アサギマダラと自然のよろこび+仏像の写真・画像 【SRS研究所】

アサギマダラは渡りをする蝶、旅をする蝶。その生態と移動調査(マーキング)と国内外の四季の自然を画像で紹介。地球はよろこびの惑星。有限の惑星の無限の美しさと素晴らしさに共鳴・共感しませんか。植物図鑑、昆虫図鑑、動物図鑑も兼用。仏像写真の特殊処理画像も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒木中里遊歩道から西の海原と岩礁の入り江を見る(喜界島)

前項と前々項では、喜界島にある荒木海岸国定公園の海を眺める場所を紹介した。
下の写真はその場所から大海原を眺めた景観を示す。
ごつごつした岩が不規則な入り江を構成している。
このあたりには6月から8月の大潮の夜に、
天然記念物のオカヤドカリが大集合する場所がある
(喜界島には同様の場所が15箇所も知られているという)。
私たちの知らないうちに自然はさまざまなエピソードを育んでいる。
海の向こうには25km先に奄美大島があり、
大気が極めて澄んでいるときには遠望することができる
(個人的には、一度だけ、笠利町の海岸風景がよく見えて感激したことがある)。
荒木から西を見る
[070328]鹿児島県大島郡喜界町荒木中里遊歩道。
本ブログの「画像による総合目次」がSRS研究所のHPにあります→「総合画像目次」 
SRS研究所のHPは「ここをクリック」
ランキングのために次を一押ししてください(一日一押し):→ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srs21.blog59.fc2.com/tb.php/511-9b1f8007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。