fc2ブログ

アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

モロクトカゲは全身にとげがあるユニークなオーストラリアの固有種

モロクトカゲは極めてユニークな外観をしている。
一見怪獣のようだが、尾を除いて11cm程度の体長なので、
恐ろしいというよりも可愛いと言うべきだ。
全身が円錐形のトゲ(thorn)で覆われている。
体色のまだら模様は砂漠に生息する際の保護色になっている。
主にアリを食べ、成長した個体は一日に数千匹も食べるという。
生息地はオーストラリアの中部から西部にかけての砂漠である。
背部の鱗の溝はつながって口に続いているため、
体についた霧などの水滴が毛細管現象で口に集まるようになっている。
砂漠での素晴らしい適応の一例と言える。
          モロクトカゲ
[061228]トカゲ目アガマ科モロクトカゲ。学名(Moloch horridus)。英名Thorny devil (Thorny lizard)。シドニーにて撮影。
本ブログの「画像による総合目次」がSRS研究所のHPにあります→「総合画像目次」
SRS研究所のHPは「ここをクリック」
ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/354-b5972193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)