アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県グランデコスキー場で筆者が標識した渡り蝶アサギマダラが群馬県嬬恋村の万座スキー場で確認された。9月2日から5日間で南西に187km移動した例。[SRS8764 デコ 09.9/2→ H.H.MZ 9/7。デコ平。福島県]

■09年9月2日に、福島県のグランデコスキー場で
 筆者がマーキングした「旅をする蝶」アサギマダラが
 187kmの距離を南西に移動して、5日後に、
 群馬県の嬬恋村の万座スキー場で再確認されました。
 本例はアサギマダラの秋の渡りの早期に
 群馬県の西部に一気に移動した例年には見られない一例です。
 以下はアサギマダラのMLに報告した記事を引用します:
■[asagi:014553] 【移動情報】福島県グランデコ 9/2
  → 群馬県嬬恋村万座スキー場 9/7
   (SRS8764デコ 9/2→ H.H MZ 9/7) ♂。
   5日間・南西に187kmの移動。
 ●大島さん、平井博さん、アサギMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。
  グランデコスキー場からの移動個体の
  再捕獲ありがとうございました。
  移動情報を示します。
 ●移動情報
  福島県グランデコ 9/2 → 群馬県嬬恋村 9/7
  (南西方向に約187km。移動期間5日)
 ●標識:SRS 8764 デコ 9/2
  性別:♂
 ●標識日:2009年9月2日
  標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
     グランデコスキー場
  標識者:栗田昌裕
  備 考:ヨツバヒヨドリにて吸蜜。画像あり。
    ↓
 ●再捕獲地 :群馬県 吾妻郡 嬬恋村 万座スキー場 alt1750m
N 36 38 06 E 138 30 43
 再捕獲日:2009年9月7日 15:00頃
 再捕獲者:平井  博
 備 考 :ヨツバヒヨドリ訪花 
      H.H MZ 9/7を追記、携帯の画像で放チョウ
 ●<追記>
 1)グランデコでは台風11号が通過したところで一気に南下が
   始まりました。具体的には9月1~2日に大移動が起きた
   と推定しています。
   本例はそのうちの一頭が一気に、嬬恋村まで移動した例と思われます。
   グランデコからの南下経路には複数の道筋があると考えられますが、
   嬬恋村経由で移動する例は、筆者にとっては示唆的です。
 この延長上に白馬山麓の「のっぺ山荘」があります。
 2)グランデコからのアサギマダラの状況は
   筆者のHPの「2009年の移動調査記録」
   の頁に表示してあります:
 2009年のアサギマダラ移動調査報告
 以上
  栗田昌裕 m-kurita@suite.plala.or.jp
  (グランデコ・アサギマダラ観察会・オフィシャルアドバイザー)
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP[SRS速読法・SRS能力開発法指導]
<参考HP>
2009年のアサギマダラ移動調査報告(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
東京の自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/2315-12995f66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。