アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞による取材記事「旅するチョウ アサギマダラ姫島で羽休み中」(2009年10月22日版)[大分県。姫島]

■09年10月18日に、アサギマダラの調査のために、
 大分県の姫島を訪れているとき、
 朝日新聞の取材を受けた。
 以下は、その取材内容をもとにして、
 10月22日付けの朝日新聞に掲載された記事である。
 教育・文化・娯楽欄の「ルポ 大分楽」とする欄で、
 第224面に4段記事として紹介されている。
---------------------------------------------------------------------
■朝日新聞 2009年10月21日版 第22面 大分版
タイトル
【ルポ 大分楽】
旅するチョウ アサギマダラ姫島で羽休み中
---------------------------------------------------------------------
■<写真1> フジバカマ園でマーキング調査をする栗田教授=姫島村
 
■<写真2>羽に「10/15」「ヒメ」などのマーキングのあるアサギマダラ=姫島村
----本文-----------------------------------------------------------
■日本列島を南北に1千キロ以上移動し、「旅するチョウ」として知られるアサギマダラが、9月末ごろから姫島村に飛来している。島民が保護や観察に取り組んでおり、新たな観光資源としても期待されている。10月末ごろまでいて、多いときには1千匹以上が乱舞する姿が見られると聞き、観察に出かけた。(野崎健太)

 島民らでつくるアサギマダラを守る会の木野村孝一事務局長(63)に、飛来地を案内してもらった。木野村さんによると、今秋は9月29日に初の飛来が確認され、今月9日ごろには1千匹程度が確認されたという。

 村営フェリーの港から車で5分ほどにある山中に、守る会が苗を植えたフジバカマ園があった。キク科のフジバカマは秋に薄紫色の花を咲かせ、アサギマダラが好んで蜜を吸う。

 訪れたのは、アサギマダラの活動が一番活発になる午前11時ごろ。ちらほらと、数匹がフジバカマの花から花へ、可憐(か・れん)な姿で飛び回っていた。

 「きょうは気温がやや低く、風も強い。あまり姿が見えないなあ」。木野村さんによると、23度前後の気温をアサギマダラは好むという。暑すぎたり、寒すぎたりすると、多くは森の中に姿を隠してしまう。この日は、やや寒く、数が少ないようだ。

 ■マーキング調査
 5年前から毎年、島を訪れ、観察を続けている群馬パース大大学院教授の栗田昌裕さん(58)も、虫捕り網を持って来ていた。医学教育が専門だが、アサギマダラの生態に関心を持ち、全国の飛来地を回っている。

 栗田さんによると、アサギマダラの大きな飛来地は全国で十数カ所が知られている。各地の愛好家が、羽に捕獲した日付と場所などをペンで記録(マーキング)して放す調査を続けている。同じ個体が別の飛来地で再捕獲されると、渡りのルートや何日間で何キロ移動したかがわかる。

 栗田さんがこの秋、姫島で捕獲した個体には、福島、富山、長野、栃木、山梨、岐阜のマーキングがあった。1カ所ではなく、多くの場所から渡ってきたことがわかる。

 再捕獲の情報は愛好家がインターネットで情報交換しており、渡りのルートだけでなく、個体数の変化や気候変動に伴う渡りのルートの変化など、生態の解明が進んでいる。ルートは1本の線ではなく広がりがあり、気候変動などに応じて変わることがわかってきたという。

 昨秋は九州や四国で再捕獲される数が多く、南西諸島では少なかった。栗田さんは「暖冬だったため沖縄や台湾まで渡る必要がなく、九州各地や四国で冬を越したのでは」とみる。

 ■観光資源に期待
 栗田さんが島で調査を始めたのをきっかけに、守る会ができた。会では、フジバカマのほかに、春にアサギマダラが好むスナビキソウを植えたり、島の小学生とマーキング調査をしたり、保護活動に取り組んでいる。

 栗田さんは「アサギマダラの調査は専門家だけでなく、子どもなど素人が参加できる。植生や気候変動などの環境に適応して生きる生物の姿を、大きな目でとらえられる。環境教育の格好の教材だ」と話す。

 島の観光にも一役買っている。記者が訪れた日は日曜日で、島外から登山愛好家などのグループが大勢訪れ、フジバカマ園に舞う美しいチョウの姿に歓声を上げ、写真を撮っていた。

 木野村さんは「島の新たな宝にしたい。きちんと保護して、観光にも役立てれば」と話している。

 ◆アサギマダラ:あさぎ色(青緑色)と茶色の羽を持つ大型のチョウ。日本全土や台湾などに分布する。南西諸島などで冬を過ごし、春から夏にかけて日本列島を北上。東日本で産卵し、そこで生まれた新世代が秋に南下する      以上が朝日新聞の記事。
-------------------------------------------------------------
■上記の記事は、10月30日現在は、asahi.comの中の
asahi.com>マイタウン>大分>記事 教育文化
の欄で見ることができます(インターネット版は09年10月22日の日付です):
http://mytown.asahi.com/oita/news.php?k_id=45000210910220001
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP[SRS速読法・SRS能力開発法指導]
<参考HP>
2009年のアサギマダラ移動調査報告(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/2350-bc97f5d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。