アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサギマダラが過去最北の地である福島県から台湾に移動した例。台湾への南下第8例目】 福島県グランデコで筆者が標識した渡り蝶アサギマダラが台湾で再確認された。南西方向に78日間で約2231km移動した例。[SRS2355デコ2009.8/14→ 撮影 10/31。デコ平]

■09年8月14日に、福島県グランデコスキー場で
 筆者がマーキングした渡り蝶アサギマダラが、
 10月31日に、台湾北部の金山獅頭山で撮影により確認されました。
 78日間で、南西の方向に約2231km移動した
 ことになると思われます。
 日本から台湾への南下例としては第8例目になります。
 その詳細を、筆者がアサギマダラのMLに報告した内容から引用します。
-------------------------------------------------------------
■ [asagi:015607] 【移動情報】(確定版)
 福島県グランデコスキー場 8/14→ 台湾北部 金山獅頭山 10/31
  (SRS 2355 デコ 8/14 →撮影10/31) ♂。
  78日間で約2231kmの南西方向への移動。最北地からの国外移動例。

 陳建志さん、福田晴夫さん、金沢至さん、
 アサギマダラのMLの皆さん、東京の栗田昌裕です。

 台湾での再確認をお知らせくださり、ありがとうございました。
 福島県グランデコスキー場から台湾北部への移動個体と
 分かりましたので移動情報を示します。

■移動情報
  福島県グランデコ 8/14 → 台湾北部金山獅頭山 10/31
  (南西方向に約2231km移動。移動期間78日)

標識:SRS 2355 デコ 8/14
 性別:♂

 標識日:2009年8月14日9:46
 標識地:福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
      グランデコスキー場
 標識者:栗田昌裕
 備考:ヨツバヒヨドリに訪花。画像あり。
鮮度は中の上。破損はなし。辺縁白毛は6割程度残存。
[この個体は、11:22に同日自己再捕獲をしたので、
左後翅に「・」を追記し、再度放蝶した]。 
  ↓
再捕獲日時:2009年10月31日
再捕獲場所:台湾北部 台湾北部金山獅頭山
再捕獲者 :呉靖惠
備考:撮影画像あり。
    シロノセンダングサ(Bidens pilosa)にて吸蜜中。
    右前翅に破損あり。左後翅にも小破損あり。    

  <追記>
1)本例は、2008年8月~9月にグランデコスキー場で9241頭
  標識した中の1例です(1年間の標識としては13251頭)。
今年のグランデコはアサギマダラが少なかったため、例年より少なめ
の標識頭数でした。2003年から見ると10万頭余の私個人の
標識例の中で初めて台湾に移動した記念すべき1例となりました。

2)陳先生より送っていただいた画像では、8月14日とも8月24日
  とも読めるように思われましたので、私の手持ちの放蝶時の
  全画像群と、書かれた文字の特徴およびアサギマダラ
  の模様とを比較しました(このような事態を想定して全画像を撮影
  しているのですが、実際に役立ってうれしく思いました)。
いただいた画像は、左右を反転して、回転した上で、
affine変換(フレームを平行四辺形に変換すること)
をすると、ほぼもとの左後翅での画像と同等に読めます。
[ただし、もともとは、翅裏に書いていますが、いただいた
画像は翅表から写されたものなので、文字は透過像として
  撮影されており、翅の模様の見え方も若干異なっている
  可能性があり得ます。しかし、空間配置は異なる理由が
  ありませんので、そこを基本として比較作業を進めることが
  できました。特に、数字の8の形と位置はほとんどの例で
  少しずつ違うので、区別する上での簡単かつ重要な指標と
  なりました。「デコ」の形や位置も同様の役割を果たしました。
  比較対象は、
  8月14日はSRS2338~2776の439頭と、
8月24日はSRS6218~6517の300頭です。
以上の合計739頭の全画像の中で、上記のSRS2355
で間違いないと確信しました。 
  変換した画像と、いただいた元画像と、デコで撮影した
SRS2355の画像の3点は、以下に示しておきます。
http://www.srs21.com/3d_insect/watarichou/special/090814taiwanSRS2355.htm
3)本例は、「日本→台湾」の移動例としては8例目と思われます。
●2006年には「HTN355 9/24 のっぺ」(西川尚実氏標識)が、
  長野県大町市ののっぺ山荘から台湾の蘭嶼島(らんしょとう)へ移動しました。
  複数の新聞によると2190kmの移動でした(これが従来の最北例です)。
この例が4例目でした。
 ●(2006年には「石ひよし078N」の
「石川県輪島市→中国本土の浙江省平湖市」という移動例もありました。
その例の移動距離は1644kmと報告されています)。
●2007年には上五島から台湾の蘭嶼島(らんしょとう)への移動例が出ました。
  野下広人さんの標識による「ノシタ11/01 上五島」という個体です。
  これが5例目です。
  ●2008年に再度、上五島から台湾の蘭嶼島(らんしょとう)への移動例が出ました。  野下広人さんの標識による「MG 1085 10/21 上五島」という個体です。
  これが6例目です。
  ●同じ2008年秋に7例目が出ました。私の娘(麻未)の例です。
  「MM150 ハズ 10/12」が「愛知県幡豆町三ヶ根山→台湾西部の桃園県」と
  移動しました(1880kmの移動)。
●なお、「台湾→日本」と北上移動した個体は4例あります。

4)本例は、「日本→台湾」という南下移動に限ると、
  最北からの例になります。

5)●移動距離に関しては、大島新一郎さんの記事が、
  アサギマダラ・マーカーの広場-フォーラムにあります:
http://www.asagi-org.jp/xoops2/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=103&forum=1&post_id=176#forumpost176
そこでは、上記の「長野県大町市→台湾蘭嶼島(らんしょとう)例が、
2311kmで第一位とされています。ただし、信濃毎日新聞や
河北新報ではこの例は2190kmと報告されています。
このgapは下で再検討します。
●蔵王から、与那国までの移動例は、
2245(または2246)kmとされています(2006年の藤井大樹さんの例:
「ZAO TF1172 8/26」。2246kmは新聞記事上での値)。
●今回の例では、まずグーグルマップ上で、
金山獅頭山をA地点とし、経度緯度 121.6484 25.2266
デコ平の採集地をB地点として、経度緯度 B 140.0735  37.4308
を求め、「地球上の2地点間の距離を高精度計算」するサイト
  http://keisan.casio.jp/has10/SpecExec.cgi
を用いて(地球の赤道半径r=6378.137kmを使用)
2231kmとの計算結果を得ました。
(参考:陳さんのお手紙では2260kmと見積もられていました)。
●[同上の方法で、大町市から蘭嶼島(らんしょとう)の距離を見ると、
のっぺ山荘=A地点137.84639、36.59466(これは正確です)。
蘭嶼島=B地点121.54346、22.05207(現場を知らないので正確ではありません)
と島の「中央あたり」をB地点として計算すると、2257となりました。
この値は新聞記事の2190と、2311の中間になります]。
●グランデコからの南下移動の過去の最長距離例は、2006年の
  与那国までの移動で2191kmです(「カズキ 205 デコ 827」、檜垣和希君)。

●以上から、移動距離に関するおよその順位は、以下のようになるの
ではないかと思われました:
1)「大町市→台湾蘭嶼島(らんしょとう)」例 2260km前後?
2)「蔵王→与那国島」例 2246km
3)「福島県グランデコ→台湾北部金山獅頭山」例 2231km
4)「福島県グランデコ→与那国」例 2191km
  地図で見ると分かるように、東北から与那国島への距離と、
  東北から台湾北岸までの距離はあまり変わらないのです。
  ●大島さんも記載されているように、実際の移動経路は複雑なので、
直線距離の大小はあまり問題ではないのですが、移動の程度の目安
としては役立つ指標の一つですので、再検討をしてみた次第です。
参考にしていただければ幸いです。

6)私見では、今年は、与那国の植物の状況が大変悲惨でしたので、
  与那国方面に南下移動しようとしたアサギマダラの多くは、与那国を
  パスして(または、いったん寄ってもすぐ旅立って)、台湾方面に
  渡ったのではないかと思っています。
  過去の「日本→台湾」という移動では、台湾南部が注目される
  傾向がありましたが、2008年の例では西部に移動し、2009年の
  本例は北端への移動が確認されましたので、実際には、
  日本から移動した個体は、台湾全体に広がっているのではないか
  と思われました。  

7)本例が見出された経緯を記録に残すために、金沢さんからいただいた
  メールに記載された陳建志さんの文章を引用しておきます:
 「I holds the 2009 campus habitat management workshop(Dec/11-13)
  Miss Wu is a volunteer of Forest Bureau
  Participate in the workshop and show me the picture at Dec 11」。

8)グランデコ発のアサギマダラの移動状況は
  筆者のHPの「2009年の移動調査記録」
  の頁に表示してあります:
 2009年のアサギマダラ移動調査報告
 以上  栗田昌裕 m-kurita@suite.plala.or.jp
 (グランデコ・アサギマダラ観察会・オフィシャルアドバイザー)
-------------------------------------------------------------
■タテハチョウ科マダラチョウ亜科(以前はマダラチョウ科とすることもあった)アサギマダラ属アサギマダラ。学名Parantica sita 。英名Chestnut Tiger。
-------------------------------------------------------------
■本ブログの総合的な画像目次や、ブログ内容を地域毎・テーマ毎にまとめた画像目次を下記のHPから見ることができます。
SRS研究所の公式HP[SRS速読法・SRS能力開発法指導]
<参考HP>
2009年のアサギマダラ移動調査報告(SRS)
グランデコ・デコ平・裏磐梯でのアサギマダラ・自然旅行体験(SRS研究所)
姫島のアサギマダラを守る会の紹介
奄美大島の自然旅行体験(SRS研究所)
喜界島の自然旅行体験(SRS研究所)
3Dアサギマダラの世界(SRS)
SRSアサギマダラ生態図鑑
■ランキングのために次の2つをそれぞれ一押ししていただければ幸いです:
(一日一押し)→

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/2387-8e1ce6d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。