アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサギマダラの07年の初標識の地は奄美大島

アサギマダラは渡りをする蝶である。
翅に標識をして、それを遠隔で再捕獲することで、移動を調べている。
07年のアサギマダラとの初めての出会いは3月25日で、
奄美大島の笠利町であった。
写真が標識したアサギマダラの第一号である(SRS-1)。
翅に破損のない未交尾の雌で、羽化して間がないと思われる。
吸蜜植物はシロノセンダングサであった。
この日は、笠利町で、5頭のアサギマダラに出会って標識することができた。
昨年の標識総数は19417頭だった。詳細は以下を参照:
<2006年、「渡りをする蝶」アサギマダラの旅の記録>
http://www.srs21.com/3d_insect/watarichou/2006_data.htm
今年の結果は、温暖化も含めた自然界の動向が複雑に影響を与えて決まることになる。
アサギマダラSRS-1
[070325]奄美大島。鹿児島県奄美市笠利町宇宿。
マダラチョウ科アサギマダラ。
本ブログの「画像による総合目次」がSRS研究所のHPにあります→「総合画像目次」 
SRS研究所のHPは「ここをクリック」
ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/503-7e79eff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。