アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09年6月10日、福島県の県南のある方の御自宅でアサギマダラ1♂が撮影された。【090610。福島県。デコ平】

■09年6月10日、筆者のブログにコメントいただきました。
 管理人だけが読める形式になっていますので、詳細は控えますが、
 趣旨は、「6月10日の朝、福島県の県南に位置する
 御自宅の裏庭で、アサギマダラを見つけて撮影した」
 というものです。
■書き込んでくださった方、ありがとうございました。
 示唆されたブログの写真を拝見したところ、
 地面の砂利に止まっている雄と分かりました。
 左後ろの翅に小さい破損があり、
 翅の辺縁の擦れた状態や翅の鱗粉がやや薄くなった状態から、
 少なくとも数百キロ程度の北上の旅をした来た個体として
 矛盾はないと思われました。
 おそらく、日本の中部以南から北上したもの
 ではないかと推測されます。
■撮影されたお庭に、アサギマダラが好きな香りを発する
 植物があるのでしょうか。たとえば、フジバカマの若い
 株があれば、惹かれて来た理由になります。その他、
 この時期にはワスレナグサの花にも来ます。
■おかげさまで、09年は、
 6月6日に福島県北塩原村グランデコホテル
 6月8日に栃木県那須市マウントジーンズスキー場(福島県県境のすぐ南)
 6月9日に福島県北塩原村グランデコスキー場ゲレンデ下部
 6月10日に福島県の県南のある方のお庭
 とアサギマダラの比較的連続した目撃記録が
 得られたことになります。これから少なからぬ数の
 アサギマダラが6月上旬に福島県周辺に来ていることが
 推測されます(従来、北上期のアサギマダラの東北地方での
 目撃記録は多くはありませんでしたので)。
 これらの次世代が、夏の高原に舞うことになると思われ、
 初夏から夏にかけてのストーリーの展開が楽しみです。
2009年6月10日  栗田
------------------------------------------------------------
■筆者(栗田)が関わったアサギマダラの移動個体のリストおよび、
 それらを日付順に追った時系列的な表は
 筆者のHPの「2009年の移動調査記録」
 の頁に表示してあります:
   ●2009年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP[SRS速読法・SRS能力開発法指導]
<参考HP>
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
2009年アサギマダラ移動調査記録(SRS)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/2216-51f1f78e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。