アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサギマダラが福島県から小笠原の父島に1200km移動!

 「渡り蝶」のアサギマダラは秋には南下の移動をする。
   通常は日本列島の弧に沿って、
    東北日本から南西日本に向かって移動する。
     しかし「SRS12263」は違った。
      福島県のグランデコスキー場から、東京都の小笠原諸島に移動したのだ。
       これは極めて稀な例である
        小笠原に移動したアサギマダラは本例が2例目である。
         下の写真は8月24日にグランデコで撮影したもの。
          この個体の詳細は下記を参照。
       父島移動アサギマダラ
[060824]福島県北塩原村グランデコスキー場。
本例の詳細データは右をクリック→「父島1」。
本例の概略説明は右のちょっといい話の3012話を参照→「ちょっといい話」。
渡り蝶のデータは右をクリック→「渡り蝶の記録2006年」。
本ブログの「画像による総合目次」がSRS研究所のHPにあります→「総合画像目次」
ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/227-df7b4736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。