る会の紹介
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/2192-2668d8d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。